ガックンが宮田

August 17 [Wed], 2016, 5:26
介護施設という場所で働く介護士はなかなかリラックスできる暇などなく、そうこうしているうちに多くの介護士はストレスに悩まされます。
ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。



そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を知っているかどうかということは、この先も長く続けたい場合は見逃すことのできない点になるでしょう。
介護士の勤務は交代制ですが、それ故に、申し送りというものが必要になります。担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、その他報告しておくべきいくつかの事項を口頭で直接、次の人に伝えることになっています。


患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に報告しなければなりません。
あまり時間をかけず、要領よくこなすということも当たり前のように期待されます。皆さんご存知のように、介護士の職場環境は千差万別で、総合介護施設から地域の診療所まで、規模が随分違います。介護施設に限らず、保育園や介護施設といった場所も介護士の勤務先です。

会社員も会社によって給与が違うように、その点は介護士にも同じことが言えます。
総合介護施設で勤める介護士と町の診療所の診療所では給料も変わってくるでしょう。こういった事を考えても、一口に介護士といっても、平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。
介護士として働いて、もう数年になります。


それで、思ったことは、一般に介護士は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。
さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、少しずつ介護士の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。それから、たまにあるお酒の席などで見られる、介護士たちの酔い方、といいますか、酔態はまあ、お察しの通りです。
ちなみに酒豪が多いです。

そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。

思い返してみると、私が介護士になりたいと思ったのは中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、体験先の介護施設の介護士の方に感動したのがきっかけです。大人になって仕事に就くならあんな職業をしたいと思ったことをきっかけに高校卒業後、看護学校を経て今は介護士です。いやなこともありますが、毎日が充実しています。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い介護士は離職率が高いです。

ですから、どうしても転職率も高い数値になります。
このような傾向から、転職サイトの中でも介護士専用のものが増えています。


介護士の求人に特化した転職サイトであれば、手間なく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、仕事に追われて時間のない介護士にはぴったりですね。
どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを合わせて活用すると、さらに便利だと思います。

よく大変だと思われる介護士ですが、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。

介護施設勤務で、二交代制だった場合、休憩を挟むとは言っても、合計勤務時間が16時間になることも。


こういった長時間勤務の実態も介護士として勤務することが大変だと思われる一因だと思います。


普通、注射や採血は介護士が行うものです。

好んで注射や採血をしてもらうような人は稀でしょうが、注射されるなら出来るだけ痛くないように打ってもらいたいと思うのが普通です。
とは言っても、注射の技術は介護士の腕に左右されますから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。

こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。

どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、介護士に多いトラブルと言えば、対人関係の問題や勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。介護士には女性も多いので、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも少なくないのです。夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのも選択肢に入れておきましょう。


能力評価では、自分の介護士としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。
最近ではこれを行っている介護施設は多いです。

個人ごとの能力を測ることを目的に、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。
月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。
このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。また、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。看護学校を卒業してすぐに働いた介護施設では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には介護士しかないようなので、別の介護施設で働こう、と転職を心に決めました。



そこではたと困ってしまったことがあります。
情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、苦労しながらも、仕上げることができました。
でも、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだと理解できて、いい勉強になったと思っています。介護施設の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、介護士の不足が浮き彫りとなっています。



日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患対応も必要で、多くの介護士がものすごい激務に追われているのです。男性が介護士として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、いまだに女性の方が多い職場なので、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、行きたいときにトイレに行けない介護士が便秘に悩まされがちというのも理解できる話です。


介護施設で介護士として勤務している人の中には勤務時間が一定でないことに加え、労働環境の大変さによって他職種に転職する人も少なくないという話ですが、介護士の資格を持っているということは意外といろいろな職種において有益であるケースが多いのです。
例として、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。
介護施設は清潔感が大切ですが、そこで働く介護士も、病気の患者と関わることが多いので、不信感や不安を与えないために、髪形に配慮することをおススメします。


患者からどう見えているのかを考えながら、清潔感を第一にすることが大切です。

介護施設の雰囲気や方針次第で、介護士の髪形に対するルールが違うことを覚えておいた方が良いと思います。
一口に介護士と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。
介護現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的などハードな職業ですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて安定して高給だということが見て取れます。


