ブッチと堀口

December 29 [Tue], 2015, 9:40
転職する理由は、書類選考、また、面接において最も重要です。相手を味方につける理由がないと評価が下がります。ですが、転職したい理由を聞かれてもどう答えたらいいかわからない人も多いかもしれません。多くの人が、履歴書を記入する時や面接を受ける時などに、悩まされるのが、この転職理由になります。
どのような転職する理由がふさわしいかというと、まず、本気で転職したくなった理由を振り返ってください。そのままストレートに言うわけではないので、思いつくままにノートに書きましょう。そして、それをネガティブな印象を与えないように表現方法を工夫してください。転職することに至った経緯が長くなると潔くないので、長くなりすぎないようにしましょう。
労働時間の長さが原因で辞めた時は「生産性の高い仕事が希望」、やりがいのない仕事と思っている場合は「新しい仕事にチャレンジすることで、自分を成長させたい」と記載すると良いと思います。たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、プラスのイメージになります。履歴書を書くときに注意しなければならないのは、文字数が150から200文字が理想ということです。
転職活動は今の職を辞める前に行って、転職する先がはっきりしてから辞職するのが理想です。退職してからの方が時間の自由がききますし、間を置かずに働き始められますが、転職先がすぐに見つからないこともあります。職の無い期間が半年を超過してしまうと、就職する先が決まりづらくなりますから、退職後のことを考えないで今の仕事を辞めない方が良いでしょう。
人材紹介会社にお世話になってうまく転職できた人も多く見られます。自分だけで転職活動を行うのは、へこむことも多いものです。うまく行かない事が続くと、何がいけないのか、どう改善したら良いのか分からなくなることもあります。その点、人材紹介会社では、自分の状況に応じた応募先を教えてくれたり、頼りになるアドバイスをもらえるでしょう。
面接の場では、身だしなみには細心の注意を払ってください。清潔感漂う服装で面接にチャレンジするということが大事です。緊張することと思いますが、念を入れて練習しておき、面接本番に備えるようにしてください。面接で問われることはほとんど決まっていますから、前もって、答えを準備しておくことが大事です。
転職する際に求められる資格というのは、専門職でなければ、それほど多くないようですが、所有している資格が有利に働くということでは、やっぱり、国家資格が有利でしょう。また、建築や土木系では建築士のように「業務独占資格」と称される、該当の資格を有していないと実際に働くことができないといった仕事がかなりあるため、狙いやすくなっているかもしれません。
異業種に職を変えるのは困難であるという印象が強いですが、実際にはどうなのでしょうか?結果から述べますと、異業種に職を変えるのは簡単ではありません。経験者と未経験者が同時に面接に来た場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。ただ、確実に無理というわけではないので、努力をいとわなければ違う業種の会社に就職できることもあります。
転職を考えたときに有利になれる資格といわれれば、社会保険労務士や公認会計士が良いとされます。いままでの職歴を生かした転職活動をしていこうという方針を持つ人にもオススメしたい資格なのです。社会保険労務士の資格があると、総務や人事関連の仕事を得やすくなりますし、公認会計士の資格を持っていれば財務とか経理関係の職を得られやすくなります。
一般的に、転職する際、アドバンテージが高いとされている資格に中小企業診断士があります。中小企業診断士の資格があれば、経営に関するノウハウを持っていることが証明できるため、その会社にとって貴重な存在であると思ってもらうことができます。法律を熟知する行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職するとき、大いに助けとなるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蘭
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oer31ybvydreet/index1_0.rdf