家を住みながら売るのは意外とカンタンでした

November 15 [Tue], 2016, 12:09
土地を売却しなければならなくなったので、まずはGoogleで検索して、勉強をするのが先決だと考えました。いの一番に知るべき知識は、処分する予定の不動産はいくらになるのか、不動産屋さんはどこが良いのか、これら2つは欠かせない情報です。金額が分からないで商談を開始してしまうと取引後に入る金額がつかめませんし、誠実な不動産屋さんを見つけませんと思ったとおりの価格で売ることが難しいです。
REINSというシステムを利用すれば、不動産の売却価格をおよそつかむことができます。誰でも使えるのがREINSの良いところです。レインズなら不動産の価格を入手できますので、処分したい不動産がだいたいいくらになるのかおおまかに知ることができてしまいます。不動産屋さんへ行く前からだいたいの金額を分かっていると、お客としてちゃんと対応してもらえなくて妥当でない価格で処分しないで済むと思われます。
不動産を売る時は、予想外の出費がかかることを覚悟しておく必要があります。経費を最初から知っておくと、後からがっかりするのを回避できます。経費として最初に必要なのは不動産屋さんの取り分である仲介手数料です。仲介手数料は売買代金の3.24%+64800円が必要なので、6000万円の不動産なら200万円くらいのお金になります。他にも税金だったり印紙代がありますし、住み替えなら引越し代も考えておく必要があります。仮に4000万円で物件が売れても、全額が入るものとして皮算用してはいけません。
土地を売らなければいけないケースとして、相続をあげることができます。相続は複数の相続人で1つの不動産を受け継ぐことがあります。遺産の分割協議を相続人で実施した結果、1つしかない不動産を1人で相続することが難しいという場合、換金してからそれを複数の相続人で分けることもあります。国税庁は相続税を基本的に現金で納めるように言いますが、現金での納付が困難な場合は物で納める物納もできますが、できれば現金で納めた方が、面倒がなくておすすめです。
駐車場経営はよくある土地活用の方法の1つとして、かなり人気があります。アパート・マンション経営と比べれば手軽であることが理由の1つです。駐車場を運営する場合、毎月の契約(月極)もありますしライバルの状況に応じて判断すれば良いでしょう。所有者の立場で大事なのは収益性や採算性かもしれませんが、お客さんの立場でよく考えないと、儲けることは難しくなってしまいます。
マンションは買い手もじっくり吟味しますので、売り急ぐのは得策ではありません。半年前後の時間がかかるものと考えておくのが望ましいです。あなたが短期間で売ろうとしていることを買い手に伝わってしまうと、売却価格をたたかれてしまい、予想外に少ない収入になる危険があります。住み替えで一戸建てを売却するなら、新たに買う家の頭金などを住宅ローン残高を含めてまかなうべきですので、不動産屋のアドバイスを受けて良い取引をしましょう。
家を売るなら買い手による自宅への訪問がありますが、その時の注意点がいくつかあります。なるべく高く家を売りたいのであれば、知っておくべき知識です。すべてに共通した話ではありますが、第一印象を良くすることがとても大事です。訪問を受ける際、最初に目に入る玄関に汚れが目立つようだと、綺麗好きな買い手の心象を損ないます。あと、部屋の隅々まで掃除をしておき、窓を開けて換気しておくと、購入希望者の心象も良くなり、購入を前向きに考えるようになる傾向があります。
土地を売った時の税金ですが、そもそも土地自体が高いので、税金もとても高いですよね。100万円を超える税金を払わなければいけないのも当たり前です。不動産を売って出た利益は専門的には「譲渡所得」と言いまして、基本的にはこれに対し、所得税と住民税、2つの種類の税金を納めなければなりません。また、土地については取得してからの期間が短い売却だと、転売目的の所有だったとみなされてしまい、高い税率が適用されてしまうのです。5年未満の所有だと、倍近い税金を払うことになります。
「一物四価」という言い方は、土地に複数の値がつくことから言われているものです。計算の仕方はそれぞれ別ですし、それを算出する主体も違います。ざっと分けると、納税の基礎となる金額と、土地取引の参考にするためのものとに分けられます。税金を計算するものは、相続税や固定資産税のためで、これらはだいたい公示価格の8割弱になることが多いです。時価は取引の当事者が参考にはしますが、最終的につく価格は、それらと同じにはなりません。現場の不動産屋は現実的な価格を知っていますので、直近の価格の方で取引をすることをすすめるわけです。
マンションや一戸建ては1,000万円以上するのが普通なので、サラリーマンにとっては一生に一度しか無いと言っても過言ではありません。そのため、あわてて買いに走らず十分に知識を得ることから始める必要があります。住宅ローンや税金、不動産屋での手続きなどの知識は大事なことですが、実際に住む予定となる土地を、自分の足で確認することがお金のことよりも一番、大事なことだというのが私の考えです。地名はイメージが先行しがちなので注意が必要です。中目黒や三軒茶屋など、良いイメージをお持ちではないですか?印象がよくても、生活してみたら不便だったということはよくあります。そのため、慎重にすぎるくらい現場を確認することが大事です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haru
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/odnee8str7amhu/index1_0.rdf