パパイヤ天国 

2017年06月10日(土) 15時35分
昔はパパイヤの匂いと甘過ぎるのが好きじゃなかったけど
友達にレッドパパイヤを勧められて、
食べてみたら、

匂いもあまりなくて、柿みたいで、
ヨーグルトと一緒に食べると美味しいくて
いきなり好きになった。


ライムやレモンをかけて食べるのもいい。

昔は甘すぎる果物が好きじゃなかった。
バナナとか
柿とか。

でも砂糖なしのヨーグルトにとても合うし、

今は、バナナはテニスのパワーチャージに
いつも携帯しているほど。

庭に3本のパパイヤの木があって、
毎日パパイヤを食べることができる。

そのうえ、ライムの木もあるし、
パッションフルーツの木もある。

でも、どんどん熟れても1日2個とかは
この私でも多過ぎて食べれないんだけど、
放っておくとポッサムが食べたり
腐ったりするので、気が気でない

食べ物を粗末にするのも

パパイヤは、
日焼けとか、
シミとか、
シワとか、
白髪とか、
女性ホルモンにとてもいいらしい。

それで、ヘアサロンのスタッフの女性に、誰がパパイヤもらってくれないか
と聞いているのだけど、
誰も食べたことがないらしい。

パパイヤってトロピカルフルーツだし、
青いパパイヤのサラダなんかは、タイ料理にもよくあるし、
スーパーでも必ず売っているのに

オーストラリア人は新しものには、挑戦するのが好きじゃないのね。

なので、どんなにパパイヤが女性にいいか、と説明しながら、
匂いが気にならないように
ヨーグルトか、レモンをかけて食べてみて、って勧めてみている。


これはカロリー高い、アイスクリーム乗せ

さて、好きになってくれるだろうか?






他人の痛みを知る 

2017年06月06日(火) 13時03分
先週40肩になった。

美容師の仕事2ヶ月目で疲れが出てきたのかもしれないし、

週3日のテニスの後にやっている自主練のサーブの練習
がいけなかったのかもしれないし、

サーフィンは絶対に悪くないはずだけど、

月曜早朝の、ガールフィットというブートキャンプ
ボクシングのグローブを付けて、腕立て伏せをしながら
片手で、パートナーのミットを打つというのが

原因だと思うけど、

症状は、40肩。

手が上がらなくて、

美容院でもブロードライとかしたくないし、
(予約が入ると違うスタッフに代わってもらったり)

髪の毛が、たくさんある人のシャンプーもキツイ

お客さんにフワーッとケープをかけるのも痛くて、
首の周りに小さく手を回して、ケープを装着する。

水道のコックをひねるのも痛いし、

眠れなくて、
消炎鎮痛剤を飲んだり、
(眠れないので何十年ぶりに薬を飲んだよ)

グレッグが、料理も、
洗い物も、
掃除も
私のマッサージも

やってくれた。

私が安静にしていないと怒るのは、仕方ない。。。

今日で10日目。
痛みがほとんどなくなった。
ピークが痛み8だとしたら、
今は、痛み1。


グレッグが、肩の筋が切れて痛がっていた時に
私にできることは、本当になかったので、
時間が経つことだけを考えていたけど、

こんなに痛くて大変だったのね〜、と。


美容院でお客さんが肩が痛くて、髪の毛を洗ったり、
ブローしたりできないって、聞いていたけど、
本当に大変なんだわ。


と、自分の痛みを知って、
他人の痛みを知ることができました。













オーストラリア式 面接 

2017年06月04日(日) 16時49分
今回、希望の美容院で良い条件で仕事することが出来て
本当に感謝している

仕事の面接って毎回すごく緊張するけど、

実は今までの人生、

高校生からアルバイトを含めて20種以上の仕事をしているが

面接で落ちたことがない。

これは自慢している訳でなく、

私の経験が誰かの役に立てばいいなと思うので、
オーストラリア式ですが、こんな感じでっていうのを紹介します。



まず、やりたい職種を選ぶ

通勤が遠すぎないなど、働きたいエリアを探す

雰囲気。


今回、私は人のたくさん通る場所(ショッピングセンターなど)
で働きたいと考えていたので、
幾つかの街を違う時間帯、違う曜日などで何度か、お店を覗いてみました。

ネットでも調べる

仕事を得るというのも大事なんだけど、

自分がそこで長く働きたいと思うことも、より大事で、

仕事場の雰囲気もこちらから、ジャッジするような気持ちで、

例えば、受付、もしくは自分に対応してくれるその人物は笑顔で対応してくれるか?
その仕事を楽しそうにやっているか

これはちなみに、私の履歴書。
こちらでは、1.2枚のA4に写真付きで、
相手にわかりやすくPRする。
(もちろん、日本みたいに手書きはダメ。)






趣味の欄に自分のこだわりを書いても良いし。
相手が興味を持ってくれて、
話の種になったらいいからね。



面接の際の身だしなみ

男性だったら、床屋に行くべきだし、
女性だったら、ブローする、できなければ美容院に行く。
髪の毛が綺麗っていうのは厚化粧するより効果ある。
清潔な服装、アイロンをかける。

白黒だけはつまらないから避けるかな。

そういう事で最低限のお金を使うことで、
私はここで仕事をしたいという気持ちを見せる。


30分前には、面接会場にいる

気持ち的に余裕が出てくる。

表面を繕って、仕事を得ても、結局はバレるか、
自分が仕事場で無理をすることになるので
無理しない。

もう、すでに面接官を上司だと思って、自然に話をするよう心がける。
上司になる人だって、話しやすい(使いやすい)部下が欲しいわけだし。

まあ、最終的にどうして私が面接に受かったかは、
面接官に聞いてみないとわからないけどね。
















仕事探し 

2017年05月04日(木) 22時34分
引越しして、住むところが決まったら次に心配なのは収入

仕事探し。


最初の数日、家の近くからドライブしながら、各街を歩く

どこが、人が集まるところか、
ヘアサロンの雰囲気はどうか?


物色


ショッピングセンター内で忙しそうな美容室を見かけました。

なんと、偶然張り紙が ”美容師募集中”



でも本当にお客さんもいっぱい待っているし
電話も鳴っているし、
床も、ホウキで掃く暇もないほど、忙しそう。



一番若い女性に、レジメを置いて後日また来てもいいか、と聞いた所
”ちょっと待っていて”ってオーナーを呼んでくれた


女性オーナーヘアカットの途中で
ニコニコしながら、レジメを置いていってくれと。


その日、すぐに電話をもらって、

次の日仕事終了時間の午後5時にコーヒーショップで面接。

緊張



そして、次の日トライアル(試験採用)で1日働く。

緊張



そして、採用。

初日緊張




仕事前は、本当に緊張したんだけど、




とにかく忙しいヘアサロンで、目の前のお客さんをさばいていかなくてはいけない。
終わったら、マラソンをして、汗びっしょりって感じ


雰囲気は、昔働いていたショッピングセンターの中のトレバーのお店みたい。



オーナーは
毎日、ジョギングして、水泳して、自転車漕いで。
スポーツレイディ

誰よりも忙しく働いている。


そして、若いスタッフもみんなスポーツ好きで、
かわいくて、とても親切



この2年間、素晴らしいヘアサロンとバーバーでパートタイムで働いていて、
マジに仕事は辞めたくなかったけど



この新しい職場
フルタイム。
週38時間労働。週5日勤務。

4週間の有給休暇付き。


給料明細もしっかりしている。
(美容院の給料は、キャッシュで支払いとか結構多い)



また、1歩家を買う方向に。

今の小さい小屋も居心地がいいんだけどね







ボルボの得意な距離 

2017年04月26日(水) 15時11分
家が決まってから、荷物を取りに数日 ゴールドコーストに帰ったんだけど、

えー、私たちこんなに混んでいるところに住んでいたの〜?というほど
車と人が多くてびっくり

これはさ〜、東京からニセコに移住して、それから東京に帰った時に似ているね。
えー、(ってこれはネガティブな叫びです)

すでにあの小さな家と海が恋しくなったほど

私たちの荷物は二人の車で運べる程度。

プラス、以前の家にあったアンティークの食器棚。
(食器棚は、後日知り合いに運んでもらうことに)

他に家具なし

GCからコフスまでは、約250km
ちょうど3時間で、休憩なしで到着。

ビーチまで、水着で歩いて行ける距離。


海の波の音がいつも聞こえる距離。
ビルがないから空が広い!


夕方のビーチにはカンガルーがいる。


たった500人の村だから、すごい田舎で不便だと思うでしょう?

