2005/3/23作 

2005年03月23日(水) 23時11分
ときどき思い出す
いつかのあの人
今頃どうしてるのかな
新たな出会いをしたかな
あの人が少しずつ私の中から消えていきそうで
寂しくもなる
成長したのかな
強くなったのかな
自分では正直わからない
あの頃からいったい何が変わったのか
ただあの人を私の中から消してしまうことは
私にはできない
どこかで繋がっていたいのかな
私が強くなるのを見ていて欲しいの
あなたが強くなっていくのを見たいの
そう思うともっともっと私は輝くから
もっともっと頑張れるんだよ
何が愛なのかわからないけど
きっとこの気持ちも愛なんだと思う

2005/3/20作 

2005年03月23日(水) 23時15分
見慣れたいのよ
あなたを…
見慣れたいの
あなたの姿も
あなたの笑った顔も
怒った顔も全部
いつでもあなたを感じてたいからよ
いつでもあなたを想えるからよ
いい顔ばかり見せないで
あなたの弱いトコを愛したいから
でもどこかに必ず持っていて
私を守るその力
私を信じるその気持ち
離れたわけじゃない
あなたという居場所を見つけただけ
いつでも帰るところは決まってるの
だからすべてを見せて
すべてを受け入れて

2004/11/9作 

2005年03月23日(水) 23時19分
二人の写真は一枚もないの
あるのは私がさりげなく撮ったあなたの写真
それだけがたった一枚
あなたが撮りたがる私を嫌がるからよ
でもおかげで思い出は全部この胸の中にあふれてる
レンズ越しじゃないあなたを毎日見つめてた
あなたの癖だって見逃したりはしないの
この目で見つめるあなたが一番好きだった
瞬きがシャッターのようにあなたの表情を映して残してく
目をつむっても ほら 目の前にいてくれるのはあなた
こんな時間が幸せでたまらないの
もしあなたがいなくなったら
私乗り越えられないわ
心にポッカリと穴ができて
そのうち消えてしまいそう
だから私はずっとそばにいる
私の目にあなたを映して
私は安心して言うはずよ
“あなたが好き”

2004/11/9作 

2005年03月23日(水) 23時20分
何度も貴方のところへ戻っていって
何度も愛してると言って
何度も傷ついて
何度も涙した
けれど離れられない
もう二度と離れたくない
これが本当の恋だから
もうこんなこと起こらないから
私が誰かをこんなに大事にすることは二度とないのよ
あなたが私をかえたことに間違いはないの
あなたにふさわしい私になれたの
だからあなたじゃなきゃだめなのよ
私はもっともっと貴方が愛する私になるから
待っていてほしい
そしてもっと私を愛してくれるあなたを待っているから

2004/11/9作 

2005年03月23日(水) 23時24分
こうして家に一人でいると
世界に一人だけ取り残されたような寂しさに襲われるの
だれかこの壁を隔てて私を連れ出してくれないかな
この壁は高すぎて私を見つけることは困難だけれど
そんな私を見つけてくれる誰かを待ってるの
叫んでも届かないこの思いは一体誰の心に届くの
そんな期待がときどき虚しさに変わってしまうの
泣けばいい 弱くていい
いつかきっと…
押し潰されそうな夜もそうやって乗り越えた
けれどそこから何も変わらない私がいる
傍にいて欲しい あったかい空気が欲しい
冷えきったこの部屋に今日も私だけが一人
今夜も夢で幸せな私にあえますように

2004/12/14作 

2005年03月23日(水) 23時28分
嘘の塊
偽物の愛
途切れた絆
息のできない場所
崩れた心
もう取り戻せない
何度振り返っても戻らない
積み重なった痛みは二度と癒えない
ただ深くなる傷に涙するだけ
私一人の力じゃどうにもならないこともある
もう頑張れないんだって叫んでる
悲鳴をあげてるの
この冷めきった家で私が出来ることなんてない
嘘で繋がったこの愛を全て失うことだけ
どこか一人で行ってしまいたい
この無意味な苦しみから飛び出して心の自由が欲しい
自分一人でも私は強くありたいんだ

2004/12/12作 

2005年03月23日(水) 23時32分
そっと手をのばしたら届いてしまう
そんなモノは私にはいらない
そんな簡単なモノはいらない
届かないから悔しくなる
悔しいから頑張れる
そんな私でいつもいたい
あのトキだってそうだった
届きそうもないあの人の傍に居たくて 必死に頑張った
悔しくて涙がかれるくらい泣いた日もあった
けれど今私はあの人のむくもりを感じられる
だから届かないものなんてないの
限界まで気持ちを大事にするの
信じるの 叶うって
今日も空に手を伸ばしてみた
いつかきっと届くと信じて

2004/12/12作 

2005年03月23日(水) 23時34分
あれから一年
かわらないこの町
私は何がかわったかな
もう二度とあの日は戻らない
何もかもが今じゃただの思い出
思い出すことしかできない
けれどそれでいい
時々あの日と同じ景色を見て涙すればいい
笑えばいい
怒ればいい
あのときよりも輝いてる自分がここにいるから
今の自分を心から愛しく思えるから

2004/12/12作 

2005年03月23日(水) 23時35分
私幸せ感じれたょ
とってもとっても
幸せになれたよ
あなたが隣にいたから
隣で暖めてくれたから
抱きしめてくれたから
この瞬間が永遠に続くといいな
あなたは愛してるって何回も言ってくれた
同じだけ愛してるって言った
肌が触れ合わなくても愛することはできる
けど触れ合ってよりわかることもあるの
あなたは私のすべてを愛してくれた
とてもあったかくて優しかった
どこか遠くに二人いるようだった
隣のあなたの寝顔を見ていると胸が押しつぶされそうになる
こんなに近くにいるのに明日にはまた一人の夜
このベットに染み付いた匂いと温もりが永遠に残っていて欲しくて
このベットから離れられないでいるの
あなたが居なくなったこの部屋はいつもよりも寂しさが漂う
あなたに早く会いたい

2004/12/12作 

2005年03月23日(水) 23時37分
「一緒にいてね」なんて図々しくて言えないけど
あなたが優しいと素直にそう言えるの
少しでも不安なことがあると
そう簡単に気持ち伝えられない
けれどあなたのことばでまた生き返るの
すべての不安の原因はあなたで
すべての幸せの原因はあなたなの
そうやってぐるぐる回って辿り着いたのは
あなただっだ
あなたしかいなかった
2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oco-no-cocoro
読者になる
Yapme!一覧
読者になる