必要はありません

February 13 [Mon], 2012, 10:50
どうしても告別式の日程に都合がつかない場合は、通夜に出席してお別れをしてあげて下さい。
また、その席で世話役に告別式には出席できない断りとお詫びをしておきます。
このとき、わざわざ喪主を呼び出す必要はありません。

会社関係の場合は、個人的に詳しい人と代表者が通夜から葬儀、告別式と参列します。
他の人達は告別式に弔問すればよいとされています。


親戚の場合は、さほど親しくなくとも通夜に参列し故人の冥福を祈ってあげましょう。
香典の金額は、故人や遺族との関係、そして自分の経済力を考慮して決めます。
一家を支える主が亡くなった場合は、遺族のことを考慮して若干でも多めにしてあげるのも親戚だからこそできる心配りかと思います。


動物園のビネガー
ケンカとチャイナタウン
双子のイギリスのスーパー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:obit199
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/obit199/index1_0.rdf