佐古と亀田

January 23 [Mon], 2017, 12:42
看護職の人がジョブチェンジする動機としては、キャリア開発としておくのが賢明です。かつての上司や同僚ととそりが合わなかっ立とか、待遇が良くなかっ立といった、負の動機であった場合、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。

それがいくら事実であろうと真意は胸の内だけでよいので、未来志向である事を印象付ける志望理由を表明してちょうだい。



実際、看護師が転職する理由は、人間関係が上手にいかないことなのが少なくないです。


女の人が大半を占める職場ですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。

その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する要因となる人もいます。

厳しい環境の中で無理して働いていると、健康を損ないますから、できるだけ早く転職すべきです。

看護師になるための国家試験は、年に1度開催されます。
看護師の人数の不足が問題視されている日本にとっては良い事に、直近数年の看護師資格の合格率は90%前後とすごく高い水準を保ちつづけています。看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができてれば合格可能な国家試験です。高校に入った時点で衛生看護科を選ぶと、他のやり方とくらべて早く国家試験の受験資格を得られるため、看護師になるのに、最短の道を歩むことができてるでしょう。ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変更するのは簡単ではありません。


さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、試験までの期間が短いために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。看護専門職が違うしごと先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。



面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、看護職員不足であるにもか代わらず不合格になる可能性があります。
雇用契約の内容が他よりよければもちろんのこと応募者数も多くなりますから、慢心することなく念入りに用意して採用面接に向かうことが大事です。



身だしなみを整えしっかりとした格好をして、明朗快活に返答するように心がけましょう。看護師の資格を取るには、何通りかの方法が考えられます。
看護師免許を得るためには、国家試験を受験しなければならないのですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。

試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護を学ぶ必要があるのです。
産業看護師とは一般企業ではたらく看護師をいいます。

看護師といわれると病院、クリニックの印象が強いですが、医務室などを設置している企業もあって、そういう場所に勤務する人もいます。具体的なしごと、その果たす役割は勤務先ごとに違いますが、従業員の健康を守り、管理することは基本的なしごとでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:莉心
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる