天城小学校の教え子たちが来てくれました 

2013年10月20日(日) 21時48分








今日は、うれしい日でした。
午前中は、大学のバトミントン部の一行が寄ってくれました。(都合により写真なし)30年以上もたっているのにちっとも変ってない。ちなみに私は、バレーボール部、若草寮で一緒だった後輩もいたので、かつての同僚の元K校長が呼んでくれました。もちろん、みんなおっさんおばさんになっていたけれど、かつてのスポーツマン根性、心根の優しさにじみ出てて、皆さんいい年の重ね方されたんだろうとうれしくなりました。
私が、「ぐるっと瀬戸内の旅」の取材の練習をして、下津井わかめのすばらしさを演説したものですから、お土産にいっぱいわかめを買ってくれましたありがとうございます。
午後からは、天城小学校で6年を担任した子らが来てくれました
。(写真右上)成長した子らのおかげで私がとっても華奢に見えます。
後ろの写真は、今開催中の渡辺多鶴子・伊藤郁 母娘展のお花の写真です。今月27日までですのでまだの方は、是非おこしくださいませ。

峰竜太さん、来られました。 

2013年10月08日(火) 17時07分
男前でした〜
写真撮るのも忘れていました。というのも「ぐるっと瀬戸内」の取材に今回は、天然わかめをまだ採られている方がおられるということで、天然わかめを販売している当店を取材させてほしいと連絡があったのが、数日前のことです。料理好きな私は、「ぜひ、下津井の郷土料理を味わってほしい」と思いまして、わかめフルコースを用意しました。めかぶ丼わかめごはん茎ワカメの佃煮、あなごとわかめのしょうゆ汁を用意しました。ところが、当日地のあなごがとれてなかったこと、ごはんのスイッチをいれるのが遅れたことでバタバタしてしまい、やっと4品味わっていただきました。めかぶというのは皆さん、わかめとは別物と思われておられる方のいらっしゃるのですが、このようにわかめのもとです。特に当店のものは天然ものです。下津井吹上のわかめ漁師さんである山本明さんにお願いして取って来て天日干しにしてもらいました。最盛期は4〜6月です。今年度のものは、あと少しになりましたが、まだいくらかあります。
話が、それましたが、昨日の取材は平成25年11月13日NHK,BS2で放映予定です。大分控え目に出演したつもりですが、ひょっとして、おしゃべり、出たがりの本音キャラが出てしまったかもしれません、(*^_^*)

渡辺多鶴子・伊藤郁 母娘展開催中 

2013年09月27日(金) 20時44分
久々のブログ更新です。ご無沙汰していました
今、でんでんでは、渡辺多鶴子・伊藤郁の母娘展を開催しております。渡辺多鶴子先生は、今月16日で米寿を迎えられました。先生の米寿のお祝いを記念して、多鶴子先生の日本画と娘さんの郁(ふみ)さんの写真を展示しています。もう、すでに9月7日よりT期は始まっていまして、29日(日)でいったん展示物を片付けます。でも、ご心配なく。
U期は平成25年10月2日(水)〜10月27日(日)まで展示内容を換えて引き続き開催いたします。T期は、おかげさまで、多くの方々に下津井まで足を運んでいただき、好評のうちに後1日を残すまでとなりました。ご観覧していただいた方、誠にありがとうございました。T期お越しいただいた方、紹介がおくれまして、まだご覧になっていらっしゃらない方もどうぞこの機会に下津井のギャラリーカフェでんでんまでお越しください。ところてん、コーヒー、黒豆ぜんざいなど私手作りのものをご用意して、お待ちしております。また、渡辺様よりのサービスで当店で飲食されて、記名してくださった方は100円引き、またはコーヒーのサービスをさせていただいております
 













当店は、毎月曜・火曜は定休日、営業時間は、通常は11時〜4時半まで、土曜日のみ昼の1時半〜4時半までとなっております。よろしくお願いいたします。
 

お中元用の下津井わかめギフト紹介 

2013年07月04日(木) 22時19分
全国どこへでも2000円ぽっきりのギフトです
中身は、下津井わかめ、六口島産巻き海苔、国産焼きあなご、もちろん国産焼きエビの四点セット
ちょっと豪華な3000円ぽっきり(送料・税込)のセットです
中身は、六口島産味付け海苔、下津井わかめ、瀬戸内産かえりちりめん、伊吹島産煮干し、観音寺産焼き小いわし、下津井産めかぶ、下津井産ワカメ入りわかめ煎餅の7品です。
わかめ煎餅は、地の素干しわかめを持って行って山名製菓のおばちゃんにやいてもらいました。
当店オリジナルの商品です。下津井下津井の漁師さん、煎餅屋のおばちゃんお二人のベテラン絶妙コンビで美味しいおやつが出来上がりました。お二人の顔入りラベルにしたら、「ご夫婦でねえ」とお客さんに言われましたが、お二人はふうふでは、ありません。ふうふう言うて作った?でもないです
一度食べてみてくださいもうすぐ、吉又商店のHPにも登場します。よろしく、お願いします。

