西森とロドリゲス

January 12 [Tue], 2016, 1:21
インターネットサーフィンで捜したり、自分がいろいろ飲んでみてわかったのですが、不眠症に困っている人に精神的にリラックスして、毎日ぐっすり眠れるようになる天然成分主体の健康快眠サプリメントもあるらしいです。
その辺のドラッグストアで売っているものでも、もっと調べていくつか試してみたいと思います。



最近、新型認知症が話題になっている。これは一般的な認知症とは異なり、うつ病からスタートするもので、悪化していくと本当に認知症になってしまう場合もある。

原因としては前頭葉の血流が悪くなることにあり、結果的に出る症状としては便秘や肩こり、食欲不振や不眠症にまで進行するパターンもある。ストレスがスタートとなる場合が多く、これを解消するのが近道となる。

一般的な人の睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠を約90分を1周期として、ひと晩に何回か繰り返しています。

レム睡眠で体力を回復し、ノンレム睡眠で脳の疲れを回復します。ノンレム睡眠が足りないケースでは、立とえ長時間眠ってもねぶそく感が残ってしまう場合があります。



一度慢性的な不眠症になると、眠らなきゃと思って更に強い不眠が現れる場合があります。そうなると、悪循環に陥り中々慢性的な不眠症を改善できなくなります。できることなら何事も気楽に構え、「いずれ治るでしょう」慢性的な不眠症で苦しんでいるうち殆どの人は、実際よりも自分の睡眠時間を短く感じています。

実際に検査すると、入眠までの時間を、実際よりも長く見積もっているケースが多いようです。これを睡眠状態誤認と言います。



これは意図的なものではなく、時間認知機能の低下が関連している場合があります。



不眠症になってしまう人の中にも、個人差はありますが、ほうっておくだけで自力で復帰する人とそうでない人がいると思います。

中々改善できない人は、ご飯療法や市販のサプリメント摂取が有効です。例えば、精神を沈静化するバレリアン、疲れを回復するビタミンBなどが効果的です。不眠症に悩む人のほとんどは、春先の花粉症で眠りが浅くなったり、真夏の夏バテで疲れすぎたり交感神経が調子悪くなったのが原因だったりします。


だけれども、冬場に眠れないというタイプの不眠に悩む人もいるのです。その所以としては、昼の時間が短くなったせいで太陽の光を浴びれずにホルモンの分泌が少なくなったり、空気が乾燥して眠っている途中に喉や肌が荒れてしまうことが原因だったりする不眠症もあるのだそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エイタ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oetr7hicsl1g70/index1_0.rdf