やぷー ⇒ ミクシー 

February 09 [Thu], 2006, 15:04
ヤプログ ⇒ mixi へ移行しま〜す。
徐々にですが、  

mixi ⇒ 検索 1.氏”さく” 名”ら” 2.ニックネーム”さくら” 

でおねがい (^人^) GaiGai 

パチパチパチリ 

February 09 [Thu], 2006, 2:24












冬になると やさしさに敏感になる。陽だまりに集まる。

おばあちゃんみたいだけぇ、本格的におどりやの練習が始まる前に・・

不調 故障 つづきのボディーのために、実家へ整体にいってきました。

とにかく体を冷やすクセがあるのでしっかり温めなさいと。ゴキゴキ整えられた末に

お言葉頂戴しました。2日連続でお世話になる。  おつぎは温泉。  

ふぅ〜〜  (あったかぁ〜) 

サウナ。

そして、別の日に、酵素風呂。母よりずっと こうそぶろと聞いてたから香草風呂と

勘違いし、ハーブの香りに包まれて・・と想像していたら・・

おがくずに埋まる 酵素風呂とは 初体験!!! ドキドキしながら入る。

なんだこのぬくさは!!ありえん!これまでに味わったなかで最高の抱擁感だった。

母の胎内ってこんな感じだろうなと目だけおがくずから出して思ってた。

もう一つの仰天。手が指が透き通るくらい美白してたのだ。 ぬか美白と同じく”発酵”

って体にいいんやっておもった。納豆やパンや味噌やヨーグルトがなんで体にいいか

わかったよ。寝かせてる間にマジックが起こるんやなってなんでかわからないけど

わかったよ。 あったかく包んでたくさん寝かせること。  あっ人間の子供もそうやん(*^^*)。

そうすれば元気でいい笑顔に育っていくんやな。  この旅でひとつ大切なことを学んだ

ひとつ賢くなったかな。  おかあさん ありがとぅっ !  わたしゃ いろんな人に

愛されてる。って思うよ。  

海に行ってから 思うことを 開放する方向に走ってるか・・^^;) ま、いっか。

JAZZ in こーべ 

February 09 [Thu], 2006, 1:06


KOBE の JAZZ喫茶へ いってきた。

10脚ぐらいの革張りのソファーと、見たこともない、 壁一面をおおう大きなステレオ。

カウンターに座ってカプチーノを注文。  茶色の泡にうかぶハートの泡が

暗闇にライトで灯される。 10客のシートは背中からしか見えない。

JAZZの魅力に浸透しきっているそれぞれの面持ちが・・・異様な感じに思えたけど

映画”海の上のピアニスト”のワンシーン、ピアノマンがすばらしい演奏を弾いていたその

ときの観客の陶酔した表情。思い起こせば同じだったな。


お父さんもつれてきてあげたいな。私よりモット 感動するだろうさ

DEPAPEPE 

January 27 [Fri], 2006, 0:50
うわ〜っ

すっごい久しぶりの投稿。

最近ファンになってしまったアーティスト アコギの男の子2人。

DEPAPEPE。  すご〜く フィーリングがあったかくて一瞬で近くに感じられる2人。

只者ではないね。神戸出身ということで身近に感じる。インディーズのスタンスのままで

いてちょ。と言わなくても、自然体で周りをあったかくしてくれる、元気にしてくれるそんな

コンビ。歌わない、インストですが、お互いのハモリがとてもイイ!チェンジもグッド。

こんな人たちみたいに私も踊り続けたいと思ったね。歌わないで音楽だけ、

”植物みたい”と思った。とても心地よい。

徹夜明けの朝 

December 03 [Sat], 2005, 9:24

にょほほ 

November 08 [Tue], 2005, 16:29

あさがお 

August 22 [Mon], 2005, 11:20
咲いていました




わかりやすい れもん



"さんぽ" "山行く?" "ごはん" → 耳上がる、顔パッと明るくなる。



"留守番してくれる?" →聞こえてないふり



浜松にて 

August 22 [Mon], 2005, 9:33

帰省してパチパチ写真をとりました。

その中の一部をご紹介しまっす



かわいいでしょ


うちには象がたくさん・・ジャングルみたい?そういえば

帰宅途中姫路駅のたこやき屋さんで、星になった少年の割引チケットを4枚get!



