稼ぐ脳

March 21 [Mon], 2011, 6:25

キャッシング比較ナビ


頭がもっと良くなれば仕事もどんどんできるようになるだろうとか、
記憶力が良くなればこんなに苦労しなくて済むのに、
などと思ってはいないだろうか?


脳には人それぞれに個性があり、
他人の頭の良さや記憶力の良さを羨ましいと思っても、
何の解決にもならない。


大切なことは、
自分の脳の個性を知って、
上手に使っていくことだ。


さらに、最近の脳科学の進歩で分かってきたことは、
脳は環境によってどんどん変化し、
使い方次第で良い方向へ作り変えていくことができるということである。


大人の脳の神経細胞は減っていくばかりだから、
歳とともに脳の機能は悪くなっていくものと思われていたが、
仕事のできる人、成功した人は、年齢に関係なく、
脳を常に活性化させ、鍛えて、どんどん作り変えているわけだ。


ビジネスをやっていく上では、
やはりそれに適した脳の使い方や鍛え方がある。


アコム


自分の脳の個性を知ることも重要だが、
いかに「仕事脳」に作り変えていくかが問題になる。
「とにかく人より努力して」というのでは、
あまりに無駄が多い。


もっと脳科学に基づいた、
脳の鍛え方や使い方がある。


脳科学のちょっとした知識を持つことで、
それは可能になる。


しかし、テクニックだけを身につければいいというものではない。


もっと普段の生活の中で、
無理なくやっていかないと長続きはしない。


これはまさに、健康作りと同じようなものだ。


ある食べ物がいいと言っても、
そればかり食べていればかえってマイナスになるし、
運動は身体にいいと言っても、
運動を毎日続けることができなければ意味がない。


長い期間、無理なく続けられる方法こそが、
脳を最高の仕事脳、つまり『「稼ぐ」脳』へと変化させる。


どんな行動であれ、私たちが毎日生活行っていくことは、
脳から出た命令、判断が支配している。


そこに的確な決断、行動が無ければ、
結局のところいい仕事はできないし、
夢を叶えることも無理だ。


モビット


「人より倍働け」とか「もっと努力しろ」といった、


経験だけに基づく自己啓発書は数多くあれど、
それらには科学的な意味は無い。


あくまでも、その人にはその方法がうまくいったということに過ぎない。


万人にそれが通用するわけではない。


重要なことは、仕事ができる人たちの脳の使い方のコツを知ることである。


それを自分に合った方法で実現していけばいいのだ。


脳は変化する。


自分の努力や生活習慣で変えていくことが可能なのだ。


それがなかなか実行できないのは、
あなたの生活習慣、
考え方などに問題があるということになる。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oda0221
読者になる
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oda0221/index1_0.rdf