秋色に変化しつつありますね〜♪ 

February 17 [Sun], 2008, 11:04
先月10日に撮した柿です。







今朝、見たら色づいていました。



ご近所の柿なんですが



柿の木の下を通るたびに観察〜♪



そう言えば以前撮したクリもきっと変化しているかも。



明日、行ってみよう(^∀^)ノ

初恋草 

February 13 [Wed], 2008, 13:44
      レシュノルティア ・♡・初恋草





  先日、花屋さんで とっても可憐に咲いているお花をみ〜つけた(#^.^#)



  茎や葉が細くひ弱な感じなのですが ・・・
 
  1〓位の可愛らしい花がイッパイ咲いていました。



  「初恋草」というネーミングに魅かれてしまいました♡・*:..。♡*゚¨゚゚・



  開花期も。10月〜5月と長く お得な感じ☆・・☆







 色・♡・・・ニューヨーク ミスト





色・♡・・・メープルリバー






( ..)φメモメモ  



   ♡ 花色が豊富で寒さに強いレシュノルティアはオーストラィアからやってきた、
      春から秋にかけて咲く新しい鉢花だそうです。。。
     
   ♡ 各枝の先端にまず花が咲くため、株のまわりから花が咲き始めます。
      
   ♡ その後わき芽の先端に花を付け、徐々に株の中心部が咲くようになります。
      
   ♡ 冬の低温期に咲く二番花のほうが秋の一番花より大きくなります。







花言葉・♡・淡い初恋





 お花のネーミングに チョッとだけドキッ!!


  私の初恋はいつだったかなぁ〜???



  胸がキュン〜♡ として・・・



  そして切なくて・・・



  そんな初恋〜♡ 片想い〜♡



  。.:*・゜(n´〓`)η゚・*:.。.ミ ☆

“The Queen”と時代の波 

February 05 [Tue], 2008, 1:12
毎日のように“The Queen”を見ている。

社会全体が平和で、順調に前進しているときには、
人々は、その変化に対応する華やかさや、明るさや、若さを求めるものだと思う。
それが、ダイアナ妃であり、
トニー・ブレア首相だったのかもしれない。

人間である前に女王であることを選んだエリザベス女王と、
王室の一員である前に、1人の人間であることを選んだダイアナ妃。
その生き方は対照的であり、だからこそ、メディアも国民も注目した。
そして、
1人の人間であることを選んだダイアナ妃に、
イギリス国民はエールを送ったのだろう。
1997年はそういう年だった。

ダイアナ妃が亡くなったとき、
エリザベス女王は、王室の伝統にのっとり、
民間人となったダイアナのために声明をだすこともせず、
スペンサー家の意向(妹の死はマスコミの責任と主張)を重視し、
内輪の葬儀で済ませると言い放つ。
また、その時、休暇のためバルモラル城に滞在していたため、
バッキンガム宮殿には半旗さえ揚げなかった。
(バッキンガム宮殿の旗は、女王がそこにいるという証)

しかし、ロンドンでは、国民が、
まるで熱に浮かされたようにダイアナの死を嘆き、
女王の不在や声明のないことを批判する声は日毎に大きくなってくる。

首相になったばかりの若きブレア首相は、
優秀な側近にも恵まれ、
「国民のプリンセス」という言葉を用いたスピーチを行い、
人々の圧倒的な支持を得る。

ブレア首相は、バルモラル城に電話をし、
半旗を揚げるよう進言するが、
女王も難色を示し、
女王の夫フィリップ殿下はブレアに対し激怒する。

しかし、
マスコミは、自分たちへの責任追及を逃れるため、
女王のバッシングを連日報道し、国民の不満をエスカレートさせる。

再度のブレア首相からの要請で、
ついに女王は、バルモラル城から出て、バッキンガム宮殿に向かい、
終戦の時以来のことではあるが、正門で車を降り、
人々の前に立つ。
そして、生中継の女王のスピーチ。


映画では、国民と王室の隔たりを、
ロンドンの喧騒と、
スコットランドの雄大な自然とで対比させている。
バッキンガム宮殿に押し寄せる人々と献花の山、
加熱するマスコミ報道。
一方、まるで隔離されたかのようなスコットランドの大自然の中にいる王室一家。

映画の中で特に印象に残ったシーンのひとつに、
その大自然の中、ちょっとしたアクシデントがあり、
女王がひとりたたずむところがある。
ひとりになって、
それまで気が張っていた女王の目に涙が溢れる。
戦後ずっと国民の女王として人生を捧げてきた彼女に、
今、その国民が背を向け、ある者は怒りをぶつけているという現実。
悲しみ、苦しみ、そして怒りが一気にこのシーンに現れている。
そこに、
一頭の、立派な角を持つ鹿が現れる。
大自然をバックに雄雄しく立つその姿は本当に美しい。

