暗記術というものはライバルに差を付ける方法

January 06 [Sun], 2013, 18:08
記憶術は古代ヨーロッパで発明され、その後、改良されて今でも応用されています。
暗記術というものは習得できていると就職において非常に重宝します。
物語法とは物語を作ってそのストーリーに記憶する事柄配置する暗記のテクニックなんです。
海馬への記憶ホルダーができます。

何らかのことを記憶するのに記憶する時間が短時間になるようになります。
ライバルに差を付ける方法なんです。
記憶の技術の利点にはいろいろな所があると思います。
この役に立つ記憶の技術は40以上の種類があって、たとえば、作り出されるペグは数字に基づいているため順序が自動的に決まるので、あらかじめ必要なペグを用意しなければならないペグ法の欠点が克服されているといった記憶術というのがあるんですね。

記憶の技術とは、ものすごい量の暗記物を憶えてしまう方法なんですね。
記憶術には、五十音に置換して記憶する方法もあります。
分かりやすいなやり方であっても応用も効いて科学の成分を記憶したりすることのできる便利な記憶術もあります。

勉強に役立つ話題の記憶術に関する参考のHP「就職にバッチリ必要な評判の記憶術」は非常に勉強になりましたので紹介します。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oboeankix
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oboeankix/index1_0.rdf