【 更新情報 】

特選情報公開中!!


おだんご髪型その他の情報

おだんご髪型について注意点や様々なアレンジ方法を紹介してきましたが、おだんご髪型を自分で作るが面倒臭い、あるいはおだんご髪型を作るにはちょっと髪の毛の長さが足りない、という人もいると思います。そういう人には「つけ毛」をオススメします。おだんご髪型のおだんご部分のみが販売されています。つけ毛と呼ぶにはやや大きいですが、ウィッグと呼ぶには小さい、というものです。商品名は「でかだんごウィッグ」というものですので、検索して調べてみて下さい。この「でかだんごウィッグ」カラーバリエーションも様々用意されていますし。中にワイヤーが入っているので、高さを出すようなおだんご髪型を作りたくても作れなかった人には超オススメです。値段も3000円もしないで購入出来るので、1つ手に取ってみてもいいと思います。おだんご髪型を美容院で作ってもらう時は、自分の作って欲しいおだんご髪型のイメージを明確にしておきましょう。一言で「おだんご髪型」と言っても、非常に多彩なバリエーションがあるので、美容師からあれこれと質問されると思います。それに上手く切り返せず、あたふたしてしまうようなら、自分が理想とするおだんご髪型の写真や画像を美容院に持っていくと良いでしょう。そうすればイメージと出来上がりのずれが解消出来ます。

おだんご髪型の亜流、ハーフアップ

おだんご髪型というのは基本的に頭のトップにおだんごを作る、あるいは両サイドに2つおだんごを作る、というのが主流です。ここではおだんごを作りながらも半分の髪の毛は下ろしている、というハーフアップのアレンジについて紹介していきたいと思います。ハーフアップのアレンジは、単純なおだんご髪型に飽きてしまった時にやってみると気分が変わっていいと思います。ハーフアップスタイル自体はみんな似たようなアレンジになってしまったり、かわいらしい印象を与えすぎるというのがデメリットとしてありますが、前髪をふんわりと立ち上げてリーゼント型にすると違った雰囲気が出て、シャープな印象を与えます。まずサイドの髪を後ろできっちり留めます。そのまとめた髪をねじり、ラフな感じを出すためにところどころ手でひっぱり崩していきます。ねじった髪の毛をゴムで留めた根元にまとめ、Uピンで留めます。次に前髪ですが、前髪はふんわりと持ち上げてねじります。全部持ち上げることはせずに、一部は前に垂らし、キツい印象を与えないなアレンジを作っていきます。ここで作った前髪のふんわり感を残したままアメピンと飾りピンで留めます。最後にサイドの遅れ髪をコームで撫で付けます。これで完成です。

バレエや浴衣の髪型はぜひおだんごに

おだんご髪型を作る機会が多いのはやっぱり着物や浴衣を着る時、そしてバレエをやる人だと思います。着物も浴衣もそれ自体着るのが大変ですし、特に着物の場合には着崩れが気になって髪型の崩れなんて気にしていられないと思います。バレエの場合も美しく見せるのがバレリーナの勤め、ですから、おだんご髪型の崩れは絶対に許されないものだと思います。しかしどうしてもおだんごにしたい、おだんごにしなくてはならない、という人もいるかと思います。崩れにくいおだんご髪型を作る上で更に注意したいポイントをいくつか紹介してみたいと思います。そのうちの1つは、まず1番最初に作るポニーテールの部分をいかにちゃんと作るか、という部分になります。ポニーテールを作りたい位置に髪の毛をまとめあげてゴムで止めてしまいましょう。その上で耳より下には多めにワックスをつけましょう。前にも触れましたがこれは崩れにくくする為です。耳より前にはあまりつけないで下さい。次にゴムを外してきちんと手で維持し、もう1度耳より下の髪の毛をコームなどできれいに集めます。ここで顔を上向きにする事がコツです。最後に髪の毛をしっかりとくくれば完成です。こうすれば動き回っても崩れにくいおだんごが出来上がります。

大人っぽいおだんご髪型

大人っぽいおだんご髪型、というのがあるのかよくわかりませんが(笑)やっぱりいつでも崩れやほつれがなく、ピシっとしたおだんご髪型にキマっているのが「大人っぽいおだんご髪型」と言えるのではないでしょうか、まず始めに注意して頂きたいのは、基本的におだんご髪型にロングヘアーは向いていません。髪の毛が長くてもよほど梳いてあって毛量が少ない、軟らかい髪質である、というなら話しは別ですが、そうでなければ長い髪の毛でおだんごをつくるのは難しいです。仮に出来たとしてもおだんご髪型を維持するのが大変です。どうしてもほつれやすくなりますし、ほつれにくくしようとあれこれ手を加えると頭が重くなってしまいます。やっててたぶん嫌になってしまいます。長さ的には限界は背中の真ん中くらいまでです。逆に短過ぎてもおだんご髪型は出来ないですからね。その上でおだんご髪型にするなら髪の毛を十分梳いて下さい。ピンを使う場合、Uピンを使ってみましょう。飛び出る毛先はUピンで押さえ、崩れやすい部分や生え際は普通のピンで押さえます。ピンの使い分けがコツです。これで型崩れは防ぐ事が出来ます。コイル状のピンなんかもオススメです。崩れにくさだけで言えばこのピンが1番です。

おだんご髪型流行中!

最近おだんご髪型が少しずつ流行の兆しを見せていると思いませんか。タレントでもオセロの松嶋さん、ベッキーさん、長澤まさみさんなど、おだんご髪型でブラウン管に登場する人が増えてきたから、というのも影響しているのではないでしょうか。おだんご髪型は崩れないように作るのがとても大切です。崩れたおだんご髪型は貧乏なおばあさんみたいな印象を与えてしますが、家を出る前に一生懸命作ったおだんご髪型が昼から夜にかけてどんどん崩れていってしまうという事はおだんご髪型の悩みとして1つあると思います。その度にトイレなどで直した経験のある方も少なくないのではないでしょうか。おだんご髪型を崩れにくく仕上げるには、ちょっとしたコツさえ押さえれば簡単なんです。まず絶対的な鉄則にも関わらずやっている人があまりいないのは、おだんご髪型を作る前に髪の毛にしっかりワックスをなじませておく、ということです。こうすることによって髪の毛が徐々にほつれてくることを防ぐことが出来ます。ワックスのベトつきが苦手な人はハードタイプのムースでもOKです。しかしホールド力はワックスに分があります。ムースを使う場合はヘアスプレーを併用しましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:odangohair
読者になる
2009年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる