大上の里

November 16 [Thu], 2017, 13:19
腰などが痛むヘルニアとは…。,

人の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに大別されますが、この中耳付近に耳管を通って黴菌やウィルス等が吸着して痛みや腫れが起きたり、滲出液といわれる液がたまる病気を中耳炎と言っています。
中高年になれば多かれ少なかれ悩む人が出てくる不整脈の期外収縮は、健康体にも症状が見てとれることがあるので、それほど逼迫した病気ではないにしても、発作が何度も相次いで多発する時は危ない状態です。
「静かなる臓器」とも呼ばれる肝臓に食事やアルコールの摂りすぎで中性脂肪や食物由来コレステロールが蓄えられた状態の脂肪肝(しぼうかん)という病気は、糖尿病だけに限らず、沢山の疾病を起こすかもしれないのです。
いわゆるメタボとは判定されなかったとしても、内臓脂肪が付着する性質の芳しくない肥満になってしまう事によって、いろんな生活習慣病を起こす可能性が高くなります。
最近の手術室には、お手洗いや器械室、手術準備室を備え、オペ中に患者を撮影できるX線装置を設置しておくか、直ぐ側にX線用の専門部屋を準備するのが当然となっています。

子供の耳管の形状は、大人のより幅が広く長さがなく、尚且つほぼ水平であるため、細菌が潜り込みやすくなっています。乳幼児が急性中耳炎になりやすいのは、これが関連しているのです。
今どきの病院の手術室には、W.C.や器械室、手術準備室(operating preparation room)を設置し、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を置くか、隣にレントゲン撮影の専門部屋を準備するのが通例なのです。
少し前からオペ室には、トイレや器械室、手術準備室を設け、オペの執刀中に撮影できるX線装置を準備するか、もしくは側にその専門部屋を作るのが通例なのです。
脂漏性皮膚炎という病気は、皮脂分泌の異常により起こる発疹・発赤で、分泌が異常をきたす原因として、男性ホルモンと女性ホルモンの均衡の崩れやビタミンB群の枯渇等が推測されているのです。
「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなどの値を参照すれば分かりますが、このところ肝機能が充分ではない方々がだんだん増えつつあるということが判明しています。

BMIを求める式はどこの国も同じですが、数値の判断基準は国ごとに異なっていて、日本肥満学会においてはBMI値22が標準体重、25以上を肥満、BMI18.5未満だったら低体重と判定することになります。
30〜39才の間に更年期がやってきたとすれば、医学的には「早発閉経」という女性疾患に該当することになります。(我が国の場合、40才前の女性が閉経してしまう状態のことを「早発閉経」と定義付けています)。
スーパー・ビタミンEの名称で呼ばれるトコトリエノールの効果と働きとしては、酸化から守る機能が特に有名ではありますが、この他に肌をすべすべにする効果や、血清コレステロールの生成を抑えたりするということが言われています。
インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と称し、高温多湿の環境を好む白癬菌というカビが股部や陰嚢、臀部などの部位に感染してしまい、湿疹と合併した皮膚病のことであり、結局のところ水虫のことなのです。
腰などが痛むヘルニアとは、正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の隙間にある、緩衝材の働きを持っている椎間板(ついかんばん)という円形の繊維軟骨が、繊維輪を破って飛び出した症状のことを称しているのです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yu
読者になる
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる