宇宙戦隊キュウレンジャー Space.25「惑星トキ、少年の決意!」

2017年08月13日(日) 17時30分
12人になった戦隊をどう見せるかと思っていたら、時計できましたか。
エグゼイドのラスボスも時計をイメージしていたところにそれって、なかなかうまい。

そもそも占星術や宇宙では「時間」が強く関わる。
また過去のトラウマを乗り越えるという意味でも「時間」が関わる。

今回、ドローンを使ってなのか、上空から森林を撮った画もよかった。
惑星観が出ていたので。

惑星トキでのことは、小太郎にとって辛いものだったけれど、前向きにもなれた。
悪いようにとれば、自分の手で母の面影を消すということだったけれど、よいようにとれば、母と再会できた上に成長した息子の姿を見せることができた。

この流れでいくと、トケイキュータマはクロノスのポーズよりもずっと有益になりそう。

そういう話になると重くなりがちになるところ、マーダッコのアクの強いキャラでバランスをとっていた。
そもそも12人が総出となると、それだけで密度が濃い話になるのは必然。

しかし、小太郎くん。
指差ししてくるとは。
惑星トキに向かってだけど。

それにしても12人というのは多い。
全員出動するとやたらとカラフル。
それでか、フクショーグンを出して来たのは。

12人総出でないと、達成できない課題も出して。
それを30分以内にやるというのは、実際の放送時間と重なる。

スパーダのトラウマはマーダッコでしたか。
当然といえばそうだけど、今回はマーダッコ祭りというか、それにスパーダがいいように使われたみたい。
スパーダさん、夏仕様のキャップもかわいい。

そして、それぞれ自分のトラウマと戦う。
ビッグベア総司令やクエルボのガワを作ったのも回想シーンだけじゃ、勿体ないからね。

ガルの女装も。
一話だけじゃ勿体ないってか。
それに乙姫ガルさんってば、両手でガルをお出迎えしてかわいいし。
それ、ワタシもやってみたかった。
激しく蹴り倒されちゃうけど。
その蹴りすらもかっこいい。

バランスのところに出たのはナーガ。
そこには何の問題もないんじゃ。
ひたすらかわいいBN団が見られたし。

アントン博士については、このためだけにキャストさんを呼びたくなかったのか、うまい具合にお顔が葉っぱで隠れてた。
そこに泣けたわ。

ナーガのところには、誰も出て来なかった。
ナーガはそれを気にしたけれど、トラウマがないと思えばよいのでは。
これが次回への伏線のようで。

ラプターへのプロポーズは、伏線ではないと思うけど。
ていうか、それって過去とか関係ないんじゃ。
現在進行形の妄想なわけで。

そこでのツルギさん、婚姻届というのが合理的で笑う。
さすが。
振られたら、妄想でも「なんてこった!」とか言いそう。

マーダコさんもさすが。
カジキを横から攻めるとは。
前から攻めたら、目にくるよね。
と思ったら、あの尖端をプッシュするとは!

そこっ(笑)。

あのトンガリを!
めっちゃ尖ってるのを!
それ、笑うから、やっちゃいけないやつ!
オモシロスギタ。
そこからのビンタってのも。

新たに再生されたマーダッコのキャラは、そうきましたか。
そろそろネタにつきたかと思ったら、また濃いめのキャラ。
若干、視聴者をいじっているような。

その頃、小太郎は母と再会。
エグゼイドでもそうだけど、このところの母親役って若いよね?
若くして亡くなった設定としても。
その小太郎の母役の方、どこかで見たような…と思ったら、ボウケンブルーの猫ちゃんでしたか。

小太郎の姉のように見える母。
その母に弟の近況も伝える。
それを聞いて視聴者も安心。
と思いきや、ゼンマイを巻くことで残酷なことが起きる。

逆にビッグベア総司令と仲良く談笑している姿は、ナーガには見せたくないので、早くゼンマイを巻かないとね。

そんな重い空気を変えるのは、ござるなマーダッコ。
マーダッコさん、ガルに結構な蹴りをいれたよね?
いいなタコ。
後でガルにも抱きついていたし。
なんてこった!

今回の小太郎をフォローするのはツルギ。
他のメンバーでは役不足なところはツルギが補う。
なるほどね。

そして、小太郎の母が見守る中での救世主達の変身。
すごいよ、12人だよ。
画面を三分割してきたよ。
しかも、その場で名乗ってからの12人総出の決めポーズ。
背後に爆発背負って。
ドドーンッと!

ブラボー!
鳥肌もの。
めっちゃロックになってたし。
その勢いで、テッチュウとタコを12人で倒す。

タコさんは再び倒される。
「推しにやられて悔いなし」って言って。
全国のテレビの前の大きいお友達が、どんだけ笑ったか。

マーダッコのキャラって、これっきりなの?
もっと見たいような。
というか、これ以上のキャラが出せる気がしない。

小太郎もなかなかの働きっぷり。
フクショーグン相手に大きくなっちゃうなんて。
等身を変えちゃうのは、ちょっとズルさを感じるけど、子供だから許せる。
戦隊の聖地でやたと爆発してたし。(CGのようだけど)

キュータマジンはやはり全員搭乗仕様でしたね。
そうじゃないと戦隊の意味がないし。
指示を出すのはツルギ。
そこで役割り分担をちゃんと見せていた。
フクショーグンでも、2回の放送で退場でしたか。
あっけなかったような。

ラストの小太郎が母に抱きついたシーンでは、うっかりホロリときてしまった私。

小太郎くん、宇宙の平和のために頑張ったら、また惑星トキにくるといいかも。

次回はナーガに期待。
面白い気がしてならない。


ではでは、こちらはまた来週
  • URL:http://yaplog.jp/odangotea/archive/6288
トラックバック
トラックバックURL 
宇宙戦隊キュウレンジャーの第25話を見ました。



第25話 惑星トキ、少年の決意!

キュウレンジャーは宇宙の時間を司るトケイキュータマのある惑星トキへ向かい、トケイキュータマを手に入れるためには12個のゼンマイを30分以内に巻かなければならない。
「よっしゃラッキー!ツルギも入れて入れてちょうど12人、トケイキュータマ手に入れたも同然だぜ!」
ツルギも仲間となり12人と...
MAGI☆の日記   2017年8月13日(日) 20時07分
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
クッキーに保存