裏取り

2010年07月14日(水) 12時11分
 裏取りのやり方も色々。
 糸ノコで裏取りする場合もあれば、
 今回のように片切タガネで、裏取することも
 

 手作りの商品なので、裏板を張る前にタガネで裏取り。

 ちなみに、仮眠してから裏取りしようと思っていたら、
 起きたらびっくりキレイに裏取りが施され机の上に。
 いやいや、何でも屋の社長を持つと楽ですわ。
 と言うわけで、タガネで裏取り中の写真がございません


 糸ノコでは解りづらいですが
 タガネで落とすと、裏取りって相当地金が落ちるってわかるねと、
 話しておりました。
 
 
 品物とのバランスもありますが
 出来るだけ軽くなるように作ってあげようとするのが職人さんの心情。
 特にウチみたいな委託加工だと。

 
 携帯電話と一緒で、作る側は1gでも軽くなるよに努力する
  (ジュエリーの場合はコンマ何グラム)
 ユーザー側はその努力を知らずにじゃんじゃんストラップを付ける
 まあ、自分を含め世の中そんなもんです。
 でも、その努力を惜しんだら、技術は進歩しないと。
 どの業界も一緒ですね

 軽く作ることと、ペラペラに作るというこは全然別物。

 個人的には、タガネが入る場所だったら
 糸ノコよりタガネで裏取りするほうが出来上がりは好きです。

 そうそう上手くタガネが入る商品ばかりではないつーとこも
 世の中の常ですが
 


フセコミ

2010年07月09日(金) 1時17分
 ふせ込み or 覆輪留め or 枠留め

 言い方色々、お好きな呼び方でお願いします

 
 ダイヤに合ったドリルを決める


 ハンドドリルでシャカシャカとやってる写真と思いきや
 良く見たら、ドリルじゃない
 タガネとトンカチの頭
 そうそう、これは撮ってはいけない裏技の写真でした。

 ウチには既製枠とダイヤを持ってくるお客さんももちろんいます。
 これは、枠よりダイヤの方が少々大きく
 タガネとトンカチで枠を広げてる所なのです。
 もちろん、塩梅を見ながら。
 そして、広げたことを解らないらないように石留。
 作業としては小さいことだけど、
 何もなかったように留めるか。
 あたかも広げたように留めるか。
 ぐちゃぐちゃに留めるか。
 留まらないよ。と付き返すか。
 職人さんの経験と腕の良し悪し。あとは見極めも。

 
 ルーペでそのつどそのつど確認することも大事ですが、
 穴の曲がりや深さを
 このように手を添えて照り返しを見て自分の眼で判断することも大事。
 ルーペは要所要所で使うように意識する。
 特に若いうちは、↑これが大事で時間短縮にもなります。
 人間はすごいもので、
 作り職人の眼とは違う、石留職人の眼が出来きるんですよ
 見えないものが見える眼になるんです
 若者よ!老眼というお迎えが来るまでは、裸眼で頑張りましょう!
 

 ダイヤを入れて
 
 
 叩く、廻して叩くひたすら叩く。

 拡大してみると、ダイヤを指の腹で押さえながら叩いてます。 

 ダイヤが落ち着いたところで最終的な締め


 ヘラで内側のラインを整えます。

 青ゴムをかけて終了。

腰あり? 2段腰?

2010年07月07日(水) 21時48分
 
 連ちゃんで石枠のお話
 
 私も、昔、注意されるまでは
 左側の石枠の形を『2段腰』と呼んでいました。



 実際は左側の石枠を腰つきとか腰有り、窓が有る石枠などと言い、
 本来、右側の石枠のことを2段腰と言います。
 
 最近では右側の2段腰の石枠をあまり見ることがないので
 左側の石枠のことを間違って2段腰と呼ぶ人が多いようです

 
 確かに良〜く考えるとこれが腰なしと言うことは
 左の石枠は腰が1段で
 右は腰が2段になっている。
 これがホントの二段腰。なるほどてなわけです。

  時代によって言い方が違うのではなく
 1段の腰と2段の腰の商品が存在するのです。
 
 
 

 蛇足で
 昔よくあった、最近ではリフォームされてしまう
 テーパーのダイヤで取り巻きされた指輪
 職人さんたちの間では
 『テーパーの取り巻き(の波が打った指輪)』
 『バレリーナ』
 『ヤマギワ』と言ったりするそうです。
 
 なぜ『ヤマギワ』?
 秋葉原にあるヤマギワ電気のマークと取り巻きのリングの形が
 似ているかららしい。
 確かに似ている
 御徒町の職人さんしか通用しない
 オカチの職人さんらしい呼び方です
 

 
 ウチには昔ながらの取り巻きリングがないので
 似たような指輪の原型を一応、載せてみました。
 

また石枠で

2010年07月06日(火) 11時52分
 気付いたら、あっという間に7月に突入してました。
 しかももう6日 
 今日は珍しく午前中にブログを書きです。
 


 間が空いてしまいましたが、
 また石枠です。
 出来上がり商品はネックとなります。

 
 
例えば、この裏板
 地金を巻いて作る場合もあれば、板を抜いて作る場合もあり、
 これまた、相手先によって作り方を変えないといけない時が。
 何のしがらみが無い場合は、
 通常、ウチでは地金を巻きます。
 無駄に出る地金が極力少なく済むので。
 
 板を抜く場合は、
 地金を巻く時と比べ地金を多く必要とし
 更に抜いた分の余計な地金も出ます。
 しかしロー付け面が無いため、
 ロー目を気にする必要がなく仕上げが楽に。

 一長一短  引き出し引き出し
   



  石枠の絞りが甘いのは
  石のお尻がストレートにカットされているからで、
  石の形によっても石枠の形が左右されることもあります。
  ただ、石枠もそのままストレートだと
  ちょっと野暮ったくなるので
  出来る範囲で絞っていきます。

 今日もお仕事頑張りましょう
  
 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みみぎょうざ
読者になる
ジュエリー職人×2人
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像猫天国
» ダイヤの石枠 (2014年10月06日)
アイコン画像5e
» リフォーム カラフルペンダント 3 (2014年08月24日)
アイコン画像鈴木
» タンザナイトのリング (2014年08月10日)
アイコン画像りぼん
» タンザナイトのリング (2012年09月15日)
アイコン画像ponta
» 睡眠不足〜 (2012年05月20日)
アイコン画像お団子
»  トリケラトプス 骨格 シルバーリング (2012年04月30日)
アイコン画像ジュエリーイチ 市川です。
» 裏取り (2011年03月04日)
アイコン画像博多のたけちゃん
» 裏取り (2010年08月24日)
アイコン画像いなかもん
» 裏取り (2010年07月21日)
アイコン画像サイサイ
» 腰あり? 2段腰? (2010年07月17日)