竹沢がモリシ

July 01 [Fri], 2016, 14:24
ハードさで知られる看護師の仕事です。そのため、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、生活が不規則になってしまい、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないと疲労はたまる一方であり、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、つくづく、身体に負担がかかっていることを感じる事になってしまうでしょう。

看護士の求人は多くありますが、希望と一致する条件の求人があるとは言い切れません。看護師の資格がある方の中で就職が出来ればいいという考えの方は少ないでしょう。
できるだけ給料が高めで職場の環境が良く、夜勤がないというところで働きたいと思っている方も多いと思います。希望に合ったところに転職するには、情報収集が最も大切になります。

勤務や休みをある程度自由にすることができ、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを選べたりもする、等々があえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。


その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、長期の仕事もむろんあります。

なにしろ、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。



なので、看護師の仕事を探しているのであれば望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて仕事を探すと、選択肢がとても増えます。


看護師として働きながら金銭的な余裕があればと考えた場合に行う他の仕事にサイドジョブがあります。

仕事が休みの日を利用して副業で収入を得る看護師は毎年増えてきています。Wワークの長所は、何もすることがない時間を効率的に使うことが出来て、別の仕事をすることで憂さ晴らしにもなる事です。正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。
正社員の場合は月給制で、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。その時給ですが日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが相場のようです。これを単純にパートの時給とみると高い時給だと一見思えるかもしれませんが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、金額的に少々不満です。皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、医療の仕事を行う人々というのはより多く輩出されなければならなくなるでしょう。

したがって、現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、今後もそれが継続すると考えられています。



毎年国家試験に合格して晴れて看護師となる人がたくさんいて、いまだに看護師不足が叫ばれているのは労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも一つの理由といえるでしょう。日本全国の看護師の年収は平均してみると437万円ほどです。


しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として従事しているため、年収はおおよそ593万円になります。


公務員看護師は給料の上がる率も民間病院と比べてみると高く、福利厚生も備わっています。準看護師の場合をみてみると、看護師よりも年収が平均約70万円低いです。看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。ナースの手が足りない職場はたくさんありますが、雇用の条件に恵まれたところを見落とさないように、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、就職情報が活気付いてくるまで経過を見守るのが望ましいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑛斗
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/of5dreetenvmny/index1_0.rdf