幼稚園(年長)全員の水彩画教室 

November 18 [Sat], 2017, 16:44


幼稚園(年長)全員の水彩画教室






























立体感のある色彩構成  

November 15 [Wed], 2017, 11:19


立体感のある色彩構成 (中2)





















日本の色の平面構成  

November 15 [Wed], 2017, 11:10




日本の色の平面構成 (中3)
















白い世界をカラフルに! 

November 15 [Wed], 2017, 10:45


白い世界をカラフルに!


<芸術の秋>といわれるように
10月のアトリエにやって来る小さなお友達は、
絵を描くことをとても楽しみにしてように感じます。
「絵そのものが好き!描くのが大好き!」という
素朴な理由からですが、
そこには限りなく大きな意味合いを秘めていると思います。
自分自身から発するエネルギーが大きく、
それを外に表現・発信するということは、
生きるうえでもっとも大切な要素の一つです。

さりげない素朴な絵であっても、
そこには、
子供たちが自分自身でよく考え
いろんな思い出と共に描いていることが伺われます。

小さな動物や植物は
自分や兄弟・友達を現わし
、より大きな動物は
お父さん、お母さんを象徴します。
いろんな事柄を描いたとしても、
大半は家族の関係を表現しているのが
子供の絵なのです。

子供たちの心(作品)を
今の心の糧として残しておくことは、
将来の大きな最高の宝物になっていくことでしょう。

些細な事柄であっても
家族と共に体験することが
子供にとっては大きな財産になっています。
毎日時間に追われながら
あわただしくすぎていきますが、
子供との1対1の時間を大切にしていきたいものですね。





ふくろう  (小4)
ふくろうの絵が額縁の隅に差し込めるように
カッターで切り、
△のシールを切って貼りました。
絵を描くときが楽しいです。





おなべ  (小3)
すごく楽しかった。
紙に題名がかいてあります。 
完成した絵を額縁の紙に貼るところが楽しかった。




木についている虫    (小1)
いろんな虫がいるよ。
疲れたけど楽しい。
色をがんばって塗りました。絵が楽しかった。




ソーラン節  (小4)
猟師が漁をしているところを表現しました。
影をつけるところが楽しかった。
他の色と色が混ざらないようにがんばりました。

















スケルトンキャンパスに描こう! 

October 06 [Fri], 2017, 16:27


スケルトンキャンパスに描こう


透明で何もなかったスケルトンキャンパスが、
どれも素敵で楽しい絵に変身することができました。
とても丁寧に描いている子が多かったようです。

本来ならば3次元空間を映しとるための
スケルトンキャンパスですが、
「2次元の写真と3次元の立体の空間を映すのとどちらがいい?」
ときいてみると
全員が「写真を写したい!」ということで
2次元の写真を写し取ることとなりました。

写真を写し取るときもゆっくりとよく見て描くことができました。
スケルトンボードを2枚重ねて
より立体的に工夫した作品もありました。

自分から見ても他人から見ても
うまく描けているという成功体験を積み重ねていくことで、
より自信がついてきます。

リムーバーで消せることを知ると、
描いては消し、、、まるでツルツルの黒板のように
自分の思うものができるまで頑張って、
消しては描いている姿が印象的でした。

幼い子や自信のない子ほど
失敗したくない気持ちが強いのでしょう
「消せる!」という意識が安心感を生み出すようです。
失敗感の多い子や自信のない子ほど,
小さな成功体験を少しでも多く
積み重ねていけるようにしていきたいものです。





お花パーテイ   (小4)
透明ファイルに移したりするのが、
細かくて難しかったけど頑張りました。
額縁に〇シールを切って貼りました。
立てかけるものも作りました。





ままの誕生日プレゼント (小3)
フクロウの周りの丸はストローを押して描きました。
指も使って頑張って描きました。
額縁も小さな△をいっぱい並べて作りました。
裏側は小さな□をいっぱいならべた豪華な額縁です。
明日はママの誕生日、びっくりさせるぞ〜!





金の額縁とワシ  (小4)
額縁を金に塗りました。
金を塗れて楽しかった。





のんびり  (小2)
ネコが箱の中で
だら〜んとしているところを描きました。
ネコの目を光らせました。
透明ボードにネームペンでなぞるのが
楽しかったです。
ネコを塗るのが難しかったです。





秋と春の味覚   (小4)
春は桜にしました。(花より団子)
秋は木の葉にしました。(サツマイモやリンゴとか)
額縁の飾りなど全部反対になっています。
うまく色を塗れたと思います。
私は木の色と桜の模様を見てもらいたいです。
色を付けるところが楽しかったです。




カモの演奏 (小3)
「外にきれいな色と中にカモ」
というのが演奏みたいだと思ったから。
カモが真ん中にいるのが
指揮者みたいになってよかったです。
透明ボードにカモを描くのが楽しかった。
額縁の色から音楽が聞こえてきそう!

















