妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に忘れては

June 13 [Mon], 2016, 3:07
妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に忘れてはならない大事な栄養素が、葉酸ですよね。ママ(子供にとってはいいやすい呼び方ではありますが、いつまでもパパとママではおかしいので、幼い頃からお父さん・お母さんと呼ばせるご家庭もあるそうです)の体も赤ちゃんも、一緒に元気であるように、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、日々の生活に葉酸を取り入れることを御勧めします。さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。



野菜だけで十分に摂取できるかというと、難しいと思いますから、足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大事だと言われる葉酸ですが、いかに大事な栄養素であっても、適切な摂取が必要です。
これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。ですから、過剰摂取に陥らないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてちょうだい。

実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃腸がダメージをうけるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してちょうだい。
胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。


葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際に産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもある沿うです。

厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大事なことが分かりますね。



ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なくはないと思います。
もしも、サプリによる葉酸摂取無かっ立としても、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。ですから普段食べる機会の多い青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、普通の食生活を送っていれば、多少は摂取できているという事ですね。



葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。

野菜の中では例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を下げてくれるとの研究成果が出ています。

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのは中々大変なようです。
そのような場合は葉酸のサプリメントで不足分を補給しても問題ありません。
葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり食事で摂る事です。葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。



また、他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。


幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることが困難な方も多いと思います。
普段の生活や体調によっては無理をせずに、是非、サプリメントを利用してみてちょうだい。サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリの場合は毎日の摂取が負担にならずに済ませられますね。葉酸は、胎児の正常な発達に働聞かけるため、妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように厚生労働省が推奨している栄養素のひとつであると知られています。
ですが、体調が悪い時には、食べ物から摂るのも困難な場合もあるでしょう。そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。



葉酸は葉酸サプリメントに切り替えることで不足しがちな葉酸もちゃんと補給することが出来ます。

妊娠を計画している、妊活中の方にとって、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大事でしょう。


妊活中に不足しやすい葉酸には、女性にとって嬉しい、貧血予防因子が含有されています。また、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。
ほかにも、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。

ですから、妊活中の夫婦それぞれに多くの効果が見込めるサプリだという事です。

以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。
流産してから1年後くらい経つと、「コドモが欲しい、諦めないようがんばろう」と決めて妊娠を考えて行動するようになりました。妊娠に適した体になるように、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、不得手だった運動を始めました。

結果は、意外とうまくいきました。新陳代謝が上がったため、基礎体温が高くなったので、冷え性も良くなったので、本当によかったです。妊婦さんにとって葉酸が大事だという話を耳にすることが増えてきました。
葉酸は胎児の健やかな成長を促すために大変重要な栄養素の一つです。
それでは、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかっ立とすると、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。

葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂がおこなわれず、先天異常を発症する可能性があると報告されています。

それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、摂取を御勧めします。葉酸の摂取によって胎児の先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が明らかになりました。

ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生労働省が勧告しています。


実際に補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。また種類によっては特定保健用食品の認定をうけているものもあり、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話も少なくありません。
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。



一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須です。では、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そんなことはありません。
お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を下げてくれるという意味では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が重要な期間だという事です。
ですから、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している所以であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。


不妊体質とストレス。


この二つは密接に関わっています。
体内のホルモンバランス(崩れてしまうと、月経不順や不正出血の原因になってしまいます)を崩すだけでなく、ストレスは不妊に繋がる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。

早く赤ちゃんを望む周囲の期待や時間的制約による焦りが不妊治療とあいまってストレスになることもあり、相当悩んでいる人もいるのです。治療しているのですから、アトはおおらかに構えるのが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。
妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。
受胎時からオナカの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。



そのため、葉酸が不足してしまうと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが高くなるという話があります。


もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うと沿うではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普段の食事にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給が御勧めです。

赤ちゃんを授かって栄養指導をうけたり、地域が主催する、母親学級をうけに行った方は多いと思います。このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。
皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。



普段の食事にこうした食材を組み込んで、葉酸を摂取しようと考えている方は、加熱によって大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、食材を調理するようにしましょう。
妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。
冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ちるといった報告があります。冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。


血行を良くして、自律神経に働聞かけ、体全体をリラックス指せる効果があります。冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく造り変えましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タクミ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ocnrywd4t0l0oi/index1_0.rdf