仮面ライダードライブ 第4話 「誇り高き追跡者はなにを思うのか」

2014年10月27日(月) 00時10分
ロイミュードの正体は、やはり画家とその弟子でした。
という流れにおまけを付けてきましたね。
画家は本物ではなかったという。

容疑者がどうもストレートすぎると思ったら、そんな小技を出すとは。
「データ化」という悪事を意味付ける上でもいいオチ。
絵から戻った人が出なかったのは、撮影の都合かな。

そして、また世界観を説明してきた。
ロイミュードの目的。
そして、チェイサーの役割。

その目的を達成することがクライマックスにつながるのでしょうけれど、この分だとどんどんと仮面ライダーに倒されてロイミュードは友達が減るのでは。

最後に幹部だけが残りそう。
そう思うと幹部がみなさんイケメンでよかった。
チェイサーさんに追いかけられるなら、捕まってもいいと思うし。

今週のトッキュウジャーで追っかけくんが出たのは、こちらのチェイサーに合わせたのかも。追いかける意味がだいぶ違うけど。

そのチェイサーさん、ドライブと近い存在なのか。
名前からしてドライブに近そうだし。
変身の仕方とかもね。

進ノ介に無口と言われちゃったチェイサーさん。
そのせいか、二度目に会ったときはペラペラと話してくれた。
気にしてたんだね。(違うって)

ところで、ベルトさんは誰と会話したのかしら。
新戦力を急がせた相手が気になる。
そうやって、何かをほのめかすのっていいね。
いつかその相手が出て来るんじゃないかという期待があって。

追田さんが、どんよりやロイミュードのことを信じないということも。
そういう視聴者に軽いストレスを与えることはいい。
いつかは認めるという流れになるでしょうから。

台詞も計算されている。
ペイントの「人間には決して裁けんよ」の言葉を出した後、進ノ介が結果的にそれをやってのけるという。

でも「三流芸術家」ってのは、ちょっとひどいような。
ご本人は聞いていなかったけど。

新戦力のネーミングもストレートすぎ。
「ハンドル剣」って、まんますぎる。
二度と忘れないけどね。

ピコピコも。
あのヘルメットを見たら、どんな機械なのか二度と忘れない。
そんなものをかぶっている中、霧子ちゃんがシリアスな展開になるとはね。

その頃、ドライブとチェイサーは追いかけっこ。
相手がチェイサーというだけあって、カーアクションがイカス。
追いつけなかったけどね、チェイサーさん。

そして、進ノ介はがっつり名乗っちゃいましたね「俺は仮面ライダードライブ!」って。「ライダー」に疑問を持たないところがステキ。

人に言われた言葉を素直に使う。
さすが考えないことにしちゃう人。
ペイントに種明かしもしちゃうという親切さ。
そこはディメンションキャブのお披露目なんでしょうけど、なんか卑怯。
ドラえもんの道具みたい。

体が分かれちゃうってのも気持ち悪いというか。
そこは進ノ介は気にしないんだね。
そういう人だから、777が出せたのかも。

だから、誰がこんなメンドクサイシステムを考えたんだろう。
シリアスシーンにべガスは使えないかもね。

そして、次回はりんなさんが気になる。
裏切ったんですかー!…のキャラではないとは思うけど。

次回や先が気になる運びがうまいですね。
霧子と早瀬の心からの笑顔、それがいつか見られるんじゃないかという期待も持たせて。

サブタイトルの疑問も徐々に答えが出るというスタイルも。
計算づくでありつつ、キャラにクセをつけたりと。
なもんで、悪口の感想が書けないという寂しさ。


ではでは、こちらはまた再来週
  • URL:http://yaplog.jp/odangotea/archive/4368
トラックバック
トラックバックURL 
第4話「誇り高き追跡者はなにを思うのか」
Hybrid-Hills   2014年11月3日(月) 00時21分
仮面ライダードライブの第4話を見ました。



第4話 誇り高き追跡者はなにを思うのか

「泊さん、どうしてあの時防戦一方で逃げ出したんですか!?」
「だってさ…あの死神のダンナ、相当強かったぜ」
「だからって!」
「何より人間が入ってる絵がそばにあったんだ」
「え…!?」
「頼りなく見えるかもしれないけど、俺も一応警察官なんでね。何とかして絵だけでも浅矢から押収してや...
MAGI☆の日記   2014年10月27日(月) 10時38分
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
クッキーに保存