ご存知ですか? X JAPANのToshlが洗脳告白 「M-1グランプリ」が来夏復活

August 03 [Sun], 2014, 2:20
ご存知ですか?こんな情報。
知っておけばそれだけ人生の
幅が広がるかもしれません。

http://fanblogs.jp/lovelybell/archive/83/0
http://fc2love743.blog.fc2.com/blog-entry-19.html
http://75454013.at.webry.info/201407/article_1.html
http://junjun2251.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/
http://blog.livedoor.jp/cosmos138/archives/39003244.html
http://yaplog.jp/neko356/archive/8
http://ameblo.jp/vinegar55/
http://isogaba377.jugem.jp/?eid=14
http://himawari356.seesaa.net/article/401472757.html


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00000026-dal-ent
X JAPANのToshlが“恐怖の12年間”を告白
デイリースポーツ 7月30日(水)10時17分配信

 X JAPANのボーカルとして人気を集めながら、1997年から自己啓発セミナー「ホームオブハート」のMASAYAに心酔し、やがては自己破産にまで追い込まれたToshl(48)が30日、フジテレビ系「ノンストップ!」で「12年間の地獄」を告白した。

 洗脳されたきっかけは「最初は自己啓発セミナーみたいな形でした。すごく感動の伴うもので、自分の人生に迷っていた時期でしたので絶対的に正しいんだということが刷り込まれていくんですね」と、Toshlの弱っていた心が引き込まれる原因だった。

 セミナーではToshlが幼少時の悲惨な体験を発表し、親兄弟への恨みを表現することが求められた。

 それに対して、“治療”として行われたのは「長時間にわたって暗い密室で、主に女性ですけど集団的に叫び、馬乗りになって、自分は床にひれ伏した状態で、そこでボコボコにやられますので、非常に恐怖が伴ってくる」と、暴行を伴う形で集団催眠の中に投げ込まれた。

 洗脳から覚めたきっかけは、既にToshlが脱退していたX JAPANが07年に再結成することになった際「それまでは宇宙的犯罪者だとか言ってたのに、お金の話が入ってきた時にコロッと『やれ』と言われ、何か違うんじゃないかと」団体の目的に疑問を抱き始め、やがて脱けることを決めた。

 03年には父親が亡くなっていたが、Toshlはずっとそれを知らなかった。「いま思えば、もっと一緒に時を過ごしたかった」と、洗脳から覚めたToshlにはそのことが最大の悔いとなって残っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00000041-dal-ent
「M-1グランプリ」が来夏にも復活 紳助さんの出演はなし
デイリースポーツ 7月30日(水)15時59分配信

 若手漫才コンビの日本一を決め、惜しまれつつ幕を閉じた漫才コンテストのM‐1グランプリが復活することを30日、ABCが発表した。同局の脇坂聡史社長が会見で明らかにした。

 2010年にいったん終了したM‐1が、「新生 M‐1グランプリ」として復活する。開催時期は来年夏を予定。今秋には詳細を決め、発表する予定という。

 同局はこの日、「当時のM‐1は日本を代表する演芸イベントであり、最終年となった2010年には5000組の方々にエントリーしていただきました。エントリーを目指す皆さまには、1年かけて新生『M‐1グランプリ』のためのネタを準備していただきたい」とし、「プロ、アマを問わず最高のネタを披露してください」としている。

 M‐1は2001年にスタート。芸能界を引退した島田紳助さんの企画だった。紳助さんが出演する可能性について同社長は「引退しているので出演はない」と明言した。

 初代王者は中川家、翌年にますだおかだが選ばれ、日本を代表する漫才コンビを輩出した。最終回の視聴率は関東地区18・7%、関西地区23・4%だった(数字はビデオリサーチ調べ)。

 ◆歴代優勝者◆

 01年 中川家

 02年 ますだおかだ

 03年 フットボールアワー

 04年 アンタッチャブル

 05年 ブラックマヨネーズ

 06年 チュートリアル

 07年 サンドウィッチマン

 08年 NON STYLE

 09年 パンクブーブー

 10年 笑い飯