こここれは・・・

いつの間にか母がぽんきちをつれて私のバンドをつけてパチリと

撮影していた一枚です。




色々います。




うちでは昔から母が糸寒天からつくります。寒天とアイスとアロエと桃とチョコシロップ

おいし〜〜!!3日3晩欠かさず食べました。元気のみなもと

竜宮城に行ってみれば〜♪ 

August 17 [Wed], 2005, 22:24


カメカメや花や牛とたわむれ、ひまわり畑で余暇してきました。穏やかな自然。

静岡に帰郷して21日には、NGOの活動で植林をしている父とレモンと

棚田(たなだ)で、田んぼで泥にまみれてくる予定。

厳しい自然に色々教えてもらえそう。

腰を痛めないように、父へのBirthdayプレゼントは、腰痛バンドにした。

効くんだなこれが!

〜♪  

習い事は、”料理”に決定しました! 祖父の助言もあったりして



最近耳にした言葉。

”うまいものを食べるということは、体に対する最低の礼儀”  私にとって新しい考え方。

なかなかいい考え方だなぁ・・と感心してしまった。自分に対して"礼儀"っていうのは

体は、授かったもの。大事にしろよっっ という見方があるように感じて、斬新でした。

あっぱれ

ひょぉ〜っ! 

August 06 [Sat], 2005, 23:37
氷の柱。



姫路の西二階町通り。毎年恒例の”お城祭り”と、商店街に立ち並ぶ

涼しげな氷の柱。誰が考えたのだろう・・ 触ってもよし。ずーっとさわって

穴を開けてもよし通りを歩く人が自由に触ってよいというのだから嬉しい。

夏がきたっと感じる姫路の夏の風物詩のひとつ。



今日は仕事後ダッシュで神戸へ。花火をみてきました。

自分がパソコン関係の仕事をしているだけに。。ちょっと感じたことがありました。

よく知らないけど、花火っていうのは、やっぱり手作業でないと作れない代物で、

機械では、あんなに丸くきれいに広がる花火は作られないらしい。そしてそれを作れる

のは、日本人の花火職人といわれる人たち。

よく、技術屋 とか 営業肌とか仕事では何かと耳にする言葉。会社では専ら

人を使える人とか、営業肌が目立つし、 花形 になりやすいんじゃないかな。

少なくともそういう風に私は感じる。どちらが良い、どちらがえらいってわけじゃないけど、

着物や、花火や、あと、手作業で行う庭師さんや陶芸、そういう分野で生きている人は、

正直あこがれる。どんなに科学や、技術が進歩しても、その人たちに代わって行うことは

できない。且つ、そういったひとは”本物”をみせて人を"感動"させる。ことができる。

それがひゅるるっパンとはじけて一瞬だけ花を咲かせて消えてしまうものでも。(だからこそ

そこに浪漫があるのかな・・)丹精込めて作られている。このインスタントになりがちな時代に

生きているから、花火はそういった意味で、私にとって”本物”を感じさせてくれるよいカンフル剤。

日本は人の手で創る

素晴らしい伝統技術がたくさんあるって、誇りに思える1日だった。

忘れがちだけど、仕事とか生活の中で、自分も自分の心に正直に、良いものを、

人に伝わるものを創っていけたら本望だな。

2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像スタート
» DEPAPEPE (2006年02月09日)
アイコン画像705
» DEPAPEPE (2006年02月08日)
アイコン画像デパペペ
» DEPAPEPE (2006年02月06日)
アイコン画像プー
» 竜宮城に行ってみれば〜♪ (2005年08月18日)
アイコン画像ぽんきち
» 竜宮城に行ってみれば〜♪ (2005年08月18日)
アイコン画像705
» ひょぉ〜っ! (2005年08月17日)
アイコン画像593
» ひょぉ〜っ! (2005年08月12日)
アイコン画像懐かしの・・
» Guooooo-------♪♪♪ (2005年08月08日)
アイコン画像ナイアガラの滝
» 土佐〜の〜高知の〜・・ (2005年08月08日)
アイコン画像Cafe de 田楼
» ひんやり (2005年08月04日)
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:odoriya_pon
読者になる
Yapme!一覧
読者になる