ぐだぐだと猫について。

September 28 [Wed], 2011, 6:24
うちの猫。みゅう。猫又になりそうな年齢。人だと位なのかな姉が大学生で京都にいるときに、外で段ボールにいたのを部屋に連れていったのが縁。まだ目がよく見えていなかったみたい。医者にれていったり、こまめな世話で、人に慣れたおとなしい猫になった。年くらいしたら、実家にみゅうが来た。ちょこちょこ動いて、人の動きを見るのが好きみたい。興味津々すぎて、池をのぞきこんだら落ちてしまって、鯉に群がられて外こわいになった。雪が降ると気になるらしく、かりかりと戸を引っ掻くので、玄関から散歩いっといで、と外に出したら、白いふわふわなんぞこれΣと飛び回っていたが、秒ほどで玄関に帰ってきた。足をぷるぷるさせて。雪の冷たさを知ったらしい。毛布やストーブをこよなく愛する猫になってしまった。あとは、反射する光で遊ぶのが好きだったけど、ネズミのおもちゃ出したら逃げたので、小心者だと知った。いたずらもせず、大人しくおかえり、と近寄ってきて、くんくん匂いを嗅いだあとは、適度な距離を保こと数年。今はおばあちゃん。まだ、おかえり、と近寄ってくる。足元にいるので、たくさん撫でてやると、ごろごろと言い、だっこするとうまく爪がひっこめられずに、服に乱交くっいたままになる。もしかしたら、子供がえりしてるとか、さみしいのかもね。昔よりたくさんごろごろ言ってる。もうおばあちゃんだから、毛が薄くなってきてる部分とか、ちょっとぼさぼさしてきてる部分があるけど、実家に帰ったときは、丁寧にブラッシングをしてあげている。長生きしてほしいなあ。昔の猫写真が出てきたから、ちょっと書いてみた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:odv6zm5cds
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/odv6zm5cds/index1_0.rdf