村にあるデイリーストアーまで50m。
私の一番好きなサーフスポットまで5分。

家から、高速道路まで1km。

一番近いスーパーマーケットは、5km 5分

テニスコートまで5km
私の好きな図書館まで7km

私たちの住む家はコフスハーバーの町まで30kmなんだけど、15分。

7万人の町だからね、行けば、なんでも買える

信号は、コフスハーバーの町まで行かないとない。

全部高速道路利用。

制限速度110kmの2車線の高速道路だから早いよ

もちろん無料。


ところで、早速、美容院の仕事決まったよ。

今回も履歴書持って10件近く回りました。

コフスハーバー、街の大きなショッピングセンター内の美容室。
ドアツードアで20分。 
往復60kmだから交通費1000円くらいかな。

仕事の時についでに街で買い物して、交通費を増やさない工夫必要

でないと、安売りだからって、ガソリン代1000円かけてちゃ
安くないもんね。

私の車ボルボは、長距離、ハイスピードが大好きな車だから、
調子よく走ってくれています








アンザックデー 

2017年04月25日(火) 11時28分
新しい仕事の事とか書きたいなと思ったんだけど、
今日はアンザックデー『ANZAC DAY』という
オーストラリアとニュージーランドの従軍者を尊敬する日。
祝日なので、

そんなこととこちらの人種差別について。

いつも書いているけど、
私は、オーストラリアで日本人だから、とかアジア人だからという事で
一度も差別を受けたことがない

むしろ、日本人の私がバーバーで一人で仕事しているのに、
西洋人が、カットを待ってダーっと並んでいる、という事に驚いている
(料金だって安くないよ)

今回も、仕事の履歴書には、
日本人だとか、年齢は一切書かなかったが、
2社から、面接のオファーをいただき、
より忙しくて、楽しそうな方
でフルタイムの仕事をすることになりました。

一般的にオージーってあんまり深く物事を考えなくて、

明日は、アンザックデーだから、
ドーンサービス(朝日の昇る時間に海などに集まって、黙祷する。)や
パレードやRSL(リターンソルジャーリーグ)とかに行こうとか、
誘ってくれるけど

やっぱり、第二次世界大戦で、オーストラリアと日本が戦ったので
いい気持ちをしない人がいるかもしれない
と思うと、行くのは遠慮する。

私の周りでも、第2次世界大戦に行かれたオージーもいるし、話も聞いたりするけど
(もう90歳とか)
やっぱり、戦争で勝ったオージーも苦しんでいる。

病院や公共の利便は最大級に受けれるし、
アンザックデーには、みんなに尊敬され、讃えられるけど、


戦争のトラウマで、
(年をとると昔の事ばかり思い出すって言うし)
戦争の夢を見て眠れなかったり、うなされたり、
奥さんに怒りっぽくなったり、
後悔したり。


今回の家のオーナーのお父さんは、70歳で自殺。
毎日、戦争の事を思い出しては涙されていたそう。

そんな人たちのいるところに
オーストラリア人に誘われたから、なんてノコノコは行けなだろう。

それと同時に戦争に行って戦った人を尊敬する日って素晴らしいとも思う。
国のために戦った人を敬う。
(ある意味、自国の政治家に殺されたとも言えるが

日本も戦争ができる国になってしまったようなので(イヤミ)
せめて、戦死者を弔い、リスペクトするのは最低限必要だと思う。

兵隊、一般人を、無駄死にさせる事が日本の近代史で繰り返して行われ、
それを、反省しない事(誰も責任を取らない事)が
この国の為に何かしたいと思わせないところだ。

でも戦争は、決して誰も幸せにしない
という事を改めてオーストラリアに来て思うのです。
とそんな事を考えながら朝からサーフィンして、


アンザッククッキーを焼いてみた。

(卵を使わない、オートミールのクッキー・戦時中に卵が手に入らなかったから)

硬くて、粘り気のあるアンザッククッキーを試行錯誤中








コフスに家を買う 2 

2017年04月16日(日) 7時29分
このコフスハーバーエリアは、グレッグと私が結婚した当初から
ずっと住みたいと思っていた地域。

コフスハーバーは約7万人の町で
ブリスベンからは、400km南、シドニーからは500km北と 
大都市のちょうど中間地点にあり、人口が比較的に少ない地域です。

しかし、空港、鉄道路線、大学、病院、大きなショッピングセンターもあり
コフスハーバーで水揚げされた魚は、ゴールドコースト、シドニー、ブリスベンに運ばれるほど
魚がよく取れる場所です

気候はゴールドコーストより少し涼しく、夏は過ごしやすい。

海岸線20kmの間に13個の岬があり、
サーフィンに最適。


*サーフィンには岸側から風が吹くか、風がない方がいい。
北風が吹くときには、岬の南側が風から守られていて
南風が吹くときには、岬の北側が風から守られている。
ので、岬があると、どちらかにいい波があるということです。



つまり、サーフィンと釣り、アウトドアが好きな私たちにはぴったりの所。

今回、新しい家を買うまでの間、
賃貸で家を借りることにしました。

私たちの借りた家は、コフスハーバーまで30Km

まだ仕事もしていないので、贅沢は禁物

ネットの賃貸情報をやすい方から順番にチェックして、
週250ドル
日本のワンルームサイズ。

オージーには、安いねーって言われたけど、
月10万円も払えば杉並だってワンルーム借りれるわ、
ニセコだったら、4ベッドルームだって。

最初に気に入ったのはグレッグ。
私は二人だとちょっと狭いかなあ、と思ったんだけど。



サーフィン出来る海まで歩いて200m、部屋まで潮騒の音が聞こえてきます


本宅の離れなので、静か。

実は裏に大きな倉庫があって、そこに荷物も置いていいということで
サーフボードや、釣り道具、私の絵の道具、グレッグの仕事道具なんかはそちらに。

私が、子どもの頃、
「愛している人と結婚して、裸電球の4畳間に住むことができるか?」
っていう究極クイズが女の子の間で流行った。

その時に、私は、
時々海外旅行したり、好きな仕事で充実していたら出来るって思ったけど、


今しているし。














コフスに家を買う 1 

2017年04月15日(土) 7時47分
3ヶ月の日本トリップから戻り、
いよいよ新天地に引越し!


その前に、4ヶ月前(去年の11月)に何が起こったか、
を書かなくてはいけない。

私たちは、ゴールドコースト(GC)に小さな小さなお家を持っていて
それを貸して、その賃貸料で家のローンを払っていました。

いよいよ、新しい生活をコフスハーバーで始めるにあたって、
まず15年以上お付き合いのあるセントジョージ銀行に相談に。

担当者ジェフ
『今まで、ローンの遅れもないですし、今の家を担保に新しい4000万円までの
家を買うこともできます。もちろん、ローンの支払いと、税金は2軒分になりますが』


2軒分のローンと税金は、私達には無理なので、
GCの家を売って新しい家を買うことに。
見つけたお家がこちら。


こちらは、もう借り手がいるので家賃が週400ドルはいってくる。
私たちのローンは、300ドルだから、毎週100ドルの収入


しかし新しい家は売ったお家より6000ドル(約500万円)高くて、
セントジョージバンクにローンの追加をお願いに行ったら

ジェフ
『誠に残念ながら、ローンはおりませんでした。』


断れた。

その上、 系列バンクに私たちの収入とかネットでオープンになって
他のローン会社からも借りれなかった。

私たちの収入を見て、 銀行マンは怖気ついたんだね

その上、今までのローンも取り消されてしまったよ。

15年以上、 借金もなく、支払いも遅れたこともなくセントジョージでやってきた
努力の甲斐なし。

グレッグがいかにセントジョージに怒ったか想像できる?

ブチ切れてた

さよなら セントジョージ

ということで、新しい家の手付金10万円を無駄にし、

ローンも、仕事もなくなり、

本当に1からの出発。

まずは日本で気分転換

ニセコでスノーボードすることに






年をとると時間が経つのが早い?  

2016年11月29日(火) 18時32分
めちゃめちゃ久しぶりに更新。

もうすぐ12月ですね。

今年1年早かったですか?

『年をとるほど時間の経過が早くなる、気がする』
と言われますが


みんなが言うから、本当にそうなのか、
とは思いません。


まず、オーストラリアと日本を比べると、

日本は四季の移り変わりがあるので、
1年が早く感じます。


オーストラリアのゴールドコーストは、1年中結構暖かくて、
同じ花が2ヶ月とか、3ヶ月とか咲いているので、
11月になって、ようやく1年というサイクルが終わりそうだと気づきます。

つまり、オーストラリアにいると時間が経つのが遅く感じます。


そして、私たちには子供がいないので
子供の成長によって、自分が歳をとったなと思うことはありません。

もちろん、周りの親戚や友人の子供は着々と成長していますが、

たまに会うくらいなので、昔のイメージを今のイメージに更新することが
必要になりますが、

10歳の子供はこのくらいの大きさ、
17歳の女の子はこんな感じ、という自分の感覚とマッチさせるくらいで

子供の成長が早い=自分の時間の経つのが早い
とはならないのです。



その上、週4日間しか仕事をしていないので、
忙しくない。

何かやりたいことがあるのに、出来ないという事は、全くない。


料理、洗い物、洗濯も二人分だけ
その上、グレッグが半分以上やってくれるし。
この二人っていう人数も、時間をゆっくりさせてくれる。

ほら、親戚とかたくさん集まってお喋りしたり、料理したりしていると
時間ってあっという間に過ぎていくでしょう?
楽しいけど。。


田舎に住んでいるので
通勤時間は、往復15分から30分。渋滞は全くない
東京にいた時は、往復2時間が通勤にかかり、
週末は渋滞にはまっていました。

今はその時間でサーフィンやテニスができます。



なので、私の場合、
年をとってきたから時間が早く感じる、という事はありません。


子供の頃の方がよっぽど時間が経つのが早かったかも。

テスト勉強とか。
もう、期末テストかよ〜みたいな。

プレッシャーもまた時間を早くしますね


どなたか、私と同様に
別に時間って誰でも同じでしょう、
って人いませんか?












床屋のしつけ 

2016年09月05日(月) 14時34分
私は週末にショッピングセンターのバーバーで働いている。

オーナーは、ニックネームがクリンクル(髪の毛クルクルという意味)と言う
親父ギャグを連発するラグビー好きのおっさん65歳です。

そのボスから孫が産まれ今日は飲んだくれるから、
明日の仕事には行けないと言う伝言

ボスは、セミリタイヤ。
これからは旅行したり

3人の孫の面倒を見たりして
ゆっくりしたいらしい


そこに次期社長という30代のサーファー息子と、

クリンクルの友人スクラフ、60歳(髪の毛ボサボサという意味)と私の4人。

スクラフはシドニーで自分のバーバーを売却して
これからはビーチの側に住んで毎日サーフィンする生活をしたいので
あまり働きたくない、と初日から言っていた。


『忙しすぎると、何のために生きているのか、わからなくなって仕事をするのが嫌になるからね。』



サーファー息子は、11月にガールフレンドに初めての赤ちゃんが産まれるので、
4週間休みが欲しいということだ。

その後は、週4日働いてあとは家の事や子育てをしたい、という。

グレッグも
「仕事なんか週4日が一番いい。家の事も出来るし」と同意!

ちなみに、
「赤ちゃん産まれるけどガールフレンドとは婚約しないの?」って聞いたら

ガールフレンドに
『婚約指輪と、バスルーム新築(DIY)とどちらがいいか』、って聞いたら
『バスルームが先って言うからさ』と答えてくれた。


最近、このショッピングセンターでかくなって、お客さんも増えて来たので
土曜日、私一人だと手が足りないので応援を頼む!

とボスに言ってみたが、

誰も土曜日の午後には働きたくないらしい

日曜日も!



次期社長のサーファー息子に言ったみたら、

『お客さんには、週末は、混んでいるから
平日に来てくださいって言えばいんだよ。

うちはバーバーなんだから、
お客さんをしつけていくんだよ。

美容院じゃないんだから。』


休みもちゃんと早めに言わないと(みんな先に休み取っちゃうから)
取れなくなるよ、とも言われた 












P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oceanmusic
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:国外
読者になる
プロとして世界中でスノーボードしていた20代。30代でビーチの側に住みたいとオーストラリアに移住。40にして惑わずのこの頃。ますます野生児に、地球人に。
趣味は、サーフィン、テニス、キャンプ、水泳、映画、釣り、料理、絵、スノーボードです。
最新コメント
アイコン画像oceanmusic
» 寒がりな暑い国の人たち (2016年03月13日)
アイコン画像yuko
» 寒がりな暑い国の人たち (2016年03月06日)
アイコン画像oceanmusic
» 年を取るのが怖い (2016年03月04日)
アイコン画像yuko
» 年を取るのが怖い (2016年03月03日)
アイコン画像OM>Yukoさん
» なぜオーストラリアに行くのか? (2014年08月18日)
アイコン画像yuko
» なぜオーストラリアに行くのか? (2014年08月16日)
アイコン画像OM>Yukoさん
» 心理テストの結果 (2014年08月04日)
アイコン画像yuko
» 心理テストの結果 (2014年07月23日)
アイコン画像TUUHUU_METABOさんへ
» 肉離れからテニス復帰 (2014年07月05日)
アイコン画像TUUHUU_METABO
» 肉離れからテニス復帰 (2014年07月05日)
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30