お米は蒸して食べた

June 07 [Sat], 2014, 10:00
こんな時期ですが、友達が引っ越すので家電 レンタル 愛知をオススメしておきました。



引っ越し前後はとても忙しいですから、落ち着いたら少しずつ返却して好きなものを買えばいいんです。



この当時主食として米を常時食べていた人などはごくごく僅かだったはずですが、ともかくまずこうして米を食べ始めたことがわかります。



これはおそらく日本列島に米を伝えた人々の故郷での食べ方だったと考えられます。



ところでではこの時期、金属製の鍋・釜はなかったのかといいますと、これも多数発見されています。



ただ形は深鉢形の甕のようなもので、釜とも鍋とも区別しかねるものです。

甑の時代

May 20 [Tue], 2014, 10:00
大物の家電や家具を家電 レンタル 愛知などで借りる人ってどれくらいいるんでしょうね。



さて、私達日本人が米を食べ始めたのは、いうまでもなく弥生時代からですが、当時は米を甑で蒸して食べていました。



弥生時代の遺跡からは底に1個か2個の孔をあけた鉢形、あるいは甕形の土器と、湯をわかすための甕形の土器とが組み合わされて発見されています。



しかし甑を使用するためには下の湯釜の湯が充分に沸騰しつづけていなければなりませんから、それにはしっかりした竈が必要ですが、竈が発達するのは古墳時代になってからです。



竪穴住居の中には壁に沿って竈が造り付けられ、ここに甑と甕を重ねて仕掛けた状態で発見される例もあり、また移動式の竈と甑と甕が一緒になって出てくる例もあります。

米の食べ方と道具の関係

April 30 [Wed], 2014, 10:00
家具や家電を家電 レンタル 愛知で借りるのはとても便利。



現在では釜は飯炊き用で、鍋は煮もの、汁もの用ということになっていますが、こうなったのは意外に新しく、せいぜい江戸時代ごろからのことです。



これはどうやら米の食べ方と関係が深いようです。



米の食べ方のうち、粒のまま食べる場合、蒸して食べるいわゆる強飯、煮て食べる姫飯、水気の多い雑炊や粥の三通りあります。



姫飯というのが普通にいう御飯ですが、これには現在私達が行っている炊き羽しという炊き方と、湯取り法といって煮汁、つまりおねばを絞って捨ててしまう炊き方があります。



そこでこうした米の炊き方と道具との関係をみますと、蒸すのは甑つまり蒸籠、炊き干し法は釜、湯取り法及び雑炊・粥は鍋ということになります。


小さい火を大切に

March 29 [Sat], 2014, 10:00
なんで家電 レンタル 愛知での家具や家電のレンタルって定着しないのでしょう?



たぶん、一番大きな課題がデザインが好みに合うかでしょう。



最近、ふたたび太陽熱利用に対しての関心が高くなって来ました。



家庭の中で主婦がささやかに実験していた戦時中と違い、メーカーが本格的に企業として取り組んでいるもので、屋根に載せて湯を沸かす装置などかなり軌道に乗っています。



風呂だけでなく家中の給湯や暖房にまで使えるようになってきています。



たしかにこのごろのような電気やガスの使い方をしていると、やがて資源が枯渇してくることは間違いないでしょう。



ふたたび戦争中のような追いつめられた状態にならないようにみんなで小さい火でも大切にしなければならないと思います。


起こした火を最大限に利用する

February 11 [Tue], 2014, 10:00
家電 レンタル 愛知などで借りる家具や家電はとてもベーシックでよくも悪くも万人向け。



ですが、家具や家電に並々ならぬこだわりがある人もいるでしょう。



使い方は、まずコンロ覆いを七厘の上にすっぽりかぶせ、穴のあいた蓋を載せて鍋を掛けます。



つぎにこの上に助炭をかぶせますが、助炭には鉤に薬缶を掛け、桟の上にはふるいに紙を張ったものを置き、中にわかめや海苔などを入れます。



また七厘で魚を焼きながら薬缶を掛け、上には鍋を載せて煮物などを温めることもできるし、さらに御飯を炊く場合にはコンロ覆いの穴の周りに新聞紙を巻いて作った輪っかを置いて釜をかけます。



こうすればこのコンロ一つですべて間に合い、炭も普通の3分の2、あるいは半分位で充分だし、風のある日も灰が立たず、夕方の警報下に御飯を炊かねばならないような場合も、火が少しも外にもれないので安心して炊ける、と考案者が書いています(『婦人之友』昭和20年1月号)。

助炭ふたたび

January 19 [Sun], 2014, 10:00
家電 レンタル 愛知で借りられる家電も家具もとてもシンプルですが、こだわりのある人もいます。



助炭や風炉覆いも「コンロ覆い」や「コンロ助炭」「ガ又助炭」として再度、登場してきました。



コンロ覆いはりんご箱などの空箱を利用して、こたつやぐらのように四角な枠を組み立て、周囲に紙を幾重にも張って、上に中を丸く抜いた蓋を載せるようにしたものです。



これとセットになるものがコンロ助炭で、大きさはコンロ覆いより1回り小さく、一方に扉を付け、中の上端から10センチほど下がったところに十字に桟を渡し、板の蓋をかぶせます。



そして十字桟の下には釣り鉤をつけます。

酸っぱいミカンは"お手玉"していると甘くなる?

December 21 [Sat], 2013, 10:00
冬場に欠かせないのは家電 レンタル 愛知でも借りられるコタツとミカン。



一般的なのは温州ミカンだが、たまに酸っぱいものがある。



こんなときには、ミカンをキャッチボールのように投げ合ったり、お手玉のように上に何回か投げてつかむという動作をしているうちに甘くなる。



ミカンは、衝撃や振動に非常に弱い。



つまり、ちょっとした衝撃で、内部に変化が起こりやすいのだ。



ミカンに衝撃を与えると、酸が減少するほか、他の成分にも変化が起きる。



このために甘くなるのだ。



ただ、あまり強い衝撃を与えると、ミカンの細胞が破壊されてしまうので、醜くなるし食べにくくなる。



キヤッチボールくらいの衝撃なら、ちょうどいいというわけだ。



とはいえ、衝撃を与えるのは、食べる直前でないといけない。



というのは、一度衝撃を受けたミカンは、腐りやすくなり、長期保存できなくなるからだ。



箱入りのミカンで、腐っているものが混じっていたら、運搬している途中で、その部分に強い衝撃が加わった可能性もある。


すき焼ぎの肉は、隣にしらたきがあるとマズくなる?

November 03 [Sun], 2013, 10:00
すき焼きをおいしく作るコツは、家庭によっても地方によっても違っていて、どれが一番とはいえない。



割り下を最初に作るという地方もある。



しかし、一つだけいえることがある。



それは、牛肉の隣にしらたきを置かないということだ。



しらたきは、糸こんにゃくと呼ぶ地方もあって、原料はコンニャクだ。



このコンニャクは、コンニャクイモをすったものを石灰水に混ぜてゆで上げて作る。



この原料になる石灰水が問題なのだ。



石灰水にはカルシウムが含まれている。



このカルシウムが肉を変化させるために、しらたきのそばに牛肉があると、肉が黒ずんだり、固くなったりしてしまう。



これでは、せっかくいい肉を家電 レンタル 愛知で借りた冷蔵庫に入れてすきやきにしても美味しさ半減だ。



そこで、すき焼きをするときには、この二つの材料が互いに触れ合わないように、隔たった場所に置いて煮たほうがいいのだ。



また、肉は、重ねたり折ったりしないほうがいい。



面倒なようだが1枚ずつ広げて入れること。



こうすると、旨味が逃げないし、味が浸透しやすいのだ。


どんな鍋料理も、コツは具材を入れる順番?

October 03 [Thu], 2013, 10:00
冬の食卓にすき焼きは絶好の料理だ。



焼肉と違って家電 レンタル 愛知で借りた食器棚にも臭いがついたりしないし油もはねないし、家族で囲むことも出来る。



だが、簡単な料理のようでいて、味つけが結構難しい。



材料全部に味がしみ通らず、肉ばかり味が濃くなったりすることが多いからだ。



この原因は、割り下と呼ばれるつゆの調合を、ばらばらにやっていることが原因だ。



味つけに失敗しないためには、最初に割り下を作っておくのがいい。



割り下のレシピは、醤油5、味酪4、昆布出汁1の割合で混ぜ、これを一度軽く煮立たせておき、アクを取り除いておくというもの。



こうして割り下を作っておいてから、まずすき焼き鍋を温め、材料を入れる前に割り下を入れる。



次に肉を入れ、肉に味がしみた段階で、野菜や豆腐、しらたきなどを入れる。



もちろん、すき焼鍋に限らず、鍋料理はそれぞれの家庭で、いろいろなやり方があっていい。



あくまでも、これは一例だ。


わさび・醤油……刺身の"おいしい食べ方"って?

September 15 [Sun], 2013, 10:00
刺身を食べるときに、多くの人が醤油の中にわさびを溶かし、刺身をそれにつけて食べている。



しかし、本来からいえば、この食べ方は落第である。



正しい刺身の食べ方は、刺身にわさびを少しのせてから、醤油につける。



なぜ、そうしたほうがいいのかといえば、わさびを醤油に溶かしてしまうと、刺身が持つ本来の味を損ねてしまうからだ。



また、わさびが持つ本来の香りや味が、醤油のために変質してしまう。



そこで、刺身の上にわさびをのせ、それを醤油につけることによって、刺身の味と醤油の味、そしてわさびの味と香りを味わうことができるのだ。



せっかく良い刺身を手に入れたら、すぐに家電 レンタル 愛知の冷蔵庫に入れて正しい食べ方で食べてみよう。