杉沢と西浦

July 27 [Wed], 2016, 21:27
ボクは近頃、お家で両親って同居して暮らしていらっしゃる。
ブライダルもしていません。
外から見れば、世でいう「一人暮らし貴族」に該当するのかもしれません。
給与にあたっていえば、「好み、ツアー、外食、注文」など、自分自身のしたいことに自由にお金を使うことができます。
それにお家家計であるため、初め生活費もかけずに済んでいらっしゃる。
「食事・洗濯・掃除」なども、お家家計により、自分自身がすることがほとんどありません。
自分自身で稼いだ給与を自由に用い、暇を自分自身につきだけに使える、あんな恵みを通していらっしゃる。
人目からは「一人暮らしでいいね」などと一心に言われます。
必ずや結婚して住まいを持っている同クラスの人類を見ると、一体全体大変そうだ。
ただし、こういう今の名前に思う存分いると、もしもその情勢が変わったりしたらどうしてなるでしょうか。
それほど思うと、まったく不安になります。
一体全体自ら暮らせるだろうか。
暮らしが支障なく寛げるだろうか。
そうして、給与の保守は大丈夫か。
近頃、恵みを通している分、先その備え付けが回ってきそうで、今のうちにその処理を考えなければいけないなあとしていらっしゃる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Takumi
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oeisid9ortuujn/index1_0.rdf