妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へ

February 16 [Thu], 2017, 21:52
妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、普段のご飯で得られる葉酸に注意するようにして下さい。


具体的には、普段のご飯に加えて葉酸を補給することを厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。なんとなくと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。



サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。



ですから無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を忘れないようにしてください。実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取をもとめています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。
そのため、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こすリスクが高くなるという話があります。受胎時から始まる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普段のご飯にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお奨めです。親友の話なのですが、妊活していた頃の話だっ立と思いますが、漢方を服用していました。
その子によると、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいた沿うです。
妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安心できますね。
漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを授かりました。ずっと頑張っていたので、本当に良かっ立と、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。



葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。

一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期の妊婦には葉酸が無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、沿うではないのです。葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大切な期間というわけです。なのでこの期間での摂取を、特に心掛ける必要があるというわけです。



クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。不安に思いはじめたのは結婚から2年目くらいですね。
基礎体温でタイミングを見計らっても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親戚におこちゃまができたことを聴かされたりすると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。

クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤の服用をはじめると、沿う時間をおかず妊娠することができました。

病院に根拠のない抵抗感を持っていたのはミスでした。



もっと早く来たかったですね。むかし流産しています。


その時は自分を責めて苦しかったのですが、しばらく経ってから、また妊娠について前むきに考えられるようになり、妊娠を考えて行動するようになりました。

サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を創るために、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動で体の調子を整えることにしました。運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低体温が改善し、基礎体温が上がったので冷え性を治すことが出来ました。

自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活をがんばろうと思いました。


妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。



それというのも、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。



この話は当然、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。

そのため、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中から葉酸を摂るように心掛けることをお奨めします。
二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。


本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をとねがっていたのですが、話を切り出しづらくて、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。
一回3500円?4000円という値頃感でつづけましたが、即、妊娠できるというわけでもなく、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、相乗効果なのか、服用後2か月には下の子ができました。



費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液を造る力を強めるというはたらきがあります。


さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、とくに着床困難を解消するため、妊娠しやすい状態を創り出すので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。

そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能そのものが底上げされ、不妊治療に役立つのです。葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。

葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が少なくないですよね。
実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理のために加熱することで葉酸が溶け出てしまっていることもあります。

結果的に、摂取量が十分に摂取できていないかも知れませんから、注意して下さいね。皆様は普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。

妊活中の方をサポートし、健康維持と栄養補給を目的としたサプリは、多様なものが売られています。どのようなものがお奨めかと言うと、葉酸が配合されたものが、一番のお奨めです。葉酸の成分には、貧血を防ぎ、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、それと、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。ですから、夫婦共に是非摂取していただきたいサプリだといえるでしょうね。妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、それかつての妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、忙しさから継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも良くあると思います。このような場合、使ってみると良いのがサプリです。普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、普段のご飯では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も心配の必要が無くなります。妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかも知れません。
体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、栄養不良に代謝不良が重なって、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することが知られています。

冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。

血行不順を緩和して自律神経のはたらきを促し、ツボ刺激による癒し効果もあります。


冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?母おこちゃまに健康な体でいるためにも、例えばサプリメントなどを活用しながら十分に葉酸を摂取するように心がけてください。厚生労働省の推奨では一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。

野菜だけで十分に摂取できるかというと、あまり現実的ではありません。
ですからサプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。

実際に妊娠してから葉酸を積極的に摂取しはじめた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。


ここで疑問なのは「いつまで摂取をつづけるべきなのか」という事ですよね。

胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも大丈夫です。しかし、葉酸が担うはたらきは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといったはたらきをしています。

ですから出産後持つづけて葉酸を摂るようにすることで母体の健康を保つサポートをしてくれるというわけですね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルカ
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる