すずこのエトピリカ

December 17 [Sat], 2016, 20:22
かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、着物や帯の点数が多かったり、店舗が遠かったり、あっても駐車場がないと、持参するのに苦労しますね。


それなら、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。
業者が個々に定める分量に足りない場合は利用できないこともあるので、あらかじめ電話で確認しておくと良いですね。

着物専門の買取業者さんというと、このごろは宅配を利用するものが珍しくないようなので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、この際、処分しようかと考えています。モノは悪くないので、買い叩かれないように、できるだけ信頼できる業者さんにお願いしたいですね。中古品の買取は古物商免許が必須ですから、それを目安にして査定をお願いするつもりです。
着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、実家にはたくさんあります。色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、査定士さんはきちんと見た上で買い取ってくれました。いまどきの買取は、昔なら断っていたようなシミでも、店側で専門の人が染み抜きをするのだそうで、問題視しないで買い取るそうです。
もちろん、お値段は「相応」のものになります。

いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。



着物としての様々な価値を調べられ、さらに状態をチェックされます。
いくら着物として上等であっても、保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていれば本来の価値を認めてもらえないのは仕方ないと思ってください。

ただし、簡単にその汚れを落とせる場合、それなりの値がつくこともあり得ます。



くれぐれも素人判断は禁物です。
その道のプロに見てもらうことをすすめます。もう着ない着物があって、高値で買い取ってもらえたらすごく得をした気分ですよね。
新品に近い見た目であれば、高く買い取ってもらえる期待も持てます。流行の柄、あるいは人気の柄、素材も有名な産地だったり、高級なものだったりすれば高価買い取りも夢ではありません。



そして、着物でなく反物のままでも買い取ってくれるところがほとんどです。反物も着物と同様に考え買い取ってくれるかどうか聞いてみるといいでしょう。



着物の保管や手入れは、実に面倒なので着ない着物をとっておくよりも手放すことを考え、専門の業者に見てもらった方がみんながすっきりすると思います。
余計な負担がなく、高値で買い取ってくれる業者はどこか多くのデータを集めて決めたいときにはインターネットの検索を工夫して自分が納得できる買取ができそうな業者を見つけましょう。
良い状態で保管されているか、織りや染めの作者など査定されますが状態がいいことは、その他の価値に優先します。



サイズが合わない着物の買取先を探していたら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。古いよりは新しくて使用感のない着物のほうが高値になり、汚れや傷みがあると、それなりの価格になってしまうこともあり、価格がつかない(引き取らない)こともあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。

値段がつかないというものはさすがになさそうだし、とりあえず買取査定に出してみようと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Daiki
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/octkmus0inalnc/index1_0.rdf