ウミアイサだけど曽根

March 25 [Fri], 2016, 19:40
看護師の平均的な収入は、あれほどの激務にもかかわらず、それほど高額ではないのが実際のようです。

常によりよい収入を支給してくれる勤務先を希望して転職活動中の人がいます。月収が良い病院は、やはり人気であまり枠があかないため、看護師専門の転職サイトなどを使って、転職のために活動しているケースも少なくありません。医師の仕事と看護師の仕事の間の、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。

明らかな違いといえば、医師は患者さんの診察と治療、予防のためのアドバイス、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。その一方、看護師さんの行うことはといえば、医師の指導の下、診療面で医師の補助をしたり、医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなシンプルな仕事でもないため、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。
人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として転職を希望する場合があります。



大学病院など、高度な医療を行なうところで働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、意義のある職場変更と言えるでしょう。



学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、大体希望を叶えてくれることもありますが、人事担当者の考え次第で決定に至ることもあります。


病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、充分に考えられた配属であることが殆どです。
でももし、その配置に不満がやまないのなら新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。よく看護師として働くことは大変ハードだと認識され、労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。

具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、看護師として勤務することがキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。自分が求める細かい条件までも一つ一つ整理して、その後に、看護師の転職サイトを選び始めてください。そうすることによって、自ずとあなたが求めているような転職、就職先が紹介されるのかどうか、見えてくるようになるのです。看護師が転職するときに大切なのが面接なのです。



面談時に尋ねられがちな質問は以前の病院での業務内容について、これまでの職場を辞職した理由、この病院で働いたら、したいことは何か、自分の看護の価値観といったことです。特によくきかれる、こうした質問にスムーズに応答できるように事前にまとめておく必要があります。



知り合いの看護師が人間関係でずっと悩んでいたのですが、最終的に先月、退職してしまいました。このような状況のご時世、新たに看護師を迎えるにも看護師のなり手があまりいないそうで、病院側は対応を迫られているみたいです。退職されて困ってしまうなら、そのようになることを防ぐために、もう少し配慮すればいいのにと呆れました。

激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、元気になって退院していった患者さんが、わざわざ改めて、病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。

それから、患者さんの家族の人たちに何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、大変に感動したりします。



夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、やりがいを覚えなくなったら、きっと辞職しようと願い、悩んでしまうと思うのです。

ほんの少し前までは疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、昨今は少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。

看護職においては、患者の移動の際や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性看護師の活躍する場面は多々あります。年収については、女性の場合と一緒ですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、その分より職業的な高みを目指していけるということです。
職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。どこの医療機関でも、看護師は人手不足になりがちで、ですから、求人だってもちろん多いです。


せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場においてハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。短大では、看護師並びに、保健師、助産師を受験するための資格を得るためのカリキュラムがあるのです。大学の場合、高度な看護学を受講できますから、専門性のある看護師を目指す方にはいいと思います。

大学だと専門や短大に比べて、1年多いので、保健士の勉強も行えます。一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり収入の面で恵まれている印象を受けます。医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な面もありますが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均的に高水準を維持できることが分かっています。

景気に左右されないのも強みでしょう。

こうした安定性と給与の高さから見ると、魅力のある職業だと言えます。
病院へ行くと毎日、どんどん患者の方がくるので、看護師の方はいつも忙しそうにしています。手際よくされていたり、大きな声で名前を呼んだり、患者の方に説明したりと、この仕事は、しっかりしていなければできないすごく大変な職業だと思います。ただし、その分、非常にやりがいがある仕事だと感じました。

転職を考える看護師がいる場合にも、公共職業安定所や民間の求人情報誌などを利用して他の病院を探すのが普通だと思います。しかし、よく考えてみるとこれらのところで求人する病院は少数派です。ハローワークや求人情報誌などに看護師募集を頼っている病院は給与面などの条件、職場環境に問題があり、人を集めるのが困難な病院が多いのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:日菜
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oeivosdctholet/index1_0.rdf