最高検に監察担当部、内部の不正?違法行為調査

August 13 [Sat], 2011, 12:15
監察部は、こうしたRMT内部からの不正情報を基に調査を行うほか、外部からの通報や苦情にも対応する 冤罪(えんざい)を防ぐため、捜査?公判上の問題点もチェックする 郵便不正を巡る証拠改ざん事件では、大阪地検特捜部元主任検事?前田恒彦元被告(43)(実刑確定)から、同僚検事が改ざんの事実を告げらナイトオンライン rmtれながら放置していたことが問題となった警察や国税当局には独立した監察部門があるが、検察にはなかった法務?検察幹部によると、監察担当部は最高検にtera rmt設置し、検事5人前後と事務官ら計十数人を配置する最高検は今後、部の名称を決め、このほかの改革案と合わせて7月上旬アトランティカ rmtに公表する方針(2011年6月16日11時11分??デイリー新聞)大阪地検特捜部の不祥事の再発防止策の一環として、最高検は、検察内部の違法?不正行為を専門に調査する監察担当部を7月に新設する方針を決めアラド rmt
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ofiunnh/index1_0.rdf