中国は伝えマイクロソフトノキアのディール内に第2プローブを発表

December 28 [Sat], 2013, 15:15

Office Famille et Petite Entreprise 2010


 


 




今年の初めにMicrosoftは、株主と規制当局の承認を保留し、 71.7億ドルのためにノキアのデバイスとサービス部門を買収することを発表しました。ノキアの株主はこの取引のサポートに圧倒的に投票して、 EUのような主要な規制機関委員会と米司法省はすべて、同様に彼らの祝福を与えた。


 


しかし、中国商務部は、契約にプローブを立ち上げ、それが当局がまだ行われていないようである。噂によると、この契約に別のプローブは、打ち上げ国の現地メーカー表明懸念に支えられてきたと言われています。


 


このプローブの重点は、独占禁止法上にあると言われています。地元ベンダーが伝えられるノキアが変わる場合は、 「パテントトロール」の事は彼らのために非常に困難得ることができることを懸念している。しかし、それはNokiaがその特許を握っていることに留意すべきである、それはレドモンドにそのハードウェア部門を売却したにもかかわらず、マイクロソフトへのライセンスを取得します。


 


だから、 MicrosoftとNokiaが伝えられる第二のプローブを開始した懸念であると思われる組み合わせの特許ポートフォリオを持っていることを意味するものではありません。どんな結果多分、その、それは完全にマイクロソフト、ノキアの契約を不自由になる好きではありませんが、中国では両社にとって事項を複雑にしてしまう可能性があります。これは、Windows Phoneは中国のスマートフォン市場で多く普及率は、市場シェアが5 %未満であることを持っていないことに留意すべきである。


 


http://www.officelogiciel.com/acheter-office-2010-c-1.html

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/officeonsale10/index1_0.rdf