レッドソードテールだけどジャーマン・ピンシャー

February 27 [Sat], 2016, 18:36
全国での看護師年収は平均して437万円くらいです。ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均593万円ほどになるのです。公務員看護師は給料UP率も民間の病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合ですと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健指導をしたり、うつ病防止のメンタルケアも行います。産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワークなどで見つけるのは無理かもしれません。興味を持たれた方は看護師専用転職サイトを利用してください。そういうサイトなら、産業看護師の募集も数多く載っています。高校に進むときに衛生看護科で勉強を始めると、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、最速で看護師になれるでしょう。ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更は困難です。また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、期間が短いので勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格が難しいという欠点もあるでしょう。修学旅行やツアーなどに共に行き、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。子供のいる既婚者は土日が休みだったり、夜勤がない職場を希望しています。病院ではないところで働くのであれば、そこに適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。看護師の当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。国の指針により月に8回までと定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。働いている病院の勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつだと思われます。看護士を目指す理由は実際に、どのようなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを交えれば良い印象になります。転職の理由はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。これまでの職場に対するマイナスのことは口にしないことが大事です。看護師となるための国家試験は、1年に1度行われます。看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を持ち続けています。看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格できる国家試験です。看護士だと、求人はたくさんありますが、希望通りの条件の求人がある訳ではありません。看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと思う方が多いです。求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要です。看護師の働き先といえば、病院と想像するのが一般的でしょう。しかし、看護師の資格を使える職場は、病院の他にも色々とあります。保健所で保健師の方と連携して、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の職務です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為の大半を看護師がやります。看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べてかなり特殊であり、その上に職場によっても違ってきます。一般に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれていることが多いです。2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シオリ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/obnkaadamjrw3e/index1_0.rdf