千野とパールダニオ

May 24 [Tue], 2016, 2:45
ビタミンB群のひとつである葉酸は、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを避けるなどの、有益な効果が認められているためです。具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の場合は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良いと思います。
妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、妊娠に無くてはならない成分である鉄分は得てして不足しやすいという特徴があります。一般的な生活で摂取できる分では十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、サプリで補給するのが簡単でしょう。サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも見かけますから、こうしたものを利用することで、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。
葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。葉酸を過剰に摂取すると、発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、規定量を必ず確認しましょう。
妊娠を希望する方や計画している方が、重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。妊活をしている方ならば、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。ですから、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。
一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。居住地の公的な助成金制度も活用できますが、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る場合がほとんどです。その年で諦めろということでしょうか。むしろ40だからこそ、給付回数は減らすべきでないと思うんです。かくいう自分もアラフォーですし、色々なものに追い詰められているようで、落ち込むことが多くなりました。
多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。それは不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。ですが、それでかえって「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。一番理想的なのは、バランスのとれた食事による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。そうした時に葉酸サプリを活用すれば、摂取量も誰でも管理できるので、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから最適な方法だと言えますね。
みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは食事で摂る事です。具体的に、葉酸を多く含む食品は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。また、他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのが難しいということもあるでしょう。特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。そうした時にはサプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できます。
皆さんご存知のように、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。また、葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリを飲むときには、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が複数配合されたサプリを選びましょう。具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊活中の女性もサプリの利用を考えてみてくださいね。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性がやるものだという印象が強いかと思います。ですが、男性にも出来る妊活があるんです。それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は女性にあるとは限らず、男性に原因がある事もあります。特に注意すべきは精子の染色体異常です。受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。
不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。ときには友人や家族の励ましや、過度な緊張感が不妊治療に通ううちに重積してくることもあり、悪循環から抜け出せない人もいます。自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大事かもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:虎太郎
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oemspa5ebdnudl/index1_0.rdf