??新潟、星空と海。おにぎりピクニック

September 04 [Thu], 2014, 7:03
とても清々しい気持ち。
とてもとても。
これはもう 自分の中ではなかなか初めての心地よさかもしれない。

早朝の空の色。
澄んだ涼しい風。
満たされたきもち。


太陽がこんなに美しくみえるのも、
朝の新幹線がこんなに嫌だと思わないのも、不思議。


たくさん笑って、たくさん愛した毎日を
少しだけ振り返る。思い出がキレイなままに。
同じ空、同じ音楽とともに。

ーーー

0901 お昼に長野へ。ゆっくり過ごそう。尾瀬はいつでもよい。雨も降ってるし。
たこ焼きパーティーたのしかった。

0902 山行こう!のはずが 海行こう!へ。
わんちゃん、ねこちゃんみてから、新潟へ連れて行ってくれた。
いつぶりかの海は、想像以上に楽しく笑
お腹痛いくらい笑って 学生ぶりに動いた。笑

なんか恥ずかしいとかなかった。ただただ楽しかった。
おいしい海鮮丼食べて 星空グッズ買って
高原で星をみた。
とても綺麗。
見えたり見えなかったりしたけど、
寝っ転がって とやくんと 見れただけですごくしあわせ。
眠いのに、遠いのに、いつも運転ありがとう。

0903 今日もお出かけしよう!
長野市でみつけることに。 自然園へ向かうが通行止め。これも自然のこと。
ぷくぷく亭のおにぎりで、ピクニック。ここでも寝っ転がった。
お花の写真を撮って ただいま。

夜はハンバーグをたらふく食べにでかけ、
テンション高くてゲーセン行ったり、たのしかった。
帰宅すると急なお客様がいらしてるハプニングもあって どきどき。


兎に角毎日が楽しくて仕方なかった。
まだ夏休みが終わっていないような。朝、清々しかったのは 癒されたから。
そしてまた、一段ととやくんを好きになってゆく。

いつも優しくて 笑かしてくれて
未来が楽しみに思えるしあわせに
ただ感謝です。
最初は失うこわさを考えたりしたけれど
近頃は楽しさに埋れて そゆのを考えてなかった。

これからもずっと
素敵な景色を笑いながら一緒に見れたらいいなって思います。
本当にありがとう。


仕事がんばれるわ。
また近々会おうね。ありがとう。

??2014年の夏休み

August 17 [Sun], 2014, 18:46
暑さしのぎ、星をみに軽井沢へゆくの巻


ーー
尾瀬行きは天候と準備の関係で延期。
毎回特別な何かをしようって 決めるけど、ほんとは何もしなくても 会えるだけで嬉しかったりする。
長野新幹線にも 少しずつ慣れてきたなあ なんて思いつつ、今日はお酒片手に乗車。


あっとゆうま。
改札をでたら 少し髪ののびた彼がいた。
いつものように 少し緊張して、
いつものように ?家路に向かう。


少し慣れた景色だけど やっぱりどこか新鮮で
好きな景色。お家前の公園から、明るく光る街の夜景を見降ろして 今回の旅は始まった。




着いた遅い時間にピッタリの
おいしいキュウリとトマト、
ジーマをごちそうになって?
久々に会えた愛おしさに寄り添いながら
2人でゆっくり眠りに着いた。




ーーーー




朝はとやくん特製和食!納豆ごはん。
お茶を十六茶にしてくれてたり、小さなとこにもとやくんの優しさを感じる。
でもまだマヨネーズはない。笑


横になりながらアイス食べて
軽井沢について調べてクレープ食べたいとだだこねる。 そのままお昼寝。


起きたら出発予定時間をこえてる!
それでも ま、いいか てな感じで支度して、ドライブスタート!??
長野の景色を堪能できる道を選んでくれ どんどん進む。
川も山も やっぱり普段みない景色だから とても気持ち良い。






はじめての軽井沢。
時期も時期で、人もちらほら、聞いたことない虫の鳴き声がした。


着いてすぐにキャンドルナイトの看板をみつける。教会での催し物。
さっそくいってみようと、車を停めて バスで移動。
キャンドルが沢山。とても綺麗。沢山写真を撮った。




無計画な私達は、ご飯のことを忘れ まずはご飯やさん探し、
なんとか食にありつけ キャベツにケチャップがかかっていることで
討論しあい、ごちそうさま。


ここから移動し いよいよ星を撮るのです。




少し車を走らせて?
閉鎖された駐車場に入り込む!
なんだか少しいけないことをしてるようでどきどき。
雲に覆われた大きな丸い空と 山。他に人はいなくて、
大きな地球に 自分たちだけしかいなくて、自然しかなかったら...って なんだか妄想したりして。 それだけでも楽しかった。


肝心な空は、雲が大きくて 星が見えない。




それでも、空を撮った彼の写真はかっこよくて、うきうきした。


ランタンを振り回して 光を繋いで、
ストロボを準備して、
色んな写真を撮ってくれた。


暗い中、彼が沢山あーだこーだやってくれ
私はぽつんって立ってただけで
その中でみるみるかっこいい写真がうまれていった。?
ほんとに、すごいな。


撮られるのは恥ずかしいけど、
彼なら 嬉しい。
だって、
素敵な写真になるってわかるから その1部になれるなんて 嬉しいにきまってる。




初めての経験。思い出。景色。
すごく楽しかった。


このまま朝までいようかと思ったけど、朝の天気が悪そうなのでお家に帰ることにした。
遅くまで 撮影も 運転もしてくれてありがとう。帰宅してまた 2人で眠った。次の日の予定も決めず。




ーーーーーー


穏やかな朝。
お腹が空いて、ハンバーグが食べたくて外食。外食って独特な気まずさみたいなのあるけど、彼とはないことに気づく。


彼の お食事の仕方がスキ。
丁寧で お行儀がよくて 残さず食べる。
一緒に食べててごはんがおいしい。




クレープ食べたくて 善光寺に行くことに。
彼の知り合いがいる場所に、一緒に歩けることに嬉し恥ずかしく思いながら
少し誇らしかったです。





街中に彼の撮った写真が沢山あって、
すごいなあって思う。
嬉しくも思う。




公園でクレープのおいしい法則を延々と話し、動物園にも行った。
リスが彼の足に手をついた瞬間が可愛すぎてたまらなかった。
やっぱり彼は、子供にも動物にも好かれる不思議な人。




帰宅しよう。
彼の家の前の公園を少し歩く。
カエル見つけた写真を撮って、
彼が魔法をかけはじめて、 お腹がよじれるくらい笑った。明るい太陽の光を隣に、本気でしあわせだと思った。


落ち着く彼の部屋。
横になったら眠っていて、その間にご飯を作ってくれた。またさらにしあわせを感じる。


今日もごはんがおいしい。
おうちにあるもので 作ってくれたごはん。
優しい奥さんがいる旦那さんってこんな気持ちなんだと思った。




こないだ 家の近くにホタルを見に行った時に、星が見えたのが忘れられず
また散歩をしていたら 星が見えるんじゃないかって、そう思って、少し玄関の外にでて空をみてみて 食後は散歩をしようって声かけた。




ひとつ返事で いいよ、


戸隠行って、そうだなあー、、
と彼。 え?戸隠まで行ってくれるの? 車?
嬉しかった。またお出掛け。




月がよく見え明るい空。
鏡池のほうに行ってみよう!ってなって、どんどん道を進む。キツネもタヌキもいた。
2度目の戸隠。うきうきした。
雲行きがあやしい。






真っ暗な鏡池に着いた。
なぜだか最初怖かった。自然な音しかしない。


星は見えなかった。




それでもカメラを向けると かっこいい写真が撮れていて、しばらく池の前に座った。
肌寒い。真夏なのに カーディガンをかけてくれ 手を温めあった。




遠くの空をみても、雲が覆ってるから星は無理だと思っていたら
雲にひとつ小さな穴があいて、それがどんどん四角く広がっていく。雲はどこへ行ったのか 気付けば見上げる一面雲がはけていた。




見える星の数も次第に増えていく。
視界からはみ出る夜空の大きさ。
明るく光る 星。
鮮明に流れる星も3回見れた。




反対の空には 大きな月も見えた。
月が明るい。
自然の中で交わしたキスは忘れません。








東京へ帰ってからの、彼が撮った写真に時間と手間をかけてくれ、更に素敵な写真に仕上げて 送ってくれるのが、
?毎回素敵なプレゼントをもらっているようで?
とても嬉しく思います。
思い出とともに こうして目に見える形として残る事が たまらなくしあわせです。
そんな写真を撮るお仕事はほんとに素敵なことだと思います。




一緒にいる時間が多くなればなるほど好きになっていきます。
今まで見たことのない景色を見させてくれて、連れて行ってくれて、感じさせてくれて?
本当にありがとう。


これまでで1番素敵な夏を過ごせたよ。
あなたと過ごすこれから全ての季節、
私に沢山刻まれていくことが 楽しみで仕方ありません。




沢山の愛情と優しさに包まれて
いつもありがとう。
これからもそばにいさせてください。



■東京!ポケモンの日!

July 24 [Thu], 2014, 0:21
【2014/07/24(木)】


08:02 とうや
"まゆくん、3日間ありがと。やっぱりこの3日間も楽しく過ごせました。

まゆくんに倣ってこの数日を振り返ろうと思います。


21日.
仕事が終わって猛スピードで東京に向かった。初めて会いに行く時みたいに緊張していた。
まゆくんが駅で待っていてくれた。
まゆくんを見つけた瞬間、心臓がドクンとして緊張が跳ね上がった。
なんでだろう、話かけられずになぜかLINEを送った。隣に居るのに。



まゆくんが作ってくれる料理はやっぱり美味しい。
特に味噌汁、すごい優しい味がして塩加減とかベストなんです。もちろん茶碗蒸しも美味しかった!永遠に食べ続けられる気がした。


夜、正直本当にソファで寝ようと思ってた。
でも、まゆくんの手を感じたらまゆくんの冷たいけど、温かく感じる肌が恋しくなってやっぱり一緒に眠りたいと思った。
一緒に眠った。心底幸せを感じながら。


22日.
丸一日デートした。疲れたけどすごく楽しかったよ。
ポケモンの映画みて、ポケモンセンターに行って、電車の中で声が大きいつって怒られて、
ネイティブな発音をシカトされて、XY展にいって、日比谷公園に行って、デート!って感じのデートだった。
なのになんでだろう。すごく特別感を味わった。
丸一日出掛けて、話してるのにずっと話していられるこの関係が我ながら素敵だな。ってそう思います。




夜は幸せすぎて泣きそうになった。
自分がこんな幸せでいいのかな?って。
それと今のこの幸せを感じる一方で、この幸せが終わってしまったらという変な想像をしてしまって、感情がゴチャゴチャした。まゆくんが優しく包んでくれて余計泣きそうになったよ。(泣いてはいない)




23日.
前日とは一変して一日中部屋に籠って食べては寝て、キスをして、抱き合って、を繰り返した。
それでもやっぱり楽しいし幸せだった。
まゆくんがいればそれだけで全部楽しくなるんだ。


まゆくんが泣いた。
かけてあげられる言葉が見つからなくて、抱きしめてあげることくらいしかできない。自分の無力さを感じたけれど、いつまででも精一杯包んであげようと思った。裏表逆にパンツを穿いてる事も知らずに。


とても楽しい日々を過ごせました。
まゆくんと会ってる間で楽しくない時がないのが素直にすごいと思うんだ。
毎日毎日こんな素敵な日々を過ごせるのはまゆくんのおかげです。ありがと。本当にまゆくんと出会えて良かったです。


いとしの彼女さんへ。




14:10 omrmym
"長野から東京まできてくれて ありがとう。そして、お疲れ様でした。

毎度別れた後のこの長文がスキで、眠って待ってたら 夢の中でもタッチを片手に待っていたよ。
すごく素敵な文で 何度も読み返してるよ。ありがとう。


このどきどきさも 愛おしさも 楽しさも
ずっとずっと続くといいなと いつも思います。



急に平和島に来て と言ったら来てくれて、
また さっと荷物をもってくれて、
寒くないよう首の隙間までお布団を掛けてくれて、
歯を磨いてくれて、
喉が渇いたと言えばお茶をもってきてくれ、
笑かす為(そうしておこう)に服を裏表逆に着たり、
おいしい とご飯をいっぱい食べてくれたり、
むかつく英語を言ってきたり、
沢山笑かしてくれて、
沢山 抱きしめてくれて、
沢山 キスしてくれて、
髪をなでて 優しく笑ってくれた。


