ETFを使えば分散投資を手軽に実現できる

November 22 [Sat], 2014, 20:49
ETFは各市場の代表的な指数に連動しているため、個別銘柄より値動きがわかりやすく、投資先が明確で理解しやすい商品といえます。

また、特定の銘柄に投資が偏らず、投資信託のような分散効果を期待できます。
ETFには、主な取引手数料として、売買手数料と信託報酬がかかります。

信託報酬については、ETFは0.23〜1.0%程度と投資信託より安いものが多いのも、大きな特徴のひとつです。
取引をする際は株式取引と同様の売買委託手数料がかかります。

ETFは証券取引所に上場されているため、株式と同じように、市場が開いている時間はリアルタイムの価格で売買が可能です。
また、株式投資と同じように、売買価格が指定できる指値で注文することも可能です。

米国株優良銘柄60代運用プラン資産運用 出口戦略
アメリカ経済成長強迫性障害即日キャッシング

住宅ローンの延滞について

September 16 [Mon], 2013, 11:06
景気が良かった時に家を建てて、住宅ローンを払い続けていても、景気の悪化で支払いが滞ることはよくあるケースです。
住宅ローンの延滞をすると、どうなるのでしょうか。
もちろん、1回くらいの延滞であれば、ほとんど影響はありません。
しかし、それが頻繁になると問題が出てきます。
そもそも、延滞になるということは、家計が非常に厳しいということを示しています。
努力して何とかなる話ではないという状況ということです。

若いのにリストラされたりすると、状況はもっと厳しくなります。
アメリカのサブプライムローンも同じですが、支払い能力以上のローンを組んでしまったために、どうにもならなくなるということです。
延滞を繰り返していると、他行への借り換えもできません。
支払い能力がないとみなされるからです。

住宅ローンの延滞をしそうなときは、まずは銀行に相談することです。
延滞を許容するかどうかは、貸し付けている銀行の判断になります。
将来的に支払えると判断されたら、返済計画を見直すなどの対応策を考えてくれるでしょう。
世間体や見栄を気にしていてはいけません。
もちろん、家族で相談することが最初ですが。

本当に支払えないのであれば、住宅を売却することも考えなければなりません。
高級住宅に住んで毎月延滞するよりも、安いアパート暮らしの方が気は楽になります。
ただ、住宅は一生で一番高い買物という言葉もあります。
手放したくない気持ちもあることも事実です。

生命保険 「貯蓄型」と「掛け捨て型」

May 30 [Thu], 2013, 22:35
死亡保障を準備するための保険は、大きく「貯蓄型」と「掛け捨て型」に分けられます。

貯蓄型と掛け捨て型

「貯蓄型」の保険には、終身保険と養老保険があります。
終身保険は、保障が生涯にわたって続くもので、どんなに長生きしても保障が途切れることがない安心感があります。
また、人間はいつか必ず亡くなるため、解約しない限り必ず保険金を受け取ることになりますし、解約した場合は一定の返戻金を受け取ることができます。

養老保険は、10年、20年といったように、あらかじめ保険期間が決まっており、その期間内に死亡した場合には死亡保険金が、生存して満期を迎えた場合は満期保険金が支払われる仕組みです。
生死いずれの場合も一定期間に必ず保険金がもらえるのが魅力で、予定利率が高かった時期には、貯蓄代わりに活用していた人も多くいました。

「掛け捨て型」には、定期保険があります。
定期保険は、養老保険と同様、一定の期間だけを保障するものですが、満期保険金がありません。
つまり、その期間内に死亡や高度障害にならなければ保険金は受け取れず、保険料が掛け捨てになるというわけです。
また、よほど保険期間が長くないかぎり、中途解約をしても返戻金はないか、あってもごくわずか。そのぶん、終身保険や養老保険に比べて、保険料が非常に安いというメリットがあります。
期間の満了後は、健康状態にかかわらず自動更新され、保険料が上がる仕組みです。

OL株おすすめOL株式投資株初心者株式投資儲かるブランド銘柄株生活必需品銘柄株式ヘルスケアーセクター銘柄お金を増やす資産運用方法分散投資債券ETFアセットアロケーション投資リターン株式インデックス外国株式投資外国株外国株式ETFETF銘柄米国株式市場トップダウンアプローチ株式投資銘柄ETF外国債券お金を増やす債券投資ETF債券投資ETF銘柄米国債券米国優先株お金持ちになる方法社債購入方法老後資金米国債投資高利回り債券副業 副収入副業稼ぐSEOETFメリット債券ETFETF銘柄



