すずこがローザ

November 25 [Fri], 2016, 1:19

心理学的な観点では、ヒトは知り合ってから2度目、または3度目にその人間とのつながり方が明確になるという論理が含有されています。わずか3つの接点で相手方とは友だち止まりなのか恋愛の間柄になるのかが定かになるのです。

「好き」の特徴を恋愛心理学上は、「恋愛と好意の気持ち」とに分類して観察しています。簡単にいえば、恋愛はカレシに対しての、温かい気持ちは同僚に対する時のフィーリングです。

長い間彼女にときめいていないと恋愛は無理!という見方は誤りで、それより時間をかけておのれの感性を静観していることをご提案します。

異性の知り合いに恋愛相談を求めたら、知らない間にその知り合い同士が付き合ってしまう、という事象は住む場所に関わらず星の数ほど出現している。

プロポーションが好みだっただけというのは、きちんとした恋愛とは言えません。また、500万円以上するような車を買ったりブランドバッグを買うように、「どうだ!」と言わんばかりに彼女/彼氏を人に会わせるのも正しい恋とは言い難いものです。



いかに悟られずにできるかどうかが成功のカギです。恋愛テクニックを実行するだけに限らず、気負いないように見せられる「本物の女優」の演技を続けることが恋愛開花への早道です。

まっすぐ帰るなんてことはせず、たいていのところに参戦しているにも関わらず、今までもずっと出会いがない、と諦めモードな人のほとんどは、依怙が激しすぎて見過ごしているだけとも考えられます。

身分を証明できるものは当たり前、未成年不可、男の人は定職についていることが前提など、審査が丁寧な婚活サイトは、真剣な出会いを渇望している方達のみが審査されて会員になります。

勿論真剣な出会いを求める人が集まる婚活サイトにおいては、本人確認は絶対条件です。登録する前に本人確認を求められない、もしくは審査基準があってないようなウェブサイトは、出会い系サイトとみなされます。

「これ以上ないくらい好き」という状況で恋愛に発展させたいのが乙女の特徴ですが、さっさと恋人関係になるのではなく、何よりその方と“しっかり繋がること”が重要です。



出会いの場所があれば、間違いなく愛が生まれるなんていうのはお子様の発想です。むしろ、恋に落ちたなら、どのような空間も、二人の出会いの空間へと昇華します。

「出会いがない」などと嘆じている世の中の人々は、実は出会いがないのでは決してなく、出会いから逃げているという一面があるのは間違いないでしょう。

世間的に有名な無料の出会い系サイトは概ね、そのサイト自体に他社の広告を載せ、それを収入源として操業しているため、すべてのユーザーが無料になるのです。

心安い関係の異性から恋愛相談を持ってこられたらスマートに受け答えしないと、株があがるなどとは逆に嫌われてしまうシチュエーションも存在するようなので念頭においてください。

女性向けのライフスタイル雑誌では、年がら年中溢れんばかりの恋愛の作戦が発表されていますが、ずばりほぼ事実上は役立たないこともあり得ます。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイナ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる