ゆきんこのこじるり

July 13 [Thu], 2017, 16:37
一般的に便秘に効く食物は、水分や食物繊維、乳酸菌を有する、発酵食品等です。

ひどい便秘の方は、便が固く腸内に滞留した状態に到達しています。この状態を改善することで、、トイレにいきやすくするため、初めに 水分と食物繊維を摂りながら、乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。元々、アトピーに有効な化粧水を日頃から使っています。


友だちから良いよと教えてもらった化粧水は、私の悪化したアトピーを思いのほかキレイに治してくれたのです。


朝晩鏡を見るのが、たいへん楽しみになりました。

顔を触る度にスベスベ素肌になったことをしっかり実感できます。

俗にいう乳製品以外にも、含んだ食品が存在することを知り、乳酸菌について調べてみました。調べて見たら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことになるのだそうです。これって知ってましたか?生まれて30年以上生きて来て、知らなかった事実を発見です。
私には乳酸菌サプリと言えば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。昔から知られていたサプリであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、たえず私のお腹を守ってくれていました。「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、ビオフェルミンとなるのです。

乳児がインフルエンザになったら、最も大変なことになりかねません。

まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、インフルエンザで天国にいくことも無きにしも非ずでしょう。
ですから、インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外に出さない方が打倒かもしれません。決まったものがありません。



それを参考にして摂ってみて下さい。摂取するのに比べて、決まった回数に分けた方が身体のすみずみまで届くということから効果が期待できます。

ここ最近の研究でインフルエンザ予防に対して乳酸菌がかなり有効だということがはっきりとわかってきました。



インフルエンザはワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力のほうがアップして、インフルエンザを防いでくれたり、症状を軽減する効果が高まります。



乳酸菌シロタ株から連想されるのは、何といってもヤクルトです。

その昔、白血病を患い、闘病した経験のある渡辺謙さんのCMをよく目にします。すっかり白血病を完治し、ハリウッドで引く手あまたのCMの中で渡辺謙さんが薦めているのをみると、効果が高そうな気分がします。うんちがでなくなると、体に必要ではないものが体内に残ったままになるため、口臭が発生します。
いくら食後に歯ブラシをし続けて、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、口の臭いは腸から胃を通って必要でないものを出そうとし、口臭を引き起こすのです。

この場合、便がでるようになると、口臭もあわせて改善されると言われています。
どうして私が便秘になったのかというと、多分、運動不足のせいだと思います。

会社へは毎日車で通っているので、歩いたり、運動したりもあまりありません。犬などのペットがいるわけでもないので、散歩に行くようなこともないのです。



そういった理由で、私は便秘がちなのではないでしょうか。でも便秘を少しでも軽くするため、今日からウォーキングを行おうと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:健
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる