村井で長嶺

April 03 [Sun], 2016, 21:37
生活費が足りないという時に無担保借入を利用する際は、無担保借入は必要最低限に留め、返済時に焦ることのないような額にしなければ、時として返済に追われることも出てくるでしょう。
生活費と言えども、ふと気づけば、積もり積もって大金になっていたなんてこともあるので、簡単な気持ちや見通しで無担保借入をするのではなく注意するべきです。


大切なのは、無担保借入に頼る前には必ず、返済計画を考えてから行動に移しましょう。



初めてカード借り入れをするときは、利率や手数料も気になりますが、安心感も大事ではないでしょうか。私は大手の中から選びました。電車広告などでお馴染みのモビットやノーローン、駅前で見かけるアコムやプロミスといった消費者金融系が知名度が高いです。大手というと豊かな経済力が背景にありますが、利用者へのアピールポイントはズバリ、『お得感』です。
なんといっても利率が低いのです。CMで呼びかけているように計画的な利用が大前提になりますが、高い利率より低い利率を選ぶほうが、確実に支払い(返済)が楽になるのは言うまでもありません。また、延滞を起こしにくいというのも事実です。世の中からは忘れ去られた存在であるニートが、お金を借りようとした場合、きっと大きな反応が返ってくることでしょう。それもほとんどはブーイングのような否定的なもののはずです。いったい誰にそんな願いを持ちかけるか、考えもつきませんが、きちんとした会社、例えば銀行や金融会社などの専門のところでは、収入のない人にお金を貸すほど甘いはずがありません。
そんな苦境の中でも、身近な人のうちの誰か一人ぐらいは奇特な人がいて、その人から何の交換条件もなくお金を貸してもらえる幸運なニートもいます。

お互いの信頼感さえあれば、誰にも文句を言う権利なんてありませんし、収入保証も、返済期限も気持ち次第でどうにでもなります。


事実を偽った内容でカードローンを申し込むと、それだけで刑法上の罪(有印私文書偽造)になります。もっとも、嘘を書いたとしても審査中に判明して落とされるだけでしょう。

会社としては被害届をバンバン出しているといった話は聞きません。



被害が出たら、常識的に言って警察に通報するといったところでしょうか。いずれにせよウソで審査に通ること自体、無茶もいいところです。



通るはずの審査なのに落とされるかもしれないですよ?それで運良く(?)審査に通ったりしたらなお大変です。返済中にバレたらブラック確定で、「全額」を「一括」で返済しなければいけません。大きなデメリットがあります。

よほどお財布事情に余裕がない限り、お金を借りなければいけないときがあるはずです。


自分は関係なさそう、なんて思うのは自由ですが、紹介されたからとか友達が利用していたからという理由で安易に自称金融業の個人(高い確率で闇金)とか、全然聞いたこともないような会社からお金を借りると、途方もない借金や違法な要求をされるおそれもあります。まずは、知らないところからは借りないこと。借りる前によく考えた上で、銀行のカードローンや大手金融会社などから借りるほうが、絶対に安心です。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Riko
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oceb1lhenni5wb/index1_0.rdf