マミさん

February 03 [Thu], 2011, 1:56
まどかマギカに夢中。マミさんの返信後衣装が好きすぎて1日費やして作ってしまった。

陶器市

August 07 [Sat], 2010, 21:04
引き出しいっぱいの棚を買おうとして、私陶器市に来たのに、と我に返る。

ぷかぷか

June 14 [Mon], 2010, 0:00

梅雨入りをむかえ、長い付き合いのひとづまと文化とケーキの集いに
出かけたのですが、待ち合わせて開口一番に
「ちょっと見てもらいたいものがある」と言われてまあなにかしら、とか
いいつつ付いていったらめっちゃかわいい色合いのレインブーツの
売っているところを指し示された。
もうすでに歩いてくるときに、目について何あれかわいい…と思っていた
矢先だったもんで驚く。値段もおてごろ。
一度はいてみてもうちょっと余裕があったほうがいいかなあと話し、
催しが終わったころにもう一回来てもいいかい、ときくと
そうだろうそうだろう、とうなずいている。
「この色の靴かスカートが欲しいなと思っていたんやけどなんで
君はわかるのかね」と言ったら
「いやもうわかるわ、わかる」とにこにこしておるのね。
うん、なんというか、ありがたいなあと思った。
ケーキは珍しくも両方大変おいしかったため二回も食べた。
ブーツは結局後で買って帰りました。

声が出ないよー

May 07 [Fri], 2010, 9:40
今ゆえあって声が出ません。自分のあさはかさに消沈。それはそうとひゅうひゅうと空気のもれる音しかしない喉に、高瀬舟を思い出すわたし。(森鴎外)現国の授業で段落読みをしたとき、何故かいちばん壮絶なシーンが二回も連続で自分にまわってきた思い出。ひゅうひゅう。

おーいおいおいおいらんだー

April 29 [Thu], 2010, 0:39
本棚の文庫を整理したらなぜか遊女ものが三連発で並ぶ。何、そのドンジャラの微妙な役みたいな。松尾スズキ扮するヒゲのおいらんの歌を思わずくちずさむ。
しかし人のことは言えないがなぜ二次創作のテキスト(漫画ではあまり見ない気がする。やはりネックは着物のあわせだの柄だのだろうか)ではどんなジャンルであってもおいらんものが必ずあるのか。ものすごい位の高い花魁の(決まりでもあるのか)受をあらゆる攻が買いにきたり、身分の違いに身を焦がしたり、他の男に抱かれている夜をちぎれそうになりながらやりすごしたり果ては心中沙汰だったりしているのをもう何度読んだだろうか。それでも廃れずに古今東西のふじょしの中に息づいているこのゆうかくパロディというのはある種の文化かもしれないとすら思う。

いちご

April 28 [Wed], 2010, 0:10
変わった紅茶飲みたい…と思っていた矢先、発見。パッケージのかわいさといちごフレーバーに惹かれて買ってみて開封したらものすごいいちごの香り。おう。

デザート

April 26 [Mon], 2010, 14:04
うまいわー。クリームブリュレのかっちかっち具合とブラッドオレンジのシャーベットがまた。
そしてフィナンシェといわれたものは最初ごぼうのシロップ漬けかと思いました。ごぼうをスイーツに組み込むのは花びら餅だけでじゅうぶんです。

てんぷら

April 26 [Mon], 2010, 14:03
炭塩であっさり。かきあげがさっくさくでもうどうしたら。
れんこんとおいもとししとうというセレクトもすばらしい。

ランチランチ

April 26 [Mon], 2010, 14:02
前菜がおさかなづくし。お味がそれぞれ違っておいしかったっす

からあげたべたい

April 21 [Wed], 2010, 18:42
大分に行きたい…と思い詰めるまでにからあげを想い、自分で揚げる。
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28