幼稚園生のおえか木タイム 

October 06 [Fri], 2017, 11:33




幼稚園生のおえか木タイム






普段はいろんなことに関心があって、
あっちこっちと動き回り落ち着きのない幼稚園生ですが、
おえか木の時間は
「し〜ん」ととても静かにお話もせず
落ち着いて描くことができました。
その集中力はすごい!です。


















































中高生の作品 

September 15 [Fri], 2017, 18:35
中高生の作品



デザイン構成の習作 



芦原祭のポスター(中3)
描けば描くほど良くなるんだな〜と思いました。
(学校代表の10名に選ばれました。)













ひんやり冷たい海の中 

September 15 [Fri], 2017, 18:07


ひんやり冷たい海の中

スイスイ・・・
海の中を泳いだ気分にひたりながら皆、
気持ちよく描くことができました。

左向きの魚たちの絵からも
前向きな気持ちがよく伝わってきます。

今回は「大きく描こう!」ということも
おえか木のテーマの一つだったので、
みな大きな魚たちを自由に描くことができ、
とても迫力のある作品ができたように思います。

スイスイとても気持ちの良い絵でしたが、
4週目は学校が始まったせいか、
一転して不機嫌で悩みこんでしまったお友達も多くなりました。
やはり夏休みというのは、
子供たちにとって天国だったのでしょう。
どこか遠くの高級で楽しい所へ行かなかったとしても、
表情がとても穏やかで安定しているように感じます。

休み明けのストレスをかかえながら
9月度がはじまります。
人生、山あり谷あり・・
・いろんな波を乗り越えながら
大人になっていくのでしょう。
様々な心境を通過する子供たちにとって、
ありのまま全てを無条件に受け入れてくれる
自分の居場所がとても必要とされていると感じます。






おしゃれなカメさん  (小4)
カメの甲羅のいろを
パッチワークのように一つ一つ変えてみました。
夏休みの宿題としてMOA美術展に出してみます。





いろいろな海   (小4)
色を塗ることが楽しかったです。
ペンギン・ジンベイザメ・琉金・イカ・クマノミ・エイなど
いろんな魚を描きました。
きれいな水や紫色の水など
いろんな世界の海を描きました。




遊べる?とび目さいかな (小4)
イカと魚が描いてあります。
生物だから目が腐る。
イカの目から黒目が出るところがおもしろい。
ボンドで足を描きました。
あとからピタコラスイッチのようにしました。
自分の居場所があってよかった!




あざらし   (小3)
でかく描いた。
水(洗濯のり)をぶっかけるところが楽しかった。
薄いところは指でのばしました.





海の魚たち  (小2)
大変だったけど、
いろんな色を発見して描けました。
波と泡を頑張って作りました。




魚の海 (小1)
エイがかけっこしています。
エイのおびれがツルンとするように
透明セロファンを貼りました。
ゾンビも描いたぞ〜
感想は
「やば!」





海   (小4)
海だから。
(クロマグロとヤドカリを描きました。)









テッシュと色水で素敵なヨット(小4)


















うさぎの水彩画 

August 02 [Wed], 2017, 14:45



うさぎの水彩画



うさぎの水彩画   (中1)
灰色だけでなく
3原色を混ぜていろんな色で描きました。
やさしい目のところも頑張りました。









ラーメン粘土で創ろう 

August 02 [Wed], 2017, 13:32



ラーメン粘土で創ろう


今月はラーメンのような形の粘土で
いろんな発想が思いついたら楽しいかなあ〜
と思って企画しましたが、
多くのお友達は、
「ラーメン=おいしい食べ物=おかし」
という公式が脳裏の中で成立、確定してしまったようで・・
どれも素敵でおいしそうなものばかり・・・
そして本気で真剣に取り組む姿がとても印象的でした。

甘〜いお菓子は、
すべてのイライラやストレスを解きほぐしてくれる作用が
あるのでしょう。
今までゾンビや地獄シリーズばかりを作っていたおともだちも
フワフワ粘土でとてもかわいく素敵なお菓子を作っていました。

またなぜか「油のはいったお水」が
大人気で粘土型に塗るのが
楽しく面白く?のめりこんでいったお友達もいました。

幼児期においては
このように実際、自分の手で触って存在を確かめていく行為
というものがとても大切です。
世の中が便利になればなるほど、
人間の心は少しの事柄でイライラ切れやすくなっていきます。
デジタル化が進みボタン一つで
なんでも可能になっていく世の中か拡大すればするほど、
汗水流して実際に自分の手を汚しながら
にぎりしめたり、失敗したり、成功したりするという行為が
今後ますます重要になっていくことでしょう。





ケーキ屋さん  (小4)
色んなケーキを作りました。
おしやれな感じにしました。
ケーキを作るところが楽しかったです。






海の迷路   (小3)
ラーメン粘土で
イソギンチャクとサンゴを作ったのが、
面白かったです。
カニも遠くにいます。
海の迷路になってるよ!





いろんなもの  (小1)
たべもの、
こげの餅、
イチゴ、
団子、
まっちゃもちをがんばって作りました。
バナナの黄色の部分
(手でぎゅ〜とにぎったのが)楽しかった。
「ゆ」という文字はどこにあるでしょう?
ヒント:迷路の中のわさびで隠れています。





クマカップ・カップケーキ (小2)
どっちもとても楽しい。
説明はわからない。
工夫したところは形。
たのしかったところはわからない。





森の中の不思議なカフェ  (小4)
森の中のカフェに入ったら、
来るかと予想していたかのように料理があった。
そしてその料理を食べて
店を出て振り返ってみたらそのお店はなくなっていた。
弟が作ったラーメン粘土を
何とか料理にすることが楽しかったです。
ラーメン粘土をできるだけ使っていろんな食べ物を作りました。





スイーツ (小2)
アイスにノリをつけて
粒々をつけるのが楽しかった。
モンブランのクリームを手で作りました。




















プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oekaki-toppo
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート-小中学生のための水彩画教室
    ・ハンドメイド-立体造形
読者になる
準講師・アシスタント募集しています。
(要:幼稚園教諭免許、または学校教諭・美術免許)
たのしいですよ!
お気軽にご連絡くださいね。
お問い合わせはこちらから

最新コメント
http://yaplog.jp/oekaki-toppo/index1_0.rdf