Windows Phoneデバイスの市場

November 06 [Tue], 2012, 17:11


マイクロソフトのバルマーCEO、Windows Phoneデバイスの急成長を予想

 米国Microsoftの最高経営責任者(CEO)、スティーブ・バルマー(Steve Ballmer)氏は11月5日、Windows Phoneデバイスが世界スマートフォン市場で急成長するとの見通しを示した。

 「まだ比較的小さな存在だが、Windows Phoneの販売が急速に伸びると予想している」との談話をReutersが報じた。イスラエルのテルアビブで行われたWindows 8のリリース・イベントでのことだ。


 「Nokia、HTC、Samsungといった企業との協業のおかげで、スマートフォン市場に強力な第3勢力を生み出すチャンスが到来している」とバルマー氏は語ったという。

 一方のアナリストは、「バルマー氏が強気なのは予想どおり」と話している。

 米国IDCのアナリスト、レーモン・ラマス(Ramon Llamas)氏はWindows Phoneについて、より慎重な見方を示す。

 「Windows Phone 8(WP8)は優れたプラットフォームであり、うまく差別化されており、デザインもよく、楽しく使える」と同氏。「だが、WP8のメッセージングがどのくらいうまく機能するか、その機能レベルがエンドユーザー、特にAndroidやiOSを使っている人に乗り換えを促すほどのものかどうかについては、まだ評価を保留している」

 IDCは10月に発表した世界スマートフォン市場の動向予測で、Windows Phoneデバイスの市場シェアが2012年の3%から、2016年には14.2%に上昇するとの見通しを示した。2016年にはAndroidデバイスが58.6%のシェアで首位を占め、iPhoneが21.2%でこれに続き、Windows Phoneデバイスは3位につけると予想されている。

 米国Gartnerも最近、Windows Phoneデバイスの世界スマートフォン市場シェアが2012年の2.5%から2016年には13%に拡大するとの見通しを発表した。同社も2016年の Windows Phoneデバイスのシェアは3位になると予想している。

 またIDCは、Windows Phoneデバイスが2013年には6.6%のシェアで3位になると予想している。BlackBerryのシェアが4.7%に下降することが一因だという。

 ラマス氏は、市場で3位を占めることは重要な意味を持つと指摘し、その理由の1つとして、キャリアがWindows Phone 8デバイスを積極的に扱うようになることを挙げた。

 さらに、Windows Phone 8がタブレットなど他のWindows 8デバイスのエコシステムに適合することを顧客に納得させることができれば、Microsoftはその見返りを受けられるだろう、と同氏は付け加えた。




割引 マイクロソフト オフィス 日本語版特価!


mStore.jp: 割引 Microsoft Outlook 日本語版特価!

mStore.jp: 割引 Microsoft Access 日本語版特価!

mStore.jp: 割引 Microsoft Project 日本語版特価!

mStore.jp: 割引 Microsoft Visio 日本語版特価!

mStore.jp: 割引 Microsoft Publisher 日本語版特価!

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/office-2010/index1_0.rdf