【 更新情報 】

スポンサードリンク

ミニノートも時代とともに変わったね

ミニノートパソコンも出たときは小さいと思っていましたけど
いまは、ネットブックというものが出てきて
さらに小さく軽量になりました

多くのユーザがインターネットに繋いで
メールとブラウジングが主な利用目的であったり

Webカメラを使ってインターネット上でTV電話をしてみたり

ますます用途が広がっていく感時ですね。

iPhoneも素晴らしいですが、やはりちょっと画面が小さいのが難点と思ってたら

出ましたねiPad、アメリカではすでに発売していますが、日本は4月末と予想していたのが
5月に延期となりました

何でも現在の米の受注分に生産が追いつかないらしいですね

安値世界一への挑戦コジマのミニノートパソコンのランキング

安値世界一への挑戦をモットーにしているコジマのミニノートパソコンのラインナップはかなりあります。インターネットで見てみても40種類ものミニノートパソコンがありました。

ミニノートパソコンといえば、10万円前後で購入できることから人気もあるのですが、ビジネスというよりもメールやインターネットを楽しむ専用みたいなものですから、普通のノートパソコンと同じだと考えているとミニノートパソコンにがっかりしてしまいます。

コジマのミニノートパソコンでも、一番高い価格が99,800円で逆に一番安いのが44,700円とちょっと奮発すれば購入できるくらいの価格で販売されています。コジマといえば、他の電化製品もかなり安く売られているのですが、ミニノートパソコンに関しては、他の家電販売メーカーにも負けないくらいの価格が設定されています。
コジマのホームページの通販サイトで購入することもできますが、保険証がつかないものも中にはるので、よく確認してから購入するようにしましょうね。

ちなみに、通販で買っても10%ポイント還元してくれるそうなので、お得ですよ。

>ミニノートパソコン





ミニノートパソコンの価格

ミニノートパソコンの需要が多くなってきたことで、大手メーカーもミニノートパソコンの製造に参入してきたりしていて、ミニノートパソコンの勢いは衰えることを知りません。

価格も低価格で購入できるミニノートパソコンですが、それぞれにメリットやデメリットもありますから、よく知った上で購入することをおススメします。

ミニノートパソコンの価格は10万円前後となっており、液晶パネルの大きさも10型前後となっています。ミニノートパソコンは持ち運びに便利で、OSにwindowsなども採用されているので、使う分には何の問題もないと思いますが、普通のノートパソコンと呼ばれているものを同じだと思わないほうがいいでしょう。

ミニノートパソコンはインターネットやメールを楽しむために作られたパソコンだといってもいいくらいで、パソコンで画像を処理したり高度なゲームをするにはあまり向いていないと言いますから、セカンドパソコンとして、インターネットを思う存分利用する目的で購入したり、メール専用にするなどしてミニノートパソコンを利用したほうがいいんじゃないかなと思います。

>ミニノートパソコン



ミニノートパソコンのスペック比較

ミニノートパソコンスペックや価格、サイズといったものが似ていることで、どの機種も同じように感じてしまいがちですが、実は、それぞれに特徴があっていいところも悪いところもあります。それをよく理解したうえで、どのミニノートパソコンにするのが一番いいのか決めたほうが後悔せずに済むと思いますよ。

例えば、大手メーカーでもある富士通から登場しているミニノートパソコン、「FMV-BIBLO LOOX U/B50」というモデルは、店頭で売られているミニノートパソコンとweb直販モデルとではHDD容量などのスペックが多少違っているんだそうです。

その他のメーカーも、スペックには工夫をこらしているものが多いので、その特徴をよく理解するようにしましょう。そうすれば、何がよくて何がいけないのかわかりますし、自分の用途に適したミニノートパソコンが見つかると思います。

セカンド用としてミニノートパソコンを使う方が増えている中で、ミニノートパソコンも日々進化を遂げています。
価格も10万円前後で購入できるものがほとんどですし、安いものなら5万円以下で買うこともできますから、ぜひ一台いかがですか。

>ミニノートパソコン



激安の100円ミニノートパソコン

最近本当にパソコンが安くなりましたよね。昔は小型のパソコン程高値だったと思うのですが、今では軽くて小さい、持ち運びに便利なミニノートパソコンがかなりお安くなってますよね。10万円を切るのはもはや当たり前。もちろん中国製などではなく、国内有名メーカーのパソコンです。

大手企業同士の価格競争の為か、この間家電量販店に行った時も5万円や4万円台のミニノートパソコンがずらーっと並んでいました。その中でも一際目を引く金額が・・・。
なんと100円100円ですよ!?

100円のミニノートパソコンって!?っと思い、じーっくり商品説明を読んでみると、ミニノートパソコン購入時に、イー・モバイルのデータ通信サービスを2年間使うという契約をすると100円になるのだとか。

なんだか携帯電話の買い方ににている様な・・・。ちなみにイー・モバイルと契約をしない場合は、4万円台でミニノートパソコン本体のみを購入という事になるようです。
店員さんの話では、イー・モバイルは他のデータ通信サービスの会社よりも月額基本料金がお安いらしいです。
って事はやっぱりお得ですよね。

>ミニノートパソコン





工人舎のミニノートパソコン

現在ではミニノートパソコンの知名度、市場は確立され、当たり前のように量販店などでミニノートパソコンが売られるようになりました。街中でも、ミニノートパソコンを持っている人を多数見かけますよね。

このミニノートパソコンの先駆者が工人舎です。工人舎は横浜市にある従業員数わずか40人。2006年にミニノートパソコンを、当時信じられないような低価格で発売した時は無名の会社でした。それにも関わらずこのコンパクトで低価格という斬新な発想が世の中に受け入れられ、大手企業をも巻き込む大ブームの火付け役となった工人舎。

その勢いは留まる事を知りません。現在でも次々に新しいミニノートパソコンを発表し、市場でも上位の売り上げを誇っています。工人舎ではタッチパネルやワンセグ、DVDドライブなどを搭載し、ライバル会社との違いを出した商品展開をしています。そのため、工人舎のファンが増え、口コミで広がっているというのも強みですね。
消費者としては、低価格というのがうれしい所。もし工人舎が先駆けてミニノートパソコンの低価格化に踏み切らなければ、現在もコンパクトなパソコン程高いという昔の常識が通用した世の中だったかもしれません。

>ミニノートパソコン





ブログランキング
My Yahoo!に追加 Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
yaplog!広告