柳原が山本

February 12 [Fri], 2016, 12:23
医療の現場に携わる仕事とあって、看護師はなかなかリラックスできる暇などなく、これが続くとどうしても強いストレスを経験することになります。

要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。


ストレスを和らげ、自らをケアする手段を探し出せるかどうかというのは、看護師というハードな仕事を続けていくためには重要なキーポイントになり得ます。


看護師は、寝返りを打つのも難しいような患者の体の位置を変えることや、食事がとれない方の食事の介助、排泄の介助といった体力の要る仕事も多くあります。その間であっても、ナースコールがあれば、なるべく素早い対応をしなければいけません。さらに、入院生活を余儀なくされている患者が少しでも良い入院生活を送ることができるように考えてあげることもまた看護師の仕事です。皆さんご存知のように、看護師は離職者が多い職業ですので、転職率も高いですね。

ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども増えています。看護師の求人に特化した転職サイトであれば、もっと簡単に自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、現役の看護師には最適な転職サイトだと言えるでしょう。それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを併用すると、さらに有利に転職を進めることが出来ます。
医療に関することで、看護士が許されている行為は、少し前までは、範囲が明確に定められていました。
けれども、医師が足りないという理由や緊急的な対応を可能にするために病人の気管に点滴を注入するなどの特定の医療行為が可能になるのです。許されるようになった行為は、研修をある期間受けて、完璧にこなせるようになってから自己判断で実行に移せるのが特色です。

医療機関で看護師は働いていますが、医療行為だけしていればいいというわけではありません。看護師は病気やケガが原因で動くことができない患者さんの世話に時間をとられるので、クリニックの中でことさら忙しく就労している方だと思います。キツイ仕事の割には、給料は悪く、精神的苦痛が原因で体を壊してしまうことも珍しくありません。



ツアー旅行や修学旅行などに随行し、病院の手配や怪我病気の応急処置を行う看護師もいます。
既婚者で子供のいる人は土曜日曜の休日があったり、夜勤がないという勤め先を望んでいるものです。病院以外の所で勤務するには、その場に応じた専門知識を習得している認定看護師や専門看護師などの資格があると、就職しやすくなります。

ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる看護師の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは元気になって退院していった患者さんが、後に改めて病院まであいさつにきてくれた時です。それと、患者さんの家族や関係者の人に涙ながらにお礼を言われるような時も、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。


看護師の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。そういう訳で、やりがいを覚えなくなったら、退職したいと願い、悩んでしまうと思うのです。看護師の方が仕事を変えてしまう際に具体的に自分が希望する職場の条件がイメージできないケースもあるようです。そのような場合は、多数の求人情報がある看護師の転職に使われているサイトを使った方が、自分にぴったりの新しい仕事先を見つけ出すことができるはずです。

医療施設で看護師として勤務している人の中には働く時間が規則的でないことやハードな仕事内容であるということを理由に違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、看護師の資格を持っているということは意外と違う職種の現場においても実際に役立つことがよくあります。考えられるのは人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。


知人の看護師が仕事をやめようか続けようかで迷っていると相談されました。



彼女はちょっと前に結婚したのですが土日勤務で土日休みの夫と休日が合わず、顔を合わせる機会が少ない生活が続いているらしいです。
子育てもしたいし、でも、今の仕事は続けていきたいと悩んでいました。日夜、病院で働く看護師は休日がどのようになっているのか気になりますよね。


実際には勤めている現場でそれぞれ異なるようです。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、先にシフトが組まれていますので、休日出勤や平日休みも一般的です。

一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、そういう意味では働きやすいと言えますね。よく知る看護師が、この間、転職をしたようでした。
仕事の楽そうな職場だったのに、どうして転職をしたの?とわけを聞くと、「暇でしょうがなかった。

もっとバリバリと働きたい」というようなことでした。できるだけ楽な仕事が良いと思う人が多い中で、受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。

高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。
それに対して専門学校は、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。加えて、学費の面についても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。

結局のところ、看護師は患者さんの命を左右しかねない仕事をしているので、かなり精神的に疲労します。だというのに、それほど高給ではない給料で仕事しています。



そういった看護師の仕事へのやる気を向上させるために、給料を上げてほしいと感じます。看護師の仕事としては、どんな内容を含んでいるのでしょうか。

朝には前日の夜勤者から、患者の容体を聞いて、引き継ぎを行います。



こちらの業務は、夜勤から日勤の交代の時に必ず実行される「申し送り」という業務です。
その後、入院中の患者のバイタルを測定し、必要に応じて清拭や入浴介助を行います。

看護士の求人はそこらじゅうにありますが、希望通りの求人があるとは言い切れません。



看護資格がある方の中で就職できさえすればいいと思う方は少ないでしょう。

なるべく給料が高くて職場環境が良く、夜勤のないところに勤めたいと思われる方が多いです。希望に添った形で転職するには、情報の収集を怠ってはいけません。
短期大学では保健師と看護師、助産師の試験を受けるための資格を得るための総合的な教育課程があります。

大学では高度な看護学を学べるので、専門性の高いスキルを持つ看護師を希望している人には適しています。



大学というのは、専門や短大に比べて1年長いため、保健士についての勉強も行います。看護師の資格を得るための国による試験は、年1回行われます。看護師が足らないことが問題視されている日本にとっては祝福すべきことに、ここ数年での看護師資格の合格率は90%前後ととんでもなく高い水準を継続中です。

看護師の国家試験は、大学入学みたいに落とすための試験ではなく、一定のラインをクリアすると合格できちゃう試験です。

全国で働く看護師の年収は平均437万円ぐらいです。ですが、国立、市立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員として働いているため、年収の平均は593万円ほどになります。公務員として働く看護師は給料の上がる割合も民間病院と比較すると高く、福利厚生も十分です。
準看護師では、看護師と比べると平均年収が70万円ぐらい低いです。

看護師の人が転職に思い至ったケースでは、現在の仕事をやりながら次の勤務先をみつけようとすることもあるのではと思います。


でも、仕事を辞められないまま、転職先を探すとなれば、時間に余裕もなく、じっくりと情報を調べられないといった場合もあるものです。


看護師のための転職サイトを活用すると、自身の希望条件と合致した転職先をみつけられますから、利用価値があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayaka
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oea1oaiowsdrdt/index1_0.rdf