給料の安い病院の薬剤師

November 05 [Wed], 2014, 11:48
病院は薬剤師に人気の就職先です。
しかし、給料は、調剤薬局やドラッグストアに比べ、低くなっています。

病院の薬剤師の初任給は、国公立で20〜22万円、私立系は22万〜24万あたりです。
薬局は平均24万〜26万円くらいとなっているので、それと比べても、少し低めということになります。

国公立の病院の場合、手取りは20万切ってしまうという事態にもなりますが、
国公立の病院の薬剤師は、公務員の給与形態と同じになるので、
勤続年数を重ねていくと、着実に給料はアップし、
最終的には高い給料となります。
民間より年収で200万程度高く、退職金も1千万の差があるとか。

⇒ 薬剤師が年収を上げる方法


国公立病院では、医療の最前線で働けるので、自分のスキルを磨くこともできます。
しかし、公務員試験に合格する必要があり、また、希望者も多くいるため、簡単に就ける職業ではありません。

一方、民間の病院の場合、薬剤師の給料は500万程度で頭打ちのようです。
薬剤部長などのポストにつければ、もう少しアップする可能性もあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:組長山山
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/offer466/index1_0.rdf