レナ(れな)がひよっち

December 31 [Thu], 2015, 3:36
友達と話していたら、サプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。友達はベルタから出ているサプリが良いんじゃないかと考えているようでした。葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いとテレビで見たことがありましたから、その友達に教えてあげました。友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われてほしいと思うし、オナカの赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)がすくすく育って、無事に生まれるといいなと思います。妊婦に色々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。副作用として体にあらわれる症状としては、吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体が向くんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。妊娠初期の神経質な時期には過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので気を付けてちょうだい。葉酸は、ご飯で摂ることが出来れば一番ですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか誰でも管理できるので、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には最適な方法だと言えますね。葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、納豆(ビタミンKやタンパク質、食物繊維などが含まれている上に、O157や病原性大腸菌、サルモネラ菌に対する抗菌作用もあるそうです)や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。とはいえ、毎日のご飯でこれらを欠かさず摂取するのが困難な方も多いと思います。普段の生活や体調によりは無理をせずに、是非、サプリメントを利用してみてちょうだい。サプリには、葉酸をはじめ女性に不足しがちな成分を含んだものもありますから、ご飯では摂りきれない栄養素を手軽に摂取できます。みなさんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大なはたらきをもたらす葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は最も大事な成分ですが、仮に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。葉酸のはたらきとは、細胞分裂を促すものです。胎児に葉酸が不足した場合、先天異常を発症する可能性があるという研究結果が報告されました。それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてちょうだい。一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。体温(脇、口、耳などで測ることができます。測る箇所や体温計の方式によって所要時間が変わってくるでしょう)低下で血行不順になると栄養素が体のすみずみに至らなくなり、排卵障害が起きたり、子宮機能が低下して妊娠しづらくなるはずです。冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。血流のわだかまりを解消し、代謝機能を底上げするだけでなく、体全体をリラックスさせる効果があります。冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)を改善して赤ちゃん(最近では、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚することを「できちゃった婚」ではなく、「授かり婚」と表現することも多いようです)のために体の中を温かくつくり変えましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Daichi
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oboocludsyrsbe/index1_0.rdf