くりっく株365の流動性

February 17 [Sun], 2013, 17:53
くりっく株365もくりっく365と同じように、常に価格が動いているので、その時々の値動きに応じて売買ができます。
これがインデックスファンドのような投資信託になると、値段が付くのは毎日1回だけになりますので、その日の取引が終わった段階で計算された価格によって、購入価格と解約価格が決められます。
たとえば前場の安いところで買って、後場の高いところで売るといった取引はできません。
くりっく株365なら好きなタイミングで取引が可能です。
これなら短期のトレーディングに用いることもできます。

くりっく株365の場合、複数のマーケットメイカーという金融機関が売値と買値を提示しています。
このなかで東京金融取引所が、投資家にとって一番安い買い価格、一番高い売りの価格を抽出して提示してくれます。
現時点で、いくらで買えるのか、いくらで売れるのかということが、リアルタイムで分かる仕組みになっています。

いつでも売り買いできるようにするためには、常にマーケットに流動性が無ければいけません。
短期のトレーディングを中心に考えている人にとっては、やはり流動性がとても大事になってきます。
というのも、自分が今、このタイミングで買いたい、もしくは売りたいと思った時、その値段で売買が出来なかったら、それはリスクにつながってしまいますから。

個別銘柄になると、時々、株価が付いていないということがあり、いざ自分が売ろうと思った時、株価が付いていなかったら、売ろうにも売れないし、売りたいという投資家ばかりだと、株価が付かないまま、次に株価が付いたときには、自分が売ろうと思っていた株価よりもはるかに下がってしまい、結果的に損失が拡大してしまうということにもなりかねないということになります。

くりっく株365の場合、複数のマーケットメイカーがいて、買値と売値を提示してくれています。
投資家が取扱会社に委託した注文は必ずマーケットメイカーの買値か売値とくっつくのから、マーケットメイカーが流動性を供給してくれる限り、売るに売れない、買うに買えないというリスクは、出来るだけ小さくなっています。

個別銘柄投資では、投資家の注文が一方向に殺到して、売りたくても売れない状況が生じたりすることがありますが、くりっく株365の価格提供の仕組みなら、売買機会を逸したり、流動性がなくなるリスクは小さいと言えるのかもしれません。

サラリーマンお金持ちお金持ちへの近道他人のお金で投資金持ちは資産を買う
不動産投資はサラリーマン向きサラリーマンアパート経営サラリーマンマンション投資
アイデアはお金金持ち父さん資産と負債
社債購入方法米国債券投資米国債外国債券投資
老後の必要資金老後資金貯める方法老後資金運用老後資金老後の生活費

外国債券の魅力とリスク

August 18 [Sat], 2012, 23:55
現在、円建ての定期預金などを十分に保有していると考えられるなら、投資ポートフォリオの中に外国債券を検討してみるのも良いのではないでしょうか。
外国債券を投資ポートフォリオの中に組み込むと良い理由は、日本国債に近い安全性と日本国債より少しは高いリターンを狙いつつリスク分散することが目的です。
人気の外国債券の投資信託は基本的に、発行体や5年物・10年物といった期間など、ある一定の条件を決めて債券を買い集めて満期まで保有し、集まってくるクーポン部分から分配金を出しているファンドが多いです。
外国国債が日本国債より魅力的になっているのは、クーポン部分が日本国債より高めであること、つまりは、その国の金利が日本より高いからです。
したがって、個人投資家にとって債券のリスク管理は、デフォルトリスクの可能性に気を配ることと、金利動向を読むことに尽きます。
どちらも、発行体が外国であると情報収集・分析が難しくなります。
債券に限らず外国資産への投資に付きものの「為替変動リスク」も当然無視できません。
機関投資家のポートフォリオ内の外国債券は、ピンポイントでどこかの国の債券へ投資するケースもありますが、大半はインデックスを活用した運用になっています。
外国とはいえ、先進国とか新興国といったグループ単位を投資対象にしておけば、リスク管理の効率がかなり上がるからです。


外国債券投資信託の中でも外国債券ETFを活用するのがおすすめです。

東証に上場する外国債券ETF

ABF汎アジア債券インデックス・ファンド(アジア国債・公債ETF)
上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型


サラリーマンお金持ち米国債社債老後資金マンション投資 リスク
外国債券海外株式消費者金融不動産投資お金を借りる
キャッシング老後のお金即日融資高金利ファンド

ETFの特徴

December 10 [Sat], 2011, 22:11
ETFは、個別の株式や一般的なインデックス型の投資信託と異なる特徴を持っています。
その中から主な特徴を4つ紹介します。

分散投資
ETFは特定の株式指数や債券指数への連動を目指すため、幅広い銘柄に分散投資が行なわれ、個別株式への投資と比較するとリスクが分散されます。
約10万円程度からの投資が可能で、指数を構成する個別の株式に投資するよりも少額で分散投資ができます。

割安な手数料
国内ETFのお取引の際には、国内株式の取引と同じ売買手数料率で購入が可能です。
また、信託報酬も一般的なインデックス型の投資信託と比較し、低く設定されていますので、売買や保有にかかる手数料は割安といえます。

株式同様の売買が可能
国内ETFは、金融商品取引所に上場されているため、取引時間中であれば、いつでも売買が可能です。
また、一般的な投資信託ではできない指値や逆指値などの注文方法や、信用取引での取扱いができる銘柄もあり、いろいろな取引が可能となります。

分かりやすい値動き
株価指数や債券指数などの特定の指数に連動することを目的として設定されているため、比較的わかりやすい金融商品です。
日経平均株価指数に連動するETFならば、日々、ニュースなどで目にする日経平均株価指数と同様の値動きになるため、個別の株式銘柄に投資することに比べて、容易に情報を得ることができます。



海外ETFとは
海外ETFは、ニューヨーク証券取引所などの外国の証券取引所に上場されている投資信託で、特定の指数に連動することを目的として運用されます。
通常の外国株式と同じように売買が可能です。
先進国・新興国・商品など様々な投資対象があります。

株式投資 初心者外国株式インデックス外国債券投資米国債券購入
海外ETF購入外国債券購入外国債券ETFおすすめ投資信託


アセットアロケーション(分散投資)

May 12 [Thu], 2011, 21:00
1つの資産や銘柄に集中投資することは、あなたの大切なお金を、その資産や銘柄の動きのみにゆだねることになります。
しかし、じつは投資できる資産や銘柄は数多く存在し、それぞれの価格は独自の特徴をもって独立して動きます。
従って、異なる資産や銘柄に少しずつ分けて投資することで、お互いの動きが相殺しあって、比較的安定したリターンを期待できるようになります。
リスクをコントロールする為の鉄則は、自分の投資額を異なる資産に配分することです。
投資資金を異なる資産に配分することをアセットアロケーションともいいます。


優先株

January 01 [Sat], 2011, 12:35
普通株だけでなく優先株を発行する企業もあります。
優先株は通常、定期的に決まった配当を得られるため、魅力的な投資対象となりえます。
株価も、通常株に比べ値動きが少ない傾向にあります。
実際には、優先株の株価は債券価格と同じように、金利とともに変動する傾向があります。
このため、このタイプの株はハイブリッド投資商品とも呼ばれています。
なぜなら、普通株の特徴と、確定利付証券の特徴を併せ持っているからです。


調整局面  株式・債券など

July 10 [Sat], 2010, 22:59
調整局面とは、個別の株式、債券、商品、指数、あるいは市場全体の価格が下落することです。
多くの場合、突発的かつ大幅で、下落率が10%以上であることが多いです。
市場調整による下げ幅が10%を超え、かつ証券価格の回復が比較的遅い場合、それが下げ相場の始まりを告げる調整局面であると指摘するアナリストもいます。

安定・成長協定

March 27 [Sat], 2010, 0:42
安定・成長協定とは、EUの通貨統合参加国に財政規律を義務付ける協定のことです。
1999年1月の通貨統合後も単一通貨ユーロを安定化させるため、1997年6月のEU首脳会議で合意しました。
ある国の財政赤字が国内総生産GDPの3%を超えた場合、制裁金を課し。無利子で積み立てます。
2年以内に赤字が減らない場合は、制裁金は没収されることになっています。
P R