いつも感じるけど 至る所にとうやくんの暖かい優しさが沢山沢山あって、
今までこんなに人に想われたことないなって、
愛情にとっても満たされています。

とうやくんがいる生活と いない生活とでは まるで違って、今そばにいる事が本当に不思議に思うし、
本気で この奇跡に感謝しています。



私も、どこにいても楽しかったし 全てがたのしいデートでした。
日比谷公園では、この場所にとうやくんがいて 噴水にカメラを向けていることに、ほんとに夢をみてるかのようでした。


感情がいっぱいになって、涙を流すのも なんだかすごくわかる気がして、
決して大げさでもなく、
心底あなたを愛したいと思い、絶対あなたを裏切らないと思います。
あなたはパンツを裏に履くけど...






凄く幸せな中 きっと、
居心地良く素になっているからでしょうか、
いつもは思い出さないこと(思い出さないようにしてるのかな)が ふと頭によぎり、でもそこに大きく包んでくれる人がいるから、
こどものようにそれに甘え涙を流せているのだと思います。そばにいてくれるだけで、それだけでいいのです。無力でなんかありません。


今日の夢に兄が出てきて 電話で話してたのね。
いつも通りな話し方で いつも通りだーって思いながら、
きっといつもどこかでみていてくれる気がするし 、何より兄が 今の私の状況に喜んでいてくれていると思います。


2人で最後に会った時に
「目の前にあることを、その時やったほうがいい。俺はそれをしなくて後悔したから」って兄に言われたのが忘れられなくて、

今からでも全然遅くねーだろ とか思いつつ、その想いを大事にして、
とうやくんが今目の前にいるしあわせに どっぷり浸かってもいいんじゃないかなって 思ったりしてます。


これまで こんなに大事に思ってきた人 だもん。
まだまだ始まったばかりだよ!
これからも一緒に 沢山しあわせに浸かろう。


ほんとにありがとう。
クチートもかわいい。
いとしの彼氏さんへ。
まゆしより"

■七夕の願いが叶う夜

July 07 [Mon], 2014, 0:08
【2014/07/08(火)】


10:17 とうや
"まゆくん。
一昨日、昨日、今日とありがとう。
また楽しくて幸せな時間を過ごせました。

サプライズでまゆくんが来てくれて、しかもチーズケーキまで作ってきてくれた時はホント嬉しすぎて涙を抑えられませんでした。(バレなくてよかった…)


お手紙もありがと。大切にとっておくね。
さっきお金を降ろせたので、とりあえずは安心です。
でも、まゆくんの気持ちがとても嬉しい。大切過ぎてこのお金使えないよ。笑
次、そっちにお邪魔した時はどうか僕に奢らせてね。


昔Skypeで話してた時にピクニックに行きたいってまゆくんが言っていたのを思い出しました。
暑いかもしれないけど、次はピクニックに行こう。
東京のどこか緑とか水のある公園で。
お弁当も作っていくよ!味の保証はできないけど。笑

ピクニックに行ったり、美術館に行ったり、
ご飯食べに行ったり、普通に散歩するだけでもいい。もちろんポケモンも観たい!


まゆくんと一緒に行きたい場所がたくさんあるな。
次そっちに行く時はいろんな所に出掛けよう。絶対楽しい時間になると思います。

長々となってしまったけど、本当にありがとう。楽しかったよ。

お仕事がんばってのすけ!




11:12 omrmym
"お互いが同じおやすみで、行ける時間と 状況があるならば、 今 行くしかない!
って思って 長野へ行くことにしました。





黙々と準備をしている中、まさかのとーやくんが 時間を作ってくれていて、
すごい嬉しかったし やっぱし行こうと思ってよかったって思いました。


勿論とーやくんに会いに!だけど、
小出しに馬鹿にしてるようなのは冗談で 長野の空気感とか 涼しさとか景色、
向かう新幹線も、とーやくんのお部屋も車も公園も、どれも好きで 、
感じておきたかったのです。


それに、今回は1日だったから とーやくんとぬくぬくしてる時間だけで愛おしく、とっても楽しかったよ。
これで2週間は会えなくても大丈夫!...なはず。


お財布は残念だったけど、
何かあったときに! と思い 、でも私は何にもできないから お手紙にしました。
あまり高額いれたら それはそれで気を遣わせてしまうな...とか悩み ほんとお昼かタバコ代くらいだけど、全然使ってね。



ピクニック!
言ってたよね。覚えていてくれてありがとう。
お弁当たのしみすぎる!