私の嘆き((+_+))と生産者紹介(*^_^*) 

2013年07月03日(水) 22時03分
6月1日に立ち上げたHPですが、1か月たった今注文0トホホ((+_+))
気がついたことは、自分の考えやコンセプトばかり載せて、商品が目立たない、というか見えない
せっかく作ったHPも皆さんが見てくれないと意味がないですよね。やはり、これは私の力不足。しかし、これでは、私の願いを聞いて、懸命に良質の天然わかめを届けてくれた生産者の皆さまに申し訳がたたない。幸い、我が家では、江戸時代の土蔵に保管してあるので、この梅雨時に湿気に注意をしておけば、味・香りともそんなに劣ることなく保存することができます。そこで、サイトをもう一回いじって「お中元用下津井わかめキャンペーン」をすることにしました。来週末には、HPにお目見えすると思います。ブログには明日にでもお目見えします。
今日は、今年3月頃から5月中旬まで、天然下津井わかめを採ってくださったかたをご紹介します。
地元下津井吹上に住む山本明さん
奥さんは後ろ姿しか写させてくれませんでした。
次に本島の吉田喜一さん
向かいの瀬居島の阿珂香さん
ごらんのように高齢者の方々ばかり写っています。長年の経験・技・家族の協力あればこその仕事です。また、何よりも海を愛しておられるからできるのだと思います。今、この仕事を引き継いでいこうとする次世代の若い漁師さんも出てきたのです。今年、頑張って美味しいなわかめを採ってくださった生産者の方々の為にも、またひきついでいこうという若者が出てきた今こそ、下津井わかめを世に出していきたいです。
ぜひ、皆さん下津井わかめを一度食べてみてください。新しいHP待つ間でもなく、次の連絡先にお電話くだされば、格安価格で販売いたします。ご連絡お待ちしています。
090−6400−4395余傳携帯まで、どうぞよろしく!
ファックスは、0863−71−2080まで、注文用紙をお送りいたします。

海のお宝「めかぶ」をゲット 

2013年05月20日(月) 21時37分
この頃、浜をよく歩いて、生産者の方々と話をしながら、わかめ、昆布を仕入れています。
下津井わかめ消費拡大を狙って、わかめ料理レシピにも取り組んでいます。一部ご紹介します。
わかめごはん 
材料
米・・・・・・・・・・・・・・3カップ
水・・・・・・・・・・・・・・3カップより気持ち多め
干わかめ・・・・・・・・20g
ちりめんじゃこ・・60g
しょうゆ・・・・・・・・大さじ2
酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
砂糖・・・・・・・・・・・・大さじ1
●下ごしらえ●
   わかめ 干しわかめをキッチンばさみで細かく切る。
   米    洗って同量より気持ち多めの水に30分程つけておく。
●作り方●
@ 干わかめ、ちりめんじゃこ、しょうゆ、酒、砂糖を分量通りボールにいれて混ぜ合わせる。
A @を水に浸しておいた米の上にのせ、平らにならしてスイッチを入れる。
B 炊きあがったら10分ほどむらし、ざっくりと混ぜる。
今日は、この間お願いしていためかぶをもらってきました。左が干したもので水に戻すとこんなに膨らみます。アルギン酸が豊富で脳卒中、ガンなどの予防に大変いいそうです。漁師さんにがんばってとってもらい、健康食品そのものの素干しめかぶを消費者の皆さまにお届けしたいものですわかめも昆布もそしてめかぶも天然ものですから、とるのも干すのも手間がかかります。過酷な労働の割には引き合わないのか生産者は現在数えるほどしかいません。頑張って続けてこられた方々が「続けてきてよかった」と思ってくださればこれほどうれしい事はありません。また、若い方「わしもやろうか」となってくれれば、下津井の港も活気づいてくるような気がします。とれたて、新鮮、生産者の心のこもった海の幸を多くの皆さんに味わっていただけるよう頑張ります

藤井朗先生水彩画展好評開催中 

2013年05月12日(日) 21時10分
みなさまご紹介が遅れて申し訳ありません。5月1日より藤井朗先生の水彩画展を開催しております。おかげさまで百人を超える方にご来店いただきまして、ただただ感謝の一言でございます。比較的暇な平日には、見慣れた顔の同級生や退職先生たちが寄ってくれ、美しい絵に囲まれた土蔵の中でお茶を飲みながら、おしゃべりに花を咲かせております。
 わたくし思うことあって、思い切ってホームページを立ち上げました。アドレスは、
 http://shimotuiwakame.comです。ブログは、今後そちらの方へ移動いたします。地図なども入れておりますので、お越しの際は、それを参考にしてください。ただ、ギャラリーカフェでんでんは、通りより奥まった場所にあり、表には写真のような関所がございます。そこは無視して通り過ぎ、つき当り(トイレ)を左に入口がございます。関所では、乾物をいろいろ売っていますのでお帰りの際、よろしかったらおみやげにどうぞお買い上げください
また、2月7日に高橋秀樹さんがこられ、我が家や下津井漁港付近でロケをしました。その時みんなで写した写真も紹介いたします。エキストラ等で皆さんにご協力いただきまして、本当にありがとうございましたと製作プロダクションの方より、お礼の言葉をいただいております。
最後の写真は、今日の下津井港の夕暮れです。

岡根誠版画展(後期)やっています。 

2013年01月08日(火) 9時54分
多くの出会い・再開に感謝
好評のうちに前期(H24.12.27まで)が終了しました。期間中、多くの方々のご来店誠にありがとうございました。
思いがけぬ教え子や同僚との再会・話してるうちにつながっていく人と人の「」を感じ改めて、このような機会を提供してくださった岡根先生、わざわざ下津井まで足を運んでくださった皆様に感謝いたします。
後期も、岡根先生の力作が並んでいます。皆さまのご来店をお待ちしております

岡根誠版画展始りました。 

2012年10月10日(水) 20時24分
10月10日〜12月27日
場所:ギャラリーカフェでんでん
        倉敷市下津井1丁目9−12(下津井漁港のすぐ近く、おばあさんが乾物を売ってる奥にあります)
    電話:086−479−9017(ナビに使ってください。実際にかかると20回くらいならないと出られません)
岡根 誠先生について
倉敷市立茶屋町小学校勤務、倉敷美術協会会員、岡山県小学校教育研究会付図工部会の講師を7年間も続けています。
私とは、20年ほど前、琴浦西小学校に新採用で赴任された時より親しくさせていただきました。とういより私が氏の教育観、人間性に惚れ込んだといってもいいでしょう。新採用の頃から、いえそれ以前から、一貫して教育や芸術に熱い情熱をもって取り組んでおられます。かつて、下津井西小学校にも1年間勤務したこともあります。その後、岡山大学付属小学校でも実践を積まれ、教育者としまた芸術家として現在活躍中です。その氏が久々に個展をされます。こんなちっぽけなギャラリーですが、「でんでん」にて開催してくれることを心から嬉しく思っています。岡根氏や私のお知り合いにも多数お会いできるのではないかと…それも楽しみです。どうかみなさん、下津井まで足を運んで見に来てやってください。お待ちしております。
   

ご無沙汰しておりました。 

2012年09月30日(日) 17時42分
大変長らくごぶさたし、申し訳ありません
忙しかった?いいえ、どこかへ行ってた?いいえ、・・・サボってた?はい
とくにブログを見てくださった皆さん、コメントをくださった大事なお客様、かわいいかわいい教え子も皆さんごめんなさいね
ところてんやでんでんは、しっかり続けています。奥まっているのが困るんです。お客様がわかりにくい。中は

外見は

名物ばあちゃんが乾物を売ってます。
10月10日(水)よりかつての同僚だった岡根誠先生(現在茶屋町小学校勤務)の個展をいたします。岡根先生は、新採用の頃から芸術活動と教育活動を両立してこられました。今回は前期(10〜12月)と後期(1〜3月)と長期に渡って、主に版画の作品を展示いたします。また、記帳していただいた方には、飲み物、甘味、ところてん等どれも100円引きとサービスいたします。tどうぞ、皆さまお誘い合わせの上、下津井茶店でんでんまでお越しくださいませ。
定休日は、毎週月・火
営業時間11:00〜16:30(土曜日のみ13:00〜16:00)
都合で11月11日と18日(日曜日はお休みいたします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oden21
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像きみえもん
» でんでんオープン1カ月 (2012年02月22日)
アイコン画像きくさん
» ところてん専門店をオープンしました。 (2012年02月19日)
アイコン画像西原稔
» ところてん専門店をオープンしました。 (2012年02月13日)
アイコン画像名探偵コナン・ミステリーツアーにて
» ところてん専門店をオープンしました。 (2011年08月15日)
Yapme!一覧
読者になる