また、景気や経済に左右されにくいことも、介護士の安定性に一役買っています。

高収入で安定した職業という意味においては魅力のある職業だと言えます。
看護士と介護士、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、漢字で書いてみるとこうして二種の字で表せます。
少し前までだと、看護士と書いた場合は男性のことを指し、看護婦は女性と明確に分けられていました。



法の改正があった2001年をきっかけとして、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な介護士の呼び名に一本化されました。
交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、土日祝日の休みをとることもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、土日が休日になるでしょう。何か急な事態によって呼び出されたり、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういうところでは大体はちゃんと土日休みになっているはずです。介護士の収入については、労働者全般と比べると、少なくとも平均年収においては明らかに介護士の方が多いです。


介護や福祉関係の機関では、介護士不足に泣いているところも多く常に需要が高い傾向が見られますから、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという点も、人気職である所以かもしれません。
収入が良いのは事実ですが、その一方で、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。
病棟勤務に就いている介護士の勤務形態ですが、介護施設によりますが、2交代制か3交代制でみんなが夜勤を務めます。

日勤と違って夜勤は職員が大きく減ってしまい、そんな状態で夜間に患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。



もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、大体いつも、日勤より多くなるようです。学校を卒業したばかりの新人ですとか、違う介護施設から転職によって働き始めた介護士に、現在の職場での経験が足りないという名目で、残業したことによって支払われるべき給金がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。


行なった残業は、労働には違いありません。なので、働いたらその分はちゃんと、手当として支払われなければなりません。二年ほど前から、介護施設事務として勤務しております。介護士さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですが毎日お忙しそうにしていますね。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。

ですが、予想よりも忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、なんと子供を連れてきている介護士さんが相当いるんですよ。先生達も、歓迎している様子でしたし、アットホームな雰囲気でした。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語に「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、働いている他の人にわかってもらう目的で現場でよく使われています。ちなみにエッセンとは何かといいますと、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。昔は、介護現場でドイツ語がよく使われており、そんな習慣が業界用語として残っているのです。


ともあれよく使われ、親しまれている用語です。


正介護士は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが絶対条件です。それが試験の受験資格でもあります。

しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。



定員が少なく倍率が高いため、看護学校受験のための予備校があるほど、難関なのです。准介護士に限らず、働きながら正介護士の資格を取ろうとする場合は、通信過程で学べる学校がありますから、働きながら勉強することが出来ます。
介護士という仕事に就いていると、給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。



だから、というわけではないかもしれませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。なのですが、多忙を極める仕事です。



働きづめの介護施設もあり、お金を使う時間がなく貯まるばかりというようなことがあるようです。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最も理想的であろうと感じます。



ドラマのようには上手くはいかないのが介護士の仕事です。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残業しなければならなくなることが多いです。



とはいえ、いかに多忙で、疲労困憊でも、にこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。ほんの少し前まで文句を言っていた人がぱっと笑顔を作れるのですから介護士はさながら女優だなと感じます。



公務員と介護士を両立する方法は、公立機関や国公立介護施設で働く以外ありません。

そもそも、介護士は専門的な知識が求められ、長期間働ける仕事だという理由から希望者が多いのですが、なおかつ公務員にもなれたら安定性は確実です。

給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは何よりも魅力的だと思います。



基本的に定休制の会社員とは異なり、介護士の休みは勤めている現場で各自違うようです。
中でも3交代勤務の職場においては、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも一般的です。
一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。
介護施設には多くの科が設置されていますが、勤めている科が違えば、介護士の仕事や処置もまた違います。


それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、ひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。

また、視野を広げて、知識を深められるでしょう。

今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、やる気も上げられると言われています。
介護士の資格というものは日本の法律では医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。


基本的には介護行為を行うということは認可されていませんが、医師の指導の下であれば認められている介護行為もいくつか存在します。そうはいっても、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、差し迫った状態になったときは、経験を積んでいる介護士に限り、一部の介護行為を認められる必要もあるのではないかと考えます。



卒業後、介護士の受験資格を取得できる機関には大学と専門学校という二つがあります。

大学の特徴を挙げると、最先端介護の知識など高度な技術に触れることができることや、より幅広く知識を修得できるということでしょう。対する専門学校については、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。


さらに学費に関していえばなんと大学の学費の十分の一程度です。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:海翔
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oe2snrbhonmuo7/index1_0.rdf