もし 荷物じゃなければ、とーやくんのカメラも持ってきてもらって 一緒にカメラもってお出かけしよ
写真にして残したいんだ。

行き先や予定はまたこの2週間で決めよね。それも楽しみ!


こちらこそ、ほんとにいつもありがとうね。
そうめんもピザトーストも美味しかったし、ラーメン屋も楽しかったし、
何をしても泣いて喜んでくれて(バレバレ
少しずつ思い出が積み重なっていって純粋に嬉しいです。

疲れているだろうけど 撮影頑張ってね!
夜は時間気にせずにね。

お互いサプライズ好きの似ている いとしのとーやくんへ。

■初!長野へ行く

June 29 [Sun], 2014, 18:00


08:25omrmym
"29日からを振り返ってみようと思います。

初長野駅。
都会。善光寺付近の道が綺麗。
初めてのとーやくんの車。嬉しかった。
一緒にスーパー。まだちょっと緊張してた。


とーやくんのご飯。とても美味しかった。優しい味がした。
秘密にしてたデンリュウを渡せた。
お揃いが増えた。キスをじらしてから たくさんした。



お天気が悪いらしい を言い訳に まるいちにち抱き合った。
スーパーに行った。手をつなぎながら。
一緒にご飯を作った。まんぷくですぐに一緒に寝た。
明日はひとりだなあと思いながら。



ひとりじゃなかった!

とーやくんがおやすみとってくれた。
9時すぎるまで信じなかった。
すごく、すごく嬉しかった。

快晴だった。靴を買うとこからドライブデートのはじまり。
また、言わなくてもアイスを買って ほいってお金も返すあたりに 心打たれた。
あなたの優しさは嘘偽りないと感じた。




戸隠に向かう。
池も緑もキレイ。とーやくんが写真を撮ってくれる。
余計な音が何もなかった。




おいしい蕎麦。散歩。落ちてくる毛虫。川。まゆし池。最高に癒された。


少し悲しくなった。嬉しくもなった。絶対あなたを失いたくないとゆう涙でもあった。
また、抱いてくれた。そして眠った。



遅い時間なのに、ご飯を作ってくれた。そして外出してくれた。
初めてのホタル。美しい。星も見えた。ホタルに囲まれとーやくんの姿が忘れられません。写真も嬉しかった。

線香花火。いい動画を2人で撮った。こんな夏、初めてだった。




たくさんのピロートーク。
お互いが好きな気持ち。
お腹痛いくらい笑ったこと。

全てがものすごく楽しかった。


楽しかったのすけ。


一緒に居たすぎて 新幹線を遅らせ抱き合ったこと。
離れる前に、身体的な快楽よりも、繋がってとーやくんを感じ、満たされたかった。
満たされた。しあわせだった。



素敵な思い出が沢山できました。素敵なお部屋でした。十分くつろげました。
お互い、もうひとつ居場所ができたような そんな気持ちで これから行き来できたら嬉しいな。


本当に本当にありがとう。"


わいのいとしの彼氏さんへ




08:55 とうや
"まゆくん、この3日間にありがとう。

まゆくんと過ごせた時間は本当に幸せで、
この幸せな気持ちを伝えたかったのだけれど、
どんなに言葉にしても どんなにキスしても
どんなに抱き合っても、この気持ちを全部伝えきることが出来なかったように思えるよ。


それは多分、毎日毎日まゆくんを想ってるから。まゆくんが愛情をくれるから。
幸せを吐き出してもそれ以上の幸せをもらえるからなんだよ。ありがと。

今まではまゆくんに恋していたけれど、
今はまゆくんを愛しているんだな。ってふと、そう思いました。(それでもやっぱりまゆくんに恋してたいのすけ)



ニャオニクス、デンリュウ、ポケモンバック、ストラップにDSペン。
本当に嬉したかった。デンリュウ出された時はまゆくんの優しさにもうブワッってなったよブワッって。



素敵な文もありがと。まゆくん。好きだし、愛してます。

スーパーいとしの彼女さんへ
P R
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30