ロンドンに出発する直前に、
その鹿が、ある領地内でしとめられたという知らせを聞き、
女王はその屋敷に向かう。
すでに首を切り落とされている鹿。
そこには弾の傷跡が・・・。
未熟な客人のハンターが、打ち損なったのだ。
鹿は弾をうけたまま何キロも移動した末に、ハンターによってしとめられた。
「あまり苦しまなかったことを願う」
という女王。
彼女は長いこと自然の中で生き延びてきた立派な鹿に、
自分を重ね合わせていたのではないかと思う。

何度も書くようだが、
主演のヘレン・ミレンの演技には
ハナマルの納得モノです。

京都修学旅行 

January 18 [Fri], 2008, 7:46
1972年(昭和47年)京都修学旅行
バスの中で。

Late 

January 13 [Sun], 2008, 14:54
今日はコンタクトわすれ、帽子わすれ、電車一本乗り遅れとさい先の悪いはじまりです。

バッドコンディションの中の最善をつくします。


じゃあ、また。

まさかの 

December 29 [Sat], 2007, 10:38
あいりん入院です 急性胃腸炎。親も24時間つきっきり

椅子の知覚の場合には、対自が「椅子であらぬ」ことである 

December 15 [Sat], 2007, 14:44
(p265つづき)
かかる過去は、外に存在する。それにしても、たとえば知覚される椅子は、それについて知覚的な意識が存在するところのものであるが、そういう場合とはちがって、かかる過去は、それについて意識が存在するところのものとして、存在するものではない。
椅子の知覚の場合には、定立がある。いいかえれば、意識がそれであらぬ即自としての、椅子についての把握と肯定がある。意識が対自のありかたにおいてそれであるべきであるのは「椅子であらぬ」ことである。なぜなら、意識の《椅子であらぬ》ことは、後に明らかになるであろうが、「あらぬ」こと(についての)意識という形で、すなわち「あらぬ」ことの現れという形で、かかる非存在を証言するためにしかそこにいない一人の証人にとって、存在するからである。したがって、その場合の否定は明白であり、かかる否定が、知覚される対象と対自とのあいだの、存在関係を構成する。
対自は、知覚される事物の否定というこの半透明な「何ものでもない」より以上の何ものでもない。

おはよう(∵)ノ 

December 11 [Tue], 2007, 8:23
起きるの遅いww
昨日寝るのも遅かったしなぁ・・・
一回9時に起きたはずなんだけど、また寝ちゃったぁ(つ∀`)←
まぁ、どんまい(ぁ



ごはんまだだから食べてくるー
また後で(^ω^)



よかったらランクリお願いします!!

ピラカンサの実 

December 06 [Thu], 2007, 6:43
ピラカンサが実を付けました。
木、全体が燃えるような真っ赤に見えます!

黄色の実を付けている品種もあります。
モミジ実が少しだけ色づいていました!

ゴンズイは真っ赤な花弁のような殻を
下に向け、真っ黒な実を守っています??

難病(特定疾患)へのご理解をお願い致します(転載して下さい!!) 

December 03 [Mon], 2007, 7:11
対象疾患一覧表(123疾患)
尚、この記事は転載許可にしてあります。皆様のご協力をお願い致します。

特定疾患とは?

特定疾患について我が国の難病対策では、いわゆる難病のうち、原因不明で、
治療方法が確立していないなど治療が極めて困難で、病状も慢性に経過し
後遺症を残して社会復帰が極度に困難もしくは不可能であり、
医療費も高額で経済的な問題や介護等家庭的にも精神的にも負担の大きい疾病で、
その上症例が少ないことから全国的規模での研究が必要な疾患を「特定疾患」と定義しています。
現在、特定疾患は123疾患あり、うち45疾患の医療費は公費負担助成の対象です。



