嶋とパックン

November 18 [Sat], 2017, 14:45
債務整理をした場合でも生命保険をやめなくて良いことがあるでしょう。


任意整理をし立としても生命保険をやめる必要はありません。


注意しなくてはならないのは自己破産をする場合です。



自己破産をする際には裁判所から生命保険を解約するように命じられることがあります。

私は複数の消費者金融から融資をうけていたのですが、返済する事ができなくなり、債務整理することになったのです。

債務整理にも多様なやり方があって、私がやってみたのは自己破産でした。
自己破産すると借金が清算され、負担から開放されました。
借金が返せないほど増えた場合に、お金が返せない人は、弁護士を通してお金を貸している人と話し合って、返済金額の調整をします。これが任意整理ですが、任意整理を行う際に、銀行口座が凍結される怖れがあります。


銀行にお金を預けている場合は債権者に、返済金額の一部として取られてしまうので、そうなる前に引き出しておきましょう。
話し合いで返済の目処をつけることができる任意整理すると連帯保証人に迷惑がかかってしまうという話をご存知ですか。

自分自身で支払う必要がないという事は本人の変りに連帯保証人が支払うという事になっていきます。だから、それをきっちり頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)に入れて任意整理をしていくべきだという気がしますね。

お金なんて返さなかったらって友達にアドバイスされたけれど、それはできないと判断して債務整理する事を決めました。債務を整理すれば借入金額は減りますし、頑張れば返済していけるという結論に至ったからです。


お蔭で日々生活していくのが苦ではなくなりました。自己破産をしなければいけない場合、身の回りのものや日常生活を再建するための少しの費用の他は、すべて譲り渡すことになります。自宅や土地などの所有物の他、ローン返済中の車も譲り渡さなくてはなりません。


しかし、他人が支払いをおこない続ける事に、債権者がいいと言えばローンを返済し続けながら所持することも可能になります。



任意整理とは、債権者と債務者との話合いのなかで、金利の引き下げや元金だけの返済で可能なように嘆願するという公共機関の裁判所を使わずに借金額を減らす方法です。

大部分の場合、弁護士とか司法書士が債務者に代わって相談し、月ごとに支払う金額を減らすことで、借金を全て払える道筋がついてきます。
再和解といわれるものが債務整理には存在するのです。


再和解というのは、任意整理を行った後に、再度にわたり交渉して和解することなのです。



これは可能な場合と出来ない場合があるため、可能か不可能かは弁護士に相談の後に決めてちょうだい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Keita
読者になる
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる