妻の浮気も増えています

May 18 [Wed], 2016, 17:55
例え、配偶者が浮気している場合でも今後も、パートナーでありつづけたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはするべきではありません。浮気していることが明らかになってしまったら相手が逆ギレしてしまって、夫婦関係が修復不可能になることがあるでしょう。その上、浮気相手との会話によって精神的に追い詰められてしまうかもしれません。浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴む事が出来ても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。特にお子さんがいらっしゃる場合、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。請求することの出来る養育費も少額な事が多いですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。同様に、父親が一人で育てる場合もシゴトと両立しながらうまくやっていくのは難しいでしょう。だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかと言うと、多くの場合は3〜4日間です。確認しておきますが、これはあくまでも平均がそれぐらいだと言う話です。浮気の証拠をナカナカ残さないタイプのパートナーだと、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあります。一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が調査の前に分かっていれば、1日で十分な証拠が集まることもあります。レシートやクレジットカードを確認すると浮気の証拠をおさえる事もできる可能性があります。最初に、普段たち寄らないようなコンビニのレシートをしばしば視界に入ることが多くなったら、いつもその近くに行っている事になります。その場所で監視していると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。法律上では、既婚者が配偶者ではない人と性的関係になることを不倫とよびます。と言うことは、法律の中では、肉体関係を持っていない場合には、ご飯をしたりカラオケに行く程度なら、浮気とはいえないと言うことになります。性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えて頂戴。当たり前のことですが、調査員が1人の場合は安く、多いほど高くなります。また、尾行のために車やバイクで移動すると、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、要確認です。自ら動くより、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほウガイいでしょう。探偵にお願いすると、ほしい浮気の証拠がつかめます。素人が調査をしてみても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。でも、パートナーに詰め寄っても浮気の事実はないと逃げられたら、有利な条件での離婚はできないでしょう。そのためには、絶対確実な証拠が必要です。自分の配偶者を調査してもらっ立ところ浮気が明らかになった時、結婚生活をつづけていいのかどうか選択に困りますよね。まずは落ち着いて、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。興信所と探偵事務所のちがう所をきかれた場合、格別ちがうところが無いと言ってもいいかもしれません。共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、シゴト内容は類似しています。とはいっても、ちがいをあげるとしたら、企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)や団体からの依頼の多くは興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。立とえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかめます。浮気相手への連絡手段として携帯を使われるのが当然だからです。最近はメール、LINEで連絡をことも多くなっ立とはいえ、やはり浮気相手の声を聴きたくなる時もあるでしょう。ふとした時に電話している可能性は否定できないのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルヒ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/of8dg0h00barrd/index1_0.rdf