1 脊髄小脳変性症 63 多発性嚢胞腎
2シャイ・ドレーガー症候群 64 肥大型心筋症
3モヤモヤ病(ウィリス動脈輪閉塞症) 65 拡張型心筋症
4正常圧水頭症 66 拘束型心筋症
5多発性硬化症 67 ミトコンドリア病
6重症筋無力症 68 Fabry病
7ギラン・バレー症候群 69 家族性突然死症候群
8フィッシャー症候群 70 原発性高脂血症
9慢性炎症性脱髄性多発神経炎 71 特発性間質性肺炎
10 多発限局性運動性末梢神経炎 72 サルコイドーシス
(ルイス・サムナー症候群) 73 びまん性汎細気管支炎
11 単クローン抗体を伴う末梢神経炎 74 潰瘍性大腸炎
(クロウ・フカセ症候群) 75 クローン病
12 筋萎縮性側索硬化症 76 自己免疫性肝炎
13 脊髄性進行性筋萎縮症 77 原発性胆汁性肝硬変
14 球脊髄性筋萎縮症 78 劇症肝炎
(Kennedy-Alter-Sung病) 79 特発性門脈圧亢進症
80 肝外門脈閉塞症
15 脊髄空洞症 81 Budd-Chiari症候群
16 パーキンソン病 82 肝内結石症
17 ハンチントン病 83 肝内胆管障害
18 進行性核上性麻痺 84 膵嚢胞線維症
19 線条体黒質変性症 85 重症急性膵炎
20 ペルオキシソーム病 86 慢性膵炎
21 ライソゾーム病 87 アミロイドーシス
22 クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD) 88 ベーチェット病
23 ゲルストマン・ストロイスラー・ 89 全身性エリテマトーデス
シャインカー病(GSS) 90 多発性筋炎・皮膚筋炎
24 致死性家族性不眠症 91 シェーグレン症候群
25 亜急性硬化性全脳炎(SSPE) 92 成人スティル病
26 進行性多巣性白質脳症(PML) 93 高安病(大動脈炎症候群)
27 後縦靭帯骨化症 94 バージャー病
28 黄色靭帯骨化症 95 結節性多発動脈炎
29 前縦靭帯骨化症 96 ウェゲナー肉芽腫症
30 広範脊柱管狭窄症 97 アレルギー性肉芽腫性血管炎
31 特発性大腿骨頭壊死症 98 悪性関節リウマチ
32 特発性ステロイド性骨壊死症 99 側頭動脈炎
33 網膜色素変性症 100 抗リン脂質抗体症候群
34 加齢黄斑変性 101 強皮症
35 難治性視神経症 102 好酸球性筋膜炎
36 突発性難聴 103 硬化性萎縮性苔癬
37 特発性両側性感音難聴 104 原発性免疫不全症候群
38 メニエール病 105 若年性肺気腫
39 遅発性内リンパ水腫 106 ヒスチオサイトーシスX
40 PRL分泌異常症 107 肥満低換気症候群
41 ゴナドトロピン分泌異常症 108 肺胞低換気症候群
42 ADH分泌異常症 109 原発性肺高血圧症
43 中枢性摂食異常症 110 慢性肺血栓塞栓症
44 原発性アルドステロン症 111 混合性結合組織病
45 偽性低アルドステロン症 112 神経線維腫症〓型
46 グルココルチコイド抵抗症 113 神経線維腫症〓型
47 副腎酵素欠損症 114 結節性硬化症(プリングル病)
48 副腎低形成(アジソン病) 115 表皮水疱症
49 偽性副甲状腺機能低下症 116 膿疱性乾癬
50 ビタミンD受容機構異常症 117 天疱瘡
(レックリングハウゼン病) 118 大脳皮質基底核変性症
51 TSH受容体異常症 119 重症多形滲出性紅斑(急性期)
52 甲状腺ホルモン不応症 120 肺リンパ脈管筋腫症(LAM)
53 再生不良性貧血 121 進行性骨化性線維異形成症(FOP)
54 溶血性貧血 122 色素性乾皮症(XP)
55 不応性貧血(骨髄異形成症候群) 123 スモン
56 骨髄線維症
57 特発性血栓症
58 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)
59 特発性血小板減少性紫斑病
60 IgA腎症
61 急速進行性糸球体腎炎
62 難治性ネフローゼ症候群



現在、日本では123の難病が認定されています。原因不明、有効な治療方法もなく余命幾許もない方々や、若年で命を落とされる方、長期間入院や生涯入院生活を余儀なくされている方々がいらっしゃいます。その現状を皆様に知ってもらいたいのです。多くの患者さんが救われることを切に願います。また、皆様のご理解のほど宜しくお願い致します。私も、この中の疾患を患っていて余命長くはなく苦しんでいます。どうか皆様、難病で苦しまれている患者さんへのご理解が広まり、ともに支えあうことができる社会システムを創ることをしなくてはならないと思います。ご協力を再度お願い申し上げます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:odtscs1912
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» 秋色に変化しつつありますね〜♪ (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» 秋色に変化しつつありますね〜♪ (2008年10月12日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 秋色に変化しつつありますね〜♪ (2008年10月06日)
アイコン画像チャーリー
» 秋色に変化しつつありますね〜♪ (2008年10月02日)
アイコン画像ゆりり
» 秋色に変化しつつありますね〜♪ (2008年09月26日)
アイコン画像ikumi
» 秋色に変化しつつありますね〜♪ (2008年09月21日)
アイコン画像火星の後継者
» 秋色に変化しつつありますね〜♪ (2008年09月14日)
アイコン画像せぶん
» 秋色に変化しつつありますね〜♪ (2008年06月18日)
アイコン画像まーくん
» 秋色に変化しつつありますね〜♪ (2008年04月17日)
アイコン画像774
» “The Queen”と時代の波 (2008年02月05日)
Yapme!一覧
読者になる