多汗症の汗対策

August 22 [Mon], 2011, 14:14
腋窩多汗症とは、ワキの下に大量の汗をかく状態をいいます。

手のひらや足の裏にたくさんの汗をかく多汗症もあります。


腋窩多汗症の方の最大の悩みは、汗が衣類の表面にまで、にじんで出てくることです。

女性は特に、わきの下がぬれているのを他人に見られるのを気にします。


重症の腋窩多汗症の方は、実際あまり多くはありません。

「わきの下がぬれているのは、みっともない」

「衣類に汗ジミができるのは、想像しただけでイヤになる」


など、気持ちの問題で、恐怖心に近い思いから、必死で汗を隠そうとするのです。


緊張性の腋窩多汗症の人は、気にすれば気にするほど汗が出てくるので、悪循環になります。

人生の大事な場面では特に緊張して、汗をかいてしまうような状態ですから、
汗に対して神経が過敏になってしまうのも仕方がありません。


腋窩多汗症の対策としては、まず汗わきパッドの利用です。


ワキの下の汗に悩む方は、ワキの下から流れ出る汗を吸い取ってくれる汗わきパッドを手放せません。

汗の量が多い方で、1~2時間おきにトイレで取り替えているという人も結構おられます。




次に制汗剤ですが、制汗剤の使い過ぎでわきの下に色素沈着が起きたりしますし、
実際に制汗剤で多汗が止まることはありません。



手術は、よほど重症でない限り、リスクが大きいので避けた方がいいと思います。

もし考えておられるなら、充分に調べて納得してから望みましょう。


手術より簡単な、ボトックス注入法がかなり効果を認められています。


どの医療機関もだいたい10万円くらいで料金に大差はありません。

1回の注射で半年ほど効果が持続しますので、定期的に受けると多汗から解放されます。


精神的な緊張で汗をかく方は、ボトックス注射で汗をかかないという自信が持て、
注射をしなくても、だんだんと緊張性の汗をかかなくなるケースもあります。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oecu05th
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる