紅葉と盆栽 

April 25 [Wed], 2012, 14:10
紅葉と盆栽がマッチする場所を探しています。

米寿を超えた祖父の盆栽を写真に収めてあげようと、紅葉をバックに撮ろうと思い立ちました。

わたしはちなみにおじいちゃんが大好きなのです。

じいちゃん子です。

まあ、今度の休みにでも紅葉スポットに行ってみたいと思います。

そんなわけで、今日の紅葉です。



早く休みになればいいのになあ。



【協賛サイト】
MG4130 ちょっ 違う複合機   ダイソン AM04    MFC-J825N 使用方法


【参考情報】
紅葉が一番綺麗なのは、いつでしょうか。


- 回答 -
秋に紅葉するもみじも今若い緑が綺麗ですが
春に赤くなる春もみじも綺麗ですね。

他の広葉樹との絶妙な取り合わせで
いちがいにはいえませんが
春と秋、地域によってずれますが5月から6月の若葉
10月中旬から11月下旬の紅葉
それぞれ楽しみです。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

紅葉にときめく 

April 25 [Wed], 2012, 3:25
紅葉にときめきを覚えないわけにはいきません。

日本全国どこを探しても、こんなに紅葉を目にしてときめく輩もいないのではないでしょうか?

紅葉が、まるで初めて出会った異性のように、初めて手にした花のように、愛おしく切ないものに見えるのです。

とまあ、かなりおセンチな雰囲気になりましたが、紅葉に心をうきうきさせている今日この頃です。

紅葉の動画もまたアップしちゃいます。



こんなテンションですが、どうかご愛顧を。



【協賛サイト】
パストディオ 通販 特徴   ウコンのヒミツ 長所   KINPAK お勧め


【参考情報】
紅葉の時期に札幌から車で3〜4時間程度の場所へ観光に行きたいと思っています
どこかに一泊することも考えているのですが、紅葉のきれいな場所や宿でおすすめのところはありませんか?
雑誌などで調べていても、なかなか行き先が決まりません。
よろしくお願いします。


- 回答 -
ウォーカープラス http://www.walkerplus.com/koyo/hokkaido/ 作製に加担(撮影)した本人です。

お勧めの宿は十勝岳温泉・凌雲閣でしょう、丁度札幌から3〜4時間程の所に有る宿です。
「十勝岳温泉・湯元凌雲閣 http://www.ryounkaku.com/ 」
1270m程の高所に有り此所の露天風呂から眺める風景は絶品物と言えます。
露天風呂前方に遮る物は無く富良野岳等の十勝岳連峰の山々の眺めが圧巻です。
紅葉も北海道の中でも美しい所に数えられ9月の連休辺り(敬老の日〜秋分の日)が紅葉のピークを迎える頃です。
十勝岳温泉手前から白金温泉望岳台に抜ける道も良い、但し吹上温泉から道は狭くなるので注意です(全面簡易舗装)

大雪山の旭岳温泉も良い、既にロープウェイ終点の姿見の池付近は紅葉の見所です。
1600m程の高所に有り気温も既に一桁台に迄下がってますが旭岳の勇姿と共に見応えが有ります。
此所だと今週末でも紅葉を楽しめます、今月の半ば以降だと雪を被った旭岳が見られる可能性が有ります。
雪の被った旭岳と紅葉との絡み合った錦絵は本当に美しいです。
「旭岳ロープウェイ http://wakasaresort.com/asahidakeropeway/ 」
温泉主体に楽しむので9月中旬でありましたら十勝岳温泉、今週末〜9月中旬だと旭岳温泉(旭岳ロープウェイ)
但し、両地共に然程離れていませんので朝早で高速利用で札幌を発てば午前中に旭岳ロープウェイ
午後には十勝岳温泉(泊)と回る事も十分可能です。
但し連休だと既に予約が厳しいかもしれません、もし良ければ早急に予約です。
満杯になってましたら旭岳ロープウェイ(旭岳温泉)一本に絞るのも良いでしょう、ゆっくり楽しめます。
「旭岳温泉一覧(Yahoo!トラベルより) http://domestic.travel.yahoo.co.jp/bin/onsen/tifodetail?no=SP100680 」
新しく出来た旭岳万世閣ホテルベアモンテ様辺りは立派でしたね、勿論他も味が有る所が多いです。

10月の初旬〜中旬ともなれば流石に大雪の山々は雪に纏われて来て紅葉はもう遅いですが
この時期だと登別温泉辺りの紅葉がお勧めです。
何故か分りませんが地域的な特色でしょうか、地質的な影響なのでしょうか、地獄谷付近の木々の紅葉が
回りよりも一際鮮やかに紅葉するケースが多いです。
天候が良くて日中で有り気温が高ければオロフレ峠経由で登別温泉に向かわれると良い。
時間的にも3〜4時間程ですし、オロフレ峠展望台からの眺めは圧巻ですし、倶多楽湖辺りも綺麗です。
道中、支笏湖、美笛峠等から紅葉を纏った山々を眺めながらのドライブも良いでしょう。
もしくは札幌から高速等で白老町迄走り白老町から道道87号線(通称白老大滝線)の峠頂上付近の紅葉が素晴らしい。
此所は北海道でも隠れた紅葉の名所とも言えます、遠回りになりますが時間が有れば是非どうぞ。

尚10月の中旬位で近場だと定山渓温泉辺りが良い、紅葉の名所「豊平峡ダム」も近くに有りますし
定山渓と小樽(朝里)を結ぶ道道1号線沿いのさっぽろ湖、朝里峠付近も紅葉の名所です。
(誤字訂正させて頂きました)

by北海道

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

紅葉のシークレットプレイス 

April 24 [Tue], 2012, 14:09
紅葉のわたしだけのシークレットプレイスがあります。

もちろん場所は秘密ですが紅葉がかなりの確率で綺麗に見える場所です。

どんなに紅葉にとって悪条件でも、そこに行けばなんかしら、心惹かれるものが見れます。

紅葉に限らず、そこは自然を鑑賞するのに良い場所なんですね。

ここで紹介するのはその動画ではないですが、どうぞ。



紅葉ばんざい!



【協賛サイト】
内蔵型冷え性 見分け方 内臓型冷え性    フィボナッチ FX 起源    恋愛 英会話 社会


【参考情報】
紅葉について質問します
紅葉の色変化の順番デスカ゛
(1)緑→黄色→赤→枯葉 なのか
(2)緑→赤→黄色→枯葉 なのか
(3)緑→黄色→枯葉 なのか
(4)緑→赤→枯葉 なのか
判る方教えてください



- 回答 -
紅葉はそれぞれ。
赤色に変わるのを「紅葉(こうよう)」、黄色に変わるのを「黄葉(こうよう、おうよう)」、褐色に変わるのを「褐葉(かつよう)」という。

普段、葉が緑色に見えるのは葉緑素のせい。
寒くなり日照時間が短くなると葉緑素が分解される。また、葉柄の付け根に特殊な水分を通しにくい組織ができ、葉で作られた水溶性のブドウ糖などの糖類やアミノ酸類が葉に蓄積し、その糖から光合成を利用して新たな色素が作られたりする。その過程で葉の色が赤や黄色に変化し、紅葉が起こる。
その後、落葉になる。

紅葉、黄葉、褐葉の違いは、それぞれの色素を作り出すまでの葉の中の酵素系の違いと、気温、水湿、紫外線などの自然条件の作用による酵素作用発現の違いが、複雑にからみあって起こる現象とされる。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

紅葉を我が家から 

April 24 [Tue], 2012, 8:26
紅葉を自分の部屋とかリビングとかから眺められたら最高ですよね。

いつかそういう家に住みたいものです。

土地から選ばなければならないかもしれませんね!

そうしたらもしかすると、もう紅葉の動画を集めないかもしれないですね。

願いをこめて、今日も紅葉の動画をアップします。



でもやはり紅葉は実物も動画も、どちらもいいもんです。



【協賛サイト】
PX-1200    IX7000    ニューバランス 996


【参考情報】
紅葉と聞いて思い出す場所はどこですか?
紅葉が一番綺麗な場所が知りたいです!

どんなアドバイスでも結構です。宜しく御願いします!


- 回答 -
関東地区の紅葉名所ですけど・・・・

日光の紅葉といえばいろは坂でしょう。

毎年TVなどで紅葉を紹介には必ず紹介されます。

特に明智平ロープウェイからの眺めは
男体山や華厳滝・中禅寺湖が一望でき絶景です。

壮大で各種多彩に絵の具を散らした紅葉は感動を
覚えます^^

☆★アドバイス★☆
紅葉のシーズンの土日は交通渋滞が多いので
時間帯を調整して行きましょう。

又、私の場合、シーズンの終わり(10月末近く)を狙って
行きます^^:

この時期でも、まだまだ充分に紅葉を楽しむことが出来るんです^^




参考までにご覧ください。↓
http://www.nikko-jp.org/index.shtml
http://kouyou.4-seasons.jp/html_sys/108/8380.shtml

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

紅葉同好会 

April 23 [Mon], 2012, 12:49
紅葉同好会なるものを発足しようかと思います。

来月にもやりますので、随時会員の予約募集しています。

活動内容はもち、紅葉を見る、です。

ただそれだけです。

紅葉を動画にする輩がいても止めません。

それは会員の自由ですね。

ただ紅葉を愛すればOKなのです。

あと、動画をアップするのは会長の務めですね。



今日も同好会の責務を果たした気持ちです。



【協賛サイト】
MB-MM91R   KC-Z45-W   ロイヤルデトDX 効果


【参考情報】
紅葉の季節ですが、桜が咲いたら「お花見」と言いますが
もみじが色づいたころに「紅葉狩り」と言うのはなぜですか?

幼少時代によく、母が言っていたのをふと思い出しました・・・。



- 回答 -
「狩る」という言葉には「花や草木を探し求める」という意味があるそうです。

紅葉狩りの「狩り」は、獣を捕まえる意味で使われていたが、野鳥や小動物を捕まえる意味に広がり、さらに果物などを採る意味にも使われるようになりました。
果物などを採る意味では、現在でも「いちご狩り」や「ぶどう狩り」などに使われています。

やがて「狩り」は、草花を眺めたりする意味にも使われ、「紅葉狩り」と言われるようになりました。
「狩り」が草花を眺める意味になった由来は、狩猟をしない貴族が現れ、自然を愛でることを狩りに例えたとする説もあるが、はっきりとした説はありません。
http://gogen-allguide.com/mo/momijigari.html


また鬼女・紅葉を狩るから「紅葉狩り」という説もあるそうで、このお話は「紅葉狩」という能の謡曲としても有名なのだそうです。

「戸隠山に「紅葉」という鬼女が住んでいました。
山を降りては村の人々を餌食にするため、時の帝が平維茂(たいらのこれもち)に鬼退治を命じます。
維茂が戸隠山に向かうと、美しい女たちが紅葉の下で宴を催していました。
維茂は女に誘われるがまま酒宴に加わり、いつしか深い眠りに落ちてしまいます。
この女たちこそ鬼女・紅葉とその手下。
罠にはまった維茂を前に、鬼女が本性を現したとたん、維茂の夢の中に神が現れ、お告げとともに神剣を与えます。
危機一髪のところで目を覚ました維茂は、神剣によって鬼女を退治し、戸隠山に平穏な日々が戻りました。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85%E8%91%89%E7%8B%A9_%28%E8%83%...

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)