笠松と山添

December 14 [Wed], 2016, 12:16
ニキビができる原因はアクネ菌なので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を何人かで共有していたり、肌が直に触ってそのままにして洗わなかったりすると、他の人のニキビが自分にうつってしまうことがあります。また、手で自分のニキビを触った後で、他の場所を触ると、そこにもニキビができる可能性があります。


ニキビは何度も繰り返しできやすい肌トラブルとなります。
改善したからといって暴飲暴食や不摂生な生活をしていると、すぐに繰り返しできてしまいます。ニキビの再発を予防するには、お肌を清潔に保つようにし、不摂生な食事や暴飲暴食をせず、睡眠をしっかりと取る事が大事だと思います。ニキビというのは潰してしまっても良いのでしょうか。



実を言うと、ニキビは潰して良いものと潰してはいけない状態のニキビとがあるのです。

潰してしまっても良い状態のニキビとは、肌の炎症が落ち着いてきて、中に溜まった膿が白く盛り上がっているものです。そのような状態になったニキビは、膿が外に出ようと芯が出来始めている時ですから、専用の器具や針といったものを使えば、潰すのもいいでしょう。

ニキビと食事内容は密接につながっています。

食生活に気をつければニキビが減ることにもつながります。野菜中心のメニューで食事を採り、ビタミンやミネラルをじゅうぶん取るように心がけましょう野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘を解消する側面もあり、ニキビの改善につながります。常に洗顔などで清潔に保っていても、いつのまにかニキビができたということは誰しも感じることがあるに違いありません。ニキビの予防としては、清潔にするため洗顔などに気を配るのは当たり前のことですが、バランスよい食事や十分な睡眠といった体調の管理も重要になってきます。顔ニキビの防止をしたり、できたニキビをなるべく早く改善するには、バランスの良い食事をすることが大事です。
中でもとくに野菜をできるだけ意識して摂取することは極めて重要なことだと思います。
野菜にはビタミンやミネラルなどがたっぷりと含まれているから、それらを頭に入れて摂取していくのが一番理想です。


ニキビが出来やすいと苦悩されている方にはまず体質改善を図る事をお勧めします。吹き出物の原因としては甘い物や脂肪分の多い食べ物を口に入れることが挙げられます。



それらを一切体内に取り入れないというのは辛いですが、野菜や発酵食品などを豊富に摂取する事によって消化能力が向上し、体質改革にも繋がります。

ニキビを潰してしまうと、膿が中から出てきます。
もっと潰すと今度は芯が出ます。


それがニキビの原因となるものなのですが、潰して中から芯を出すことはあまりオススメしません。


無理矢理に潰すことになるのですから、また一段と炎症は広がることとなります。
ニキビ跡が残ってしまうことも多くあるので薬をつけて気長に治していきましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rika
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる