来世の出会いを予約する

December 02 [Mon], 2013, 12:25

ある人は言います:“私達は復雑すぎ、やはりよく簡単すぎて。感動しやすいが、忘れがたい。チョウのように花を懐かしがっているが、自分の最も美しい年月。」
--題言
「衆に尋の彼を始め、ふと振り返ると、あの人は燈火闌珊処。」辛弃疾で終わる「青玉案」と生命の中で秘め泯の優しさを千年後の人、世の中に、こんな態度を翻すの愛情、訴えてしきりに探しの呆然とする、納蘭「等閑になってからは、心と心が変わりやすいので。」刘禹锡「長恨心より水、わけもなく突然波瀾が起こる。」野の花漂う振幅、緑の草のすさまじさに震えて、初めの緑の柳はとっくには当初の悠々碧水春水1大きな川、1大きな川、秋の寒、例えば黛山めぐる想いが、「金井桐秋葉黄、珠簾は巻夜来霜、晩秋の夕陽とキスをしたこの繁華街の古い町で、僕は歩いているこの紅葉がひらひらする路地、減速している自分のペースを考えていて、その中の人、匂い殘草枯れ葉の味、鳥の声を聞いて遊んで、どうしても新覚一筋の重牛欄牌回收い。
日の足をしっかりとともに私のペースで、逃げ脱がない、忘れられないで、私は戻って来る時の小道、孤独に耐え忍ぶ、前向きに頑張りを求め、時の夢は、すべての人はすべて変わった当初の姿、一葉枯れ落ち、いつ故人怜の、百花彫るゼロの迷い呼んでいる、初冬の含情、晩秋、過去を振り返って見ても最初のの渋い、片ひざを抱いて、腰掛けの上でベンチに座って消える殘霞は、憂うつ、ない空想、そっと悟ることはない、本当の満ち欠け。
私たちはいつも春の終電に乗って、起点と終点がなくて、1段の果てしない帰り道しかないと、この慌ただしくて過ぎての風景に寄り添って、まるで遠方のあなたは、ありがとう、自在偷得楽だ、忘れ浮世の背後には、そんなに一人、ずっと待って振り向く。
いくら無駄、いくら落ちぶれて、目の生活を、私は無力に執着して、人生の中で、私はどのようにこのような正気の続編。希望ある個の隅に、あなたには私を思い出して、ただ私はちゃんとした必要はないと要求し、予約の必要はない、縁のある人は結局は会えると、この時間は前世の再会の約束、この世界は小さいか大きな、などの縁を解いて。
首の静寂の調べに、思いは相思湖畔で、あぜ道に染まる遊弋山水、の年、この世界はヤンキーのような悲しい、あなたのために1枚の小さな切手を拾って、書いているこの数年の間に行って、百转千回の心。
私が考えたこともなかった、私は川の中で君と出会い、その広大な北国春秋、あなたはそっと歩いて私の生命、
私が考えたこともなかった、私は水墨丹の絵巻に模写して、このさめざめとの静かで、望んであなたのあの主役の物語、
svenson 史雲遜護髮中心私が考えたこともなかった、私は悠々と踏んだ野千山万水、あなたのようになんか弾いてみて篱落花欄、今生の縁、清砧怨み笛、やせている月コールドクリーム。
座礁できない想い、座礁の縁のない、唯一のこの一生のすべての出会いにも出会いあなた、素歩スローソングで、ゆっくり風情で、この江南冷淡に透けたこの1筋の蕭条やつれて、忍びないあなたを離れて、私の世界は、レッドダスト、だ場で漂流して、あなたと共に浪剣客心も、诗のように、祀らた痕の昨日。
年寄りの顔は、最初に会えて、又逢こんな秋思、又逢こんな美しい。もし今生は返済に世界の情債だったら、私をあなたは僕の心を束縛して、私を縛る自由、私を縛るもがいて、この世の朝。
足を止めて命の源で、心の窓を開く軒、魂の底に、歌泣1段のシンプルな呼びかけ、山のこちらに、待っている夜立ち去って、交換の君がくれた光。
眠れない夜は、無限の恋しい思い、夜を越えて昼間から、文字列の欠け」を殘して牛欄牌奶粉
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:octavion
読者になる
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/octavion/index1_0.rdf