空手キッドの大黒

May 24 [Tue], 2016, 5:07
アメリカGoogleは5毎月18日(フィールドチャンス)、年次クリエイター会議「Google I/O 2016」で、家庭用音響アシスタントパソコン「Google Home」を発表した。年内提示のタスクです。額面はいまだに発表されていない。

サンダー・ピチャイCEOが流れレクチャーで「こういう部門を構築したのはAmazonのクラブです」と認めたように、Google HomeはアメリカAmazon.comが2014カテゴリーにアメリカ合衆国で売り出しした音響アシスタント起動附属スピーカー「Amazon Echo」と競合するものだ。

 天面が斜めにスライスされた筒のような形のガジェットで、マイクとスピーカーを備え、BluetoothとWi-Fiで接続する。天面にはLED光があり、指摘を受信した拍子などに点滅やる。

 Androidパソコンの「Google Now」の起動と、「Chromecast」の起動を併せ持つ。また、Alphabet傘下のNestのIoT代物と連係やる家電の支配も可能だ。

 例えば、「大丈夫 Google」と呼び掛けて空模様予報を聞いたり、広間の光線を擦り込みたり、Uberで配車を手配したり、花を配送したりやれる。

ChromecastのようにAndroidあるいはiOSパソコンの音楽を転送してスピーカーで流せる。対応するTVにリンクすれば、Chromecast同様にサウンドも転送して大ディスプレイで視聴できる。どんどん、スピーカーは他の知人スピーカーとリンクして「仲間スピーカー」にできるので、家中のスピーカーでおんなじ音楽を流すこともこなせる。

Amazon Echoには無い強みは、AIと機械教育できたえられたGoogle参照の能力と、Googleの他の応対と連係やる店です。Google HomeはGoogleアカウントでログオンやる会員のスケジュールや電話を把握しているので、Google Nowと同様にコンテキストに沿った応答や助言を提供してくれる。デモンストレーションサウンドでは、フライトスケジュールを確認し、搭乗する飛行機の遅刻が分かったらその場でごちそうの誓約のチャンスを半遅らせるという操作を洗い浚い音響で命令するタイミングが紹介された。

 連係始めるサード集会として紹介されたのは、配車応対のUberや食堂予約応対のOpenTable、webラジオのTuneIn、切符予約のTicketmaster、メッセージングのWhatsAppなど。のちのち拡大していくとやる。

売り出し状況は「年内」としか発表されていない。特別ネットに印アップすれば続報をメールアドレスで頂ける。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rio
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oeihkmtigonsen